55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-04号

東京都の小池知事は、8日、昨日の都議会で2030年までに都内で販売される新車全てをハイブリッド車電気自動車などの電動車に切り替えることを発表しました。菅総理大臣も、2050年までに温室効果ガス温暖化ガスを実質ゼロにする目標達成を後押しするために、脱炭素に向けた研究開発を支援する2兆円の基金を創設することを表明しました。

十和田市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

公用車として配備されるものとして、災害時対応や山間地域パトロール林道管理など、辺地を走行しなければならない業務のためのオフロード用車両も必要と承知していますが、それ以外で市内のみを走行する車両については、小型車の性能安全性も向上しており、経費節減のためにも、公用車利用実態を把握した上で、軽自動車への移行、また地球温暖化防止の観点からも電気自動車エコカーへの切替えを効率的、計画的に配備していくべきではないでしょうか

十和田市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

次に、避難所等電気自動車等を電源として活用することについてでありますが、9月の台風15号で千葉県を中心に起きた大規模停電では、東京電力や経済産業省の要請を受けたトヨタ自動車など大手メーカーが自社や系列販売会社の保有する電気自動車など約140台を老人ホームや家庭に派遣し、復旧前の電源として活用されたそうであります。  

十和田市議会 2019-09-04 09月04日-一般質問-03号

国道並み交通量がある県道沿いにあるため、道の駅は2年目の時点で年間87万人が利用し、当時の県内の道の駅ではベストスリーに入る利用者数となったが、この利用者数はこのままでは長くは続かないと感じていた駅長の斎藤氏は、より道の駅を利用しやすいように、駐車場の拡張、店内の改装、ドッグランの開設、そしてEV、これは電気自動車です、EV充電器設置を町に申請して実現させました。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

今回の改正では、さらに重点化を図ることとされ、その適用対象電気自動車天然ガス自動車に限定することとされたものである。  なお、この改正は、消費税率引き上げに配慮し、令和3年4月1日以後に初回新規登録または最初の新規検査を受けた自家用乗用車から適用することとしており、令和2年度及び令和3年度課税分については、現行の特例措置を延長することとされたところである。  

十和田市議会 2017-12-07 12月07日-一般質問-02号

片方は、車がほとんど通っていないで、電気自動車ですか、ランドカーがゆっくり走っているものですから、全然車を気にしないでのんびりゆっくり歩き、中には歩きながら写真を撮っているという、これがまさに奥入瀬渓流観光のあるべき姿ではないかなと、こう思っておりますので、これも参考にしていただければなと。  

六ヶ所村議会 2016-03-09 平成28年 第1回定例会(第3号) 本文 2016年03月09日

次に、第3表債務負担行為は、公用車賃借平成28年度については期間平成29年度まで、限度額は31万5,000円、電気自動車保守点検業務委託平成28年度)については、期間平成29年度から平成30年度まで、限度額は9万2,000円とするものであります。  以上で説明を終わります。よろしくお願いします。 議長(橋本隆春君) 説明が終了しました。

十和田市議会 2015-09-08 09月08日-一般質問-02号

以上のような状態の中で、十和田市においては小山田市長就任以来、太陽光、バイオマス、小水力発電自然エネルギー活用電気自動車などによりCO2削減方向に取り組んでいるものと理解をしております。そこで、当市での低炭素化と脱原発の方向について、現状を確認するとともに、今後の活用方向十和田市での取り組みについて何点かお伺いいたします。  

六ヶ所村議会 2015-03-10 平成27年 第1回定例会(第2号) 本文 2015年03月10日

それでは、まず1点目のEV車、いわゆる電気自動車充電設備の増設について、村長の見解を伺います。  電気自動車は、有害排出物がなく、環境にやさしく、原子力や自然エネルギー発電との組み合わせによりCO2削減にも有効であると言われております。大気汚染緩和策地球温暖化を抑制しようと、産業界ではさまざまな取り組みがなされております。

青森市議会 2014-09-04 平成26年第3回定例会(第4号) 本文 2014-09-04

そこで、いただいた寄附金でありますが、平成24年度では、学校図書整備電気自動車購入小型除雪機購入水源環境保全林整備など10事業に約1015万7000円を、平成25年度では、防災対策事業ロータリー除雪機購入壮年期健康相談事業認知症高齢者対策事業、小牧野遺跡保存活用事業など23事業に約511万2000円を充当いたしております。

六ヶ所村議会 2014-03-12 平成26年 第1回定例会(第3号) 本文 2014年03月12日

2の変更は、住宅賃借につきましては、契約期間及び契約金額に合わせて変更するもの、電気自動車保守点検業務委託については消費税アップに伴う限度額変更であり、指定管理業務委託については、消費税アップ分管理料見直しによる変更であります。  農業経営基盤強化資金利子助成事業については、実際の借入期間繰上償還等返済実態に合わせて期間限度額変更するものであります。  

青森市議会 2013-12-10 平成25年第4回定例会(第6号) 本文 2013-12-10

その具体的な研究内容でございますが、弘前大学では、今後、同調理場に電動システム工学部門担当担当教員2名と大学院生4名を配置し、1つに、積雪寒冷地向け電気自動車試作性能基礎研究、2つに、自動車キャビン乗車スペースのことでございますが─における空調管理研究、3つに、モーター、発電機試作及び要素材料性能基礎研究を行うとともに、エネルギー材料工学部門担当教員2名と大学院生2名を配置して、1つ

青森市議会 2013-06-25 平成25年第2回定例会[ 資料 ] 2013-06-25

1 「今後、弘前大学北日本エネルギー研究所とどのように連携し、研究成果を還元していくのか示  せ」との質疑に対し、「将来的には、小型バイナリー発電機の高効率化による市内温泉施設の省エ  ネルギー化小型高効率ガス化炉の実現による地元バイオメタンガス安定供給燃料電池ガス  コントロールジェネレーションシステムとして農業や漁業での利用、北国型電気自動車開発による  地元産業の創出などが考えられ

十和田市議会 2013-06-12 06月12日-一般質問-02号

その中で、これまでも市の電気自動車等々を活用しながら、試験的に運行させているところでございます。したがいまして、今後、先ほどもお話しいたしましたが、国、県との話し合いの場において、こういうこと、取り組みを進めてきているのだよと、そういうことも積極的に発言をしながら、何か新たな観光資源に結びつけていかなければならない、そういう思いであります。ご提言ありがとうございました。

弘前市議会 2013-06-07 平成25年第2回定例会(第1号 6月 7日)

その他の補正として、総務費では広聴広報費に、株式会社青森銀行による寄附金での電気自動車整備事業436万9000円、農林水産業費では、農業振興費に今冬の豪雪によるりんご園地などの被害に対応した補正として雪害対策りんご請負防除支援事業費補助金200万円、雪害対策園地再生事業費補助金1780万円、県支出金に対応した補正として生産振興総合対策事業費補助金3億4787万円、樹園地等農道網整備事業費に、国の平成

青森市議会 2013-06-05 平成25年第2回定例会(第2号) 本文 2013-06-05

そしてバイオガスエンジン発電、これについても、エコカーと言われる電気自動車といいますか、そういったもので、メタンガスエンジンで発電する。ところが、メタンガスガス化させるために、メタンガスにさせるための触媒とか、いろんなガス化のための研究が今されているのに、その研究途上の中で実験をしようとしているというのが意味がわからない。  

十和田市議会 2012-12-10 12月10日-一般質問-03号

ことし協定を結んだ定住自立圏では、お隣の七戸町はソーラー発電電気自動車開発普及、小坂町では菜種油やヒマワリの種の油で最終的にはディーゼルエンジンを動かすバイオディーゼル普及で、全国から高い評価を得ております。このようにエネルギーの分野でもそれぞれいろいろな試みをして、お互いの技術や施設を共有し、エネルギーも融通し合うというのも定住自立圏の一つのあり方だと考えます。  

青森市議会 2012-12-07 平成24年第4回定例会(第5号) 本文 2012-12-07

それから、これに関連してメタンガス活用するもの、これはメタンを活用した燃料電池システムですけれども、これを例えば現在の電気自動車ではない普通の自動車エンジンを置きかえてということが考えられています。これも特に大きい自動車会社とかでなくても、地元自動車を扱っている工場であればという想定で進めているものでございます。

十和田市議会 2012-09-25 09月25日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

歳出においては、第2款総務費では電気自動車急速充電器利用状況公用車への電気自動車の導入についてや地上デジタル放送難視聴対策事業について、第3款民生費では子宝育成奨励金の見通しと今後の少子化対策について、町内会への街路灯設置費及び街路灯電気料補助金について及び障害者自立支援対策費について、第4款衛生費では十和田湖水質調査業務水質改善推進協議会についてや予防接種事業状況対象者について、第5款労働費