運営者 Bitlet 姉妹サービス
67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 オスプレイに関しても、防衛は、米軍からの軍用上の理由で、事前通告しないよう要請されていることを認めていますので、7月の三沢基地への飛来が事前通告もなく突然だったのと同じように、闇の中で超低空飛行を行うCV-22オスプレイがいつ、どこに飛来をするのか、どういう訓練を行うのか、八戸市にはもちろん、住民にも全くわからないということになります。   もっと読む
2018-06-12 八戸市議会 平成30年 6月 定例会−06月12日-03号 近年の国政は、財務省の公文書改ざん、疑惑の真相隠し、セクハラ問題、防衛のイラク日報約1万4000ページの隠蔽、厚生労働省の裁量労働制のデータ200カ所を超える捏造など、詭弁で事実を歪曲し、民主主義の破壊どころか、犯罪の巣窟とも思える強権政治がまかり通っています。   もっと読む
2018-03-15 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 まず、防衛交付金についてですけれども、私はこのような書き方をしましたけれども、基地全体の交付金、それから米軍の施設もありますけれども、あわせて当市には幾らぐらいの交付金が入っているのか、また、その使い道についてお聞かせいただきたいと思います。 ◎八木田 建設部次長兼道路建設課長 田端委員にお答え申し上げます。   もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 土地収用法という法律がありますが、現在は、防衛、自衛隊の用地は強制的に収用をすることはできません。もし第9条第3項によって自衛隊が憲法上の存在になれば、現行の土地収用法第3条の公共の利益となる事業となります。 もっと読む
2017-12-07 十和田市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月07日−一般質問−02号 森林環境税の年間の税収は約600億円を見込んでいますが、防衛の予算が今5兆円を超えています。6年連続の増額となっています。増額する一部を林業に回せないものかと私は思っています。   全国森林環境税は、個人住民税を納めている人、約6,200万人に、1人当たり年間約1,000円とする方向で検討され、2024年度から年間約600億円の税収を見込んでいます。 もっと読む
2017-09-19 八戸市議会 平成29年 9月 民生協議会-09月19日-01号 防衛では、本年8月31日に、平成30年度概算要求の概要を公表いたしました。これに合わせまして、市に対して、陸上自衛隊八戸駐屯地の部隊改編についての内容が公表されました。   もっと読む
2017-09-11 八戸市議会 平成29年 9月 定例会−09月11日-02号 そして、地域の活性化につなげるという取り組みを行っておりますが、こういった公共的なデータのオープン化というのも今後必要だと思いますし、また、公文書の管理のあり方という部分、防衛の日報問題もございまして、改めて公文書の管理のあり方というのが議論されておりますが、適正に保存していって、公開できるものは公開して、地域活性化につなげるという視点は大変重要かと思っておりますので、今後もどうか意識を持って展開 もっと読む
2017-09-08 六ヶ所村議会 平成29年 第4回定例会(第4号) 本文 2017年09月08日 本定例会において、当委員会に付託された審議事項はありませんでしたが、去る5日に委員会を開催し、「防衛に対する要望結果」ほか2件について担当課より報告を受けました。  1件目の「防衛に対する要望結果」については、去る7月3日及び4日に行った防衛施設周辺対策に関する要望結果について、説明があり、回答内容等を確認しました。   もっと読む
2017-06-08 六ヶ所村議会 平成29年 第2回定例会(第4号) 本文 2017年06月08日 本定例会において、当委員会に付託された審議事項はありませんでしたが、去る5日に委員会を開催し、防衛に対する要望活動について、報告を受けました。  委員からは、1)六ヶ所対空射撃場に関する要望内容については、施設名称を明確にすべきである。2)防音工事については、要望活動を実施するまでに本村の実績等を把握しておくべきである。 もっと読む
2017-02-28 六ヶ所村議会 平成29年 第1回定例会(第1号) 本文 2017年02月28日 また、採草地として、防衛所有の八森、六原地区の国有地を新たに約86ヘクタール借り受けすることが決定し、2カ年の合計で約158ヘクタールを確保できることになりました。今後においても、自給飼料の生産拡大に向け、国と借り受け協議を進めてまいります。  酪農振興センター6号牛舎整備については、本年12月に竣工を予定しており、預託待機牛の解消を目指してまいります。   もっと読む
2016-12-13 八戸市議会 平成28年12月 定例会−12月13日-03号 また、防衛は南スーダンのPKOに参加する陸上自衛隊の部隊に対して、任務中に隊員が死亡した場合に支払う、賞じゅつ金と言われておりますが、弔慰金の限度額を、現行は6000万円ですが、9000万円に増額するとしております。これは自衛隊員から犠牲者が出ることを想定したものだと受けとめております。   もっと読む
2016-09-20 八戸市議会 平成28年 9月 民生協議会-09月20日-01号 防衛では、本年8月31日に平成29年度概算要求の概要を公表いたしました。これに合わせまして、市に対して陸上自衛隊八戸駐屯地の部隊改編についての内容が公表されました。   もっと読む
2016-09-13 八戸市議会 平成28年 9月 定例会−09月13日-03号 安保法制、戦争法の施行を受け、8月24日、稲田防衛相は記者会見で、いかなる場合にも対応できるようしっかり準備していくことは当然だと述べ、防衛、自衛隊は、8月末、新しい任務の訓練を始めました。その一環として、青森市にある陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊を基幹とする部隊の訓練も開始されました。 もっと読む
2016-06-09 六ヶ所村議会 平成28年 第2回定例会(第4号) 本文 2016年06月09日 報告第7号防衛所管国有地の賃借牧草地について、委員からは、既存の牧草地面積に借地後の牧草地を加えたことで、畜産農家が必要とする飼料が十分かどうか、考慮しながら進めるべきであるとの意見が出されました。  以上で、産業建設常任委員会からの報告といたします。 議長(橋本隆春君) 次に、福祉教育常任委員長。3番。 福祉教育常任委員長(高田博光君) 福祉教育常任委員会から報告いたします。   もっと読む
2016-03-09 六ヶ所村議会 平成28年 第1回定例会(第3号) 本文 2016年03月09日 村長(戸田 衛君) この事業については、今岡山議員の考え方としては簡単な事業だと認識していると思いますが、この点については確かに機器を取りかえて配線するという単純なことに見えますが、実は防衛補助事業で実施している問題でありまして、この事業、事案につきましてはさまざま、私どものほうでも地元の電気業を営んでいる方々もおりますからそれらを対応したいんですが、性格等々から見て、これは大規模な、トータルでは もっと読む
2016-03-04 八戸市議会 平成28年 3月 定例会−03月04日-05号 さらに、学校騒音防止対策について質疑があり、理事者から、基地などの近隣にある学校施設に騒音防止対策を行う防衛の事業で、対象となった北陵中学校の工事が終了したため、不用額を減額したものであるとの答弁があったのであります。  第12款公債費では、借入金の利率の確定等に伴い利子償還金を減額するものであります。  第13款諸支出金では、自動車運送事業貸付金の不用額を減額するものであります。   もっと読む
2016-03-03 八戸市議会 平成28年 3月 総務常任委員会−03月03日-01号 ◎野田 教育部次長兼教育総務課長 学校騒音防止対策というのは、自衛隊とか、そういった施設の近く、要は飛行機が飛んだりするとうるさいということで、近隣にある学校施設について、防音対策をするという防衛の事業になっております。その中で、今年度は北稜中学校が対象になっておりまして、いろいろなメニューがあるんですけれども、その中での事業ということです。 もっと読む
2015-11-30 六ヶ所村議会 平成27年 第6回定例会(第2号) 本文 2015年11月30日 また、かねてより防衛に要望しておりました平沼、六原地区の防衛の移転跡地の草地利用について、来年度から村が借用できる見通しがつきました。約200ヘクタールの跡地の活用を図り、酪農家による緑地としての管理による粗飼料生産を行うことにより、経営安定を図ってまいりたいと考えております。   もっと読む
2015-09-28 弘前市議会 平成27年第3回定例会(第6号 9月28日) 審査の過程で、委員より「今日までの国会審議を通じて安保法制法案が憲法に違反する法案であることが明らかになっていること、また、民主主義破壊的な要素を含む発言が政府与党の幹部から相次いでいること、さらに、文民統制違反ともとれる防衛の暴走ぶりが目立つ法案内容であることから、本請願は趣旨妥当であると考え、採択すべきである。」 もっと読む
2015-09-28 弘前市議会 平成27年第3回定例会(第6号 9月28日) 審査の過程で、委員より「今日までの国会審議を通じて安保法制法案が憲法に違反する法案であることが明らかになっていること、また、民主主義破壊的な要素を含む発言が政府与党の幹部から相次いでいること、さらに、文民統制違反ともとれる防衛の暴走ぶりが目立つ法案内容であることから、本請願は趣旨妥当であると考え、採択すべきである。」 もっと読む