45件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

次に、共助に対する意識啓発につきましては、地域における防災活動中心的な役割を果たす自主防災組織が、平常時からさまざまな活動を行うことによって地域全体の防災意識高揚が図られるものと考えており、その自主防災組織への支援取り組みとして、防災資格を持つ方を嘱託員として任用し、組織結成町会町内会に対して、自主防災組織新規結成説明会防災講話防災訓練企画指導などの支援を行っており、組織結成

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

青森圏域における連携中枢都市圏ビジョン懇談会については、青森商工会議所青森農業協同組合青森公立大学、青森社会福祉協議会スポーツコミッション青森青森防災会、青森環境パートナーシップセンターから推薦いただいた方のほか、各4町村からの推薦による地域関係者など11名で構成された懇談会となっている」との答弁があった。

十和田市議会 2019-12-09 12月09日-一般質問-02号

さらに、防災は市内に何人登録されているかお知らせください。  次に、普通救命講習について伺います。  消防署で配付している応急手当講習テキストには、次のような文言があります。「私たちは、いつ、どこで、突然のけが病気におそわれるかわかりません。そんなときに、家庭や職場でできることを応急手当といいます。病院に行くまでに応急手当をすることで、けが病気の悪化を防ぐことができます」。  

青森市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 2019-09-06

特に今までも何度かこういう質問をしてまいりましたけれども、危機管理課全員防災資格を取得して、一旦はそういう──市長を初め、防災資格をぜひ取っていただいて、そういう訓練をしていただきたいと思いますし、また今回のガイドラインも、今回聞き取りをした中で、どなたも一読していなかったとお聞きしましたので、ぜひこういうものもふだんからしっかりと読んでいただいて、そういう対応に対する訓練をしていただきたいと

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

山本委員Vol.12の大学生については、取材依頼渡部委員記事作成中村委員写真撮影が山脇副委員長Vol.13の教師については、取材依頼蛯名委員記事作成奈良委員写真撮影山崎委員Vol.14の保育士については、取材依頼山本委員記事作成赤平委員写真撮影が秋村委員Vol.15のものづくりについては、取材依頼橋本委員記事作成奈良委員写真撮影蛯名委員Vol.16の防災

十和田市議会 2019-06-17 06月17日-一般質問-02号

また、防災育成自主防災組織立ち上げに力を入れてくださっておりますが、まだまだ防災資格取得方々意識向上には至っていない現状があります。もちろんすごくスキルが上がっている自主防災組織もありますが、全体として自分たちスキルを上げようという向上心はなかなか浸透していないように見受けられます。市として防災スキル向上に取り組んでいる事業についてお伺いいたします。

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

1 自民・志政会会派からは、漁業者スポーツ関係者中心市街地 1 日本共産党会派からは、漁業者保育士民生委員 1 自由民主党会派からは、商店街インバウンド対策)と、健康増進運動に取り組む方 1 市民の声あおもり会派からは、スポーツ指導者、働く障害者学生 1 公明党会派からは、学生教師防災 1 橋本委員からは、橋や道路夜間工事現場にかかわる人、集荷や出荷など24時間休みなく稼働している

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

今までも何度か要望してきましたけれども、やはり管理職を初め、危機管理課の方は防災資格をしっかり取っていただいて、常に自分たち青森市の防災のプロなんだという思いで危機管理に当たっていただきたいなと、そういう部分も含めて、今回防災について質問させていただきました。  次に、子育て支援に移らせていただきます。  

青森市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 2018-12-07

自主防災組織組織率向上させるための取り組みといたしましては、防災資格を持つ方を嘱託員に任用し、組織結成町会町内会に対して自主防災組織結成に向け、1つに、自主防災組織新規結成説明会防災講話、2つに、防災訓練企画指導などの支援を行っており、組織結成後におきましても、引き続き防災講話防災訓練企画指導などの支援を行っているところでございます。

青森市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07

そして同じ年、平成27年度から防災育成が開始されました。平成28年、岩泉町の洪水による高齢者死亡災害、このときは、青森市では駒込川が増水、桐ノ沢地区浸水で住民が避難しております。平成29年度、洪水ハザードマップ作成、配布。そしてことし7月には、西日本を中心とした記録的な大雨により、広島、岡山などで土砂災害や川の氾濫で、住宅の倒壊や床上浸水道路の寸断など甚大な被害が出ました。

十和田市議会 2018-09-04 09月04日-一般質問-02号

また、十和田市の防災会会長自身ヘルプマークをつけている方に遭遇して、つけている方に対して、そのマークは何ですかと聞いたそうです。そして、そのときに初めてヘルプマークの存在を知ったということで、大変驚いて、その後市役所の防災担当課に行ってそのお話をしたところ、防災担当課担当職員も知らなかったと。またまた驚いておりました。職員方々、知っている方は、半数いらっしゃるのでしょうか。  

十和田市議会 2018-06-18 06月18日-一般質問-02号

先月行われた十和田総合防災訓練十和田防災の会のメンバーとして私も参加いたしました。私は、避難所訓練をいたしましたが、十和田市にこういった避難所が開設されるような災害がないことを祈るばかりでございます。  それでは、通告に従いまして一般質問に入ります。市長並びに理事者の皆様の誠意あるご答弁、よろしくお願いいたします。  ひきこもり対策についてお伺いいたします。

六ヶ所村議会 2018-05-29 平成30年 第2回定例会(第2号) 本文 2018年05月29日

1件目の消防団員確保対策等についてでありますが、村では、大規模かつ多様化する災害全国各地で頻発する中で、いつ発生するかわからない災害への備えとして、衛星携帯電話の増設や指定避難所に対する非常用発電機及び飲料水兼用防火水槽整備などを進めるなど、公助としての防災機能を高めるとともに、自治会組織中心に、自主防災組織設立防災資格取得を積極的に推進し、自助共助機能強化にも努めてきたところであります

六ヶ所村議会 2018-02-26 平成30年 第1回定例会(第1号) 本文 2018年02月26日

また、大規模災害に備えた資機材等整備拡充を図る観点から、防災資機材庫建設工事を実施するとともに、大規模災害時に最も有効とされる自助共助力のさらなる向上を目指すため、引き続き自治会等中心とした自主防災会設立設立後の活動を積極的に支援するとともに、防災資格取得研修に対する助成を行い、村民の防災意識高揚地域防災力向上に務めてまいります。  

六ヶ所村議会 2017-12-11 平成29年 第5回定例会(第2号) 本文 2017年12月11日

これまで、村においては各種訓練を実施するとともに、自治会等中心とした自主防災組織設立の推進や防災資格取得研修会等を実施するなどして、自助共助といった地域防災力向上に努めてきたところであります。人材育成につきましては、村内外外部団体が主催する各種研修会等の派遣により、必要な人材確保に努めて参りたいと考えております。  

六ヶ所村議会 2017-12-08 平成29年 第5回定例会(第1号) 本文 2017年12月08日

次に、防災行政についてでありますが、去る10月18日及び19日の2日間にわたり、文化交流プラザスワニーを会場として、防災資格取得研修講座を開催いたしました。この講座は、各自治会消防団等から推薦された方々中心に受講していただき、新たに42名の防災が誕生したところであり、地域防災力向上に大きな期待を寄せるところであります。  

十和田市議会 2017-12-07 12月07日-一般質問-02号

防災資格を取得する際に受けてから2年ぶりの講習でございました。改めてAED必要性を体中で存分に感じてまいりました。  AEDのすばらしい点は、心電図解析機械自身が行い、電気ショックが必要かどうかを判断してくれるところです。その後に、必要であればアナウンスがあり、ボタン一つ電気ショックを行うことができます。

青森市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 2017-12-05

これから青森市も地域防災ということで、各地域町会地域消防団、こういったものと連携しながら、地域自主防災組織というものも整備していっておりますし、そのときに今、防災というのも、最近、東日本大震災以降でも大分取る方がふえてきております。私も今年度の防災の試験を受けまして、何とか合格できました。これから災害が起きたときにどういう対応をしなくてはいけないのか。