44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2019-12-10 令和元年第3回定例会(第2号12月10日)

企画部長清藤憲衛) 未来担い手地域づくり推進委員会メンバーでございますが、委員構成団体は、弘前市のほか国立大学法人弘前大学弘前商工会議所弘前観光コンベンション協会弘前物産協会弘前青年会議、青森中南地域県民局の7機関組織しております。当市の鎌田副市長会長で、弘前商工会議所会頭が副会長、そして各機関から推薦があった代表者構成員となってございます。  以上でございます。

青森市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-04

こうした風を私ども青森県に初めて導入するということで、青森市、青森商工会議所青森青年会議などで構成する青森リノベーションまちづくり推進協議会を本年5月設立し、本市が事務局となって、主体的に事業実施、推進していくこととしたものであります。  本市では、当協議会実施計画に基づき、リノベーションスクールを開催するとともに、そのプレイベントとして、事前セミナーを2回開催したところであります。

弘前市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第2号 6月18日)

また、組織の名称を弘前デザインウィークコンソーシアムから未来担い手地域づくり推進委員会と変え、組織スリム化を図るため、金融機関及び報道機関の5機関を除き、弘前市、弘前商工会議所弘前観光コンベンション協会弘前物産協会弘前青年会議、弘前大学中南地域県民局の7機関へ変更しております。

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

319 ◯経済部長木村文人君) 青森市の役割ということでございますけれども、当該事業青森市、青森商工会議所青森青年会議などで構成いたします青森リノベーションまちづくり推進協議会実施することとしておりまして、去る5月23日に設立総会が開催され、同協議会で設置が承認されたところでございます。

弘前市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日)

また、近年展示のみとなっておりました津軽剛情張大太鼓が弘前青年会議により6年ぶりに復活運行するなど、新たな運行の担い手も育ってきております。関連イベントにつきましては、まつりのオープニングを飾るイベントとして、7月29日に第33回ちびっ子ねぷたのお通りだいを行いました。当初、市内の7園が参加予定でありましたが、厳しい暑さを考慮して4園が参加を取りやめたことから、3園の参加となりました。

青森市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 2018-03-02

近年、首都圏の市では自治体で、またその他青年会議とかという団体市民討議会という手法を取り入れています。これは1970年、ドイツで考案されたプラーヌンクスツェレと呼ばれるものらしく、無作為抽出で集めてきて討議をするという形です。青年会議とか、そういったところと自治体と共催とか、後援とか、主催という形で、26自治体のうち10自治体でもう開催されているということです。

弘前市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第4号 9月 7日)

また、弘前青年会議主催するちびっこねぷたのお通りだいは、ことしで32回を数え、保育園児を中心として約1,200人の参加があり、幼児期からねぷたに親しむイベントとして定着しているところであります。このほか、弘前ねぷた保存会では「金魚ねぷた作り方講習会」「ねぷた囃子講習会」及び「ねぷた絵描き方講習会」を開催し、次の時代を担う後継者の育成に努めているところであります。  

弘前市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第3号 9月 6日)

いろいろ青年会議でも一緒だった、ただそういうことを抜きにして話しますので、最初にそれしゃべっておきますが、そういう友達だからどうだからというのではなくて、一つ言いたいことは、あそこの建物は観光客弘前に来れば、津軽塗を買う、見るとなればまずあそこに行くのです。るるぶだろうがまっぷるだろうが、ほかのほにゃほにゃだろうが、ガイドマップに載っている津軽塗販売店がなくなった。

十和田市議会 2017-03-08 03月08日-一般質問-03号

かつて十和田市街地の主要な道路をわかりやすくするため、当時の十和田青年会議の大変な努力によって、主要な通りというか、道路に呼称といいますか、愛称を命名し、例えば三本木大通りとか大学通りとかというふうに命名したようであります。正直なところ、市民の皆さんには余り浸透しなかったように思われます。

十和田市議会 2016-12-09 12月09日-一般質問-03号

参加側だけではなく、中日を運営する側である十和田青年会議も年々会員が少なくなっていくと聞いております。民間企業においては、ハローワークへ求人を出しても応募者が来ないといった声もあります。あらゆる業種で人員不足は今後さらに加速するのではないかと私は危惧しております。  こういった労働力を補うためには、女性の活躍推進が必要だと思います。

十和田市議会 2016-12-08 12月08日-一般質問-02号

まず、農協による牛肉まつり、十和田市や各保育園金融機関保険会社納涼会慰労会、よさこいのイベント十和田青年会議主催での秋まつり十和田囃子競演会などの利用があり、また露店業者野宿場所としても使用されているようであります。相撲大会以外でも市内外利用者がおり、イベント会場としても非常に有用な施設であることは間違いありません。

弘前市議会 2016-09-07 平成28年第3回定例会(第3号 9月 7日)

私もいろいろ、青年会議時代でもイベントをやってきましたし、今もちょっとプロレスなんかにもかかわっていますけれども、例えば、プロレスでも150人くらいしか入らなくても発表するときは250人と発表しますよ、これは。いやいや、それはいいのです。そういう新聞に出た数字が逆に世間の評価というか、外に向かって発信していくわけですからそれは否定しないのですが。  

青森市議会 2015-03-09 平成27年第1回定例会(第6号) 本文 2015-03-09

青年会議においては、私が参加したのだけでも、岩手・盛岡であった全国大会、それから国民文化祭岩手、それとか、いろんなのがあります。これもみんな青年会議絡みです。青年会議青年会議に要請をしていた。昨年は青年会議全国大会、奈良で開催されたのにも青年会議大型ねぶたを持っていったと。あとは毎年のように、東北電力のねぶたは能代市に行っております。  

弘前市議会 2014-12-12 平成26年第4回定例会(第5号12月12日)

活動弘前青年会議などによる市民団体弘前日本一投票率の高い街にする会が行う投票率向上への取り組みなど市民レベルでの取り組みも進められておりまして、このことは弘前ならでは市民力のあらわれであると思っております。  私は、この市民力が高いまち弘前というのは、この弘前市の大きなブランド力だと思っております。