2261件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会(第5号) 本文 2020-06-26

補助対象となる事業については、1つに、新たな販路拡大代替販路への出荷などに係る取組である販売促進事業、2つに、農林水産物を使った新商品試作開発に係る取組である新商品開発事業3つに、農林水産物品質向上や作業の軽減に向けた取組である新たな技術導入事業3つ事業のうち、いずれか1つを選択していただくこととしております。

十和田市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

について      専決第13号 十和田税条例の一部を改正する条例制定について 第12  報告第14号 専決処分報告について      専決第14号 令和年度十和田一般会計補正予算(第2号) 第13  報告第15号 継続費繰越計算書について 第14  報告第16号 繰越明許費繰越計算書について 第15  報告第17号 建設改良費繰越計算書について 第16  報告第18号 十和田土地開発公社

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

また、この対策は、ワクチン治療薬開発され、十分量が供給されるまで続けなければならない。今後ウイルスとの闘いは長期戦となり、共存していかなければならないと提言されております。  ステイホームから感染拡大を予防しながら社会活動を回復させる新たな日常が求められる中で、今後第2波、第3波が必ず来ると言われております。しかし、起こり得る時期や状況は、当然誰にも予測できません。

十和田市議会 2020-06-05 06月05日-議案説明-01号

について      専決第13号 十和田税条例の一部を改正する条例制定について 第15  報告第14号 専決処分報告について      専決第14号 令和年度十和田一般会計補正予算(第2号) 第16  報告第15号 継続費繰越計算書について 第17  報告第16号 繰越明許費繰越計算書について 第18  報告第17号 建設改良費繰越計算書について 第19  報告第18号 十和田土地開発公社

八戸市議会 2020-04-21 令和 2年 4月 議員全員協議会-04月21日-01号

まず、感染拡大防止策医療提供体制整備及び治療薬開発として、そのうち仮称新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金として、1兆円が計上されております。  次に、雇用の維持と事業継続として、そのうち仮称特別定額給付金として、12兆8803億円が計上されております。  

八戸市議会 2020-04-21 令和 2年 4月 経済協議会-04月21日-01号

事業内容ですが、通信機器システム開発・製造・販売及び附帯サービスとなっております。  次に、当市への立地の概要でございますが、事業所名旭光通信システム株式会社八戸事業所第二工場で、所在地は、八戸北インター工業団地二丁目100番6となります。  事業所建設は、令和2年7月着工を予定しており、延べ床面積は1938.12平米となっております。  

八戸市議会 2020-03-24 令和 2年 3月 定例会−03月24日-付録

4 治療法ワクチン開発に官民挙げて全力で取り組むこと。 5 関係国国際機関に適切な情報開示を求めるとともに、国内における感染状況対策についての迅速な情報提供を行うこと。また、医療機関における受診方法医療従事者対応について周知徹底すること、並びに高齢者施設)、障がい者・児(施設)、妊婦及び乳幼児等に対する感染予防取り組みを徹底すること。

八戸市議会 2020-03-24 令和 2年 3月 定例会-03月24日-06号

10年後の2030年が目標達成年次である国連の持続可能な開発目標SDGs地球温暖化対策国際枠組みであるパリ協定実現を目指し、日本が国際社会をリードする役割を担っております。今回の国の補正予算並びに新年度予算は、全世代型社会保障や防災、減災、復興、経済再生財政健全化次世代型行政サービス抜本強化といった生産性向上に向けた取り組みなどの具体策を盛り込んだ内容になっております。

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

一般に、市街化区域に編入しての土地区画整理事業は、土地開発利益が大きく、相当大きな減歩負担であっても合意形成が可能であるが、24年経過し約70%が市街化している現状では、大きな減歩率での合意形成は極めて困難である。  このような状況にあって、組合設立による土地区画整理事業実現のためには、行政全面的支援技術的支援及び国の補助事業の活用)が必要である。  

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 2020-03-23

私は、AI自体を否定するつもりはありませんが、AIを使うためのガイドラインAI検査体制AI開発者の倫理教育などの整備がまずは必要であり、政府によるガイドラインはすばらしいものですが、それを守らせるための体制はまだ確立されていません。最近では、リクルート社AIが分析した個人情報企業に売っていたことからも明らかです。  

八戸市議会 2020-03-19 令和 2年 3月 広域連携推進特別委員会-03月19日-01号

②の地域企業支援体制強化事業は、これまでの変更前の事業名では、課題発掘課題解決コーディネート事業、新商品・新サービス開発支援事業及び販路開拓活動支援事業のそれぞれの事業で実施してきましたコーディネート事業産学官金連携会議及び施策説明会開催事業販路開拓活動支援事業について、各事業を関連づけて実施し、包括的に取り組んでいくため、3事業を1事業に統合するものでございます。  

八戸市議会 2020-03-18 令和 2年 3月 経済常任委員会-03月18日-01号

2番目の中小企業生産性革命推進事業は、中小企業等生産性向上に資する革新的なサービス開発試作品開発、生産プロセスの改善を行うための設備投資小規模事業者販路開拓取り組み中小企業等IT導入などに対する支援でございますけれども、令和元年補正予算分から給与支給総額向上事業所内最低賃金向上申請要件、または採択に当たっての加点要件とされております。  

十和田市議会 2020-03-18 03月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

について、市民の家指定管理料について、仲よし会への冷房設備導入について、子育て世代親子支援センターの設置について、保育所等整備事業について、第4款衛生費では、予防接種助成事業について、3歳児健康診査への視力検査機器導入について、フッ化物歯面塗布事業について、満50歳大腸がん検診無料化について、資源集団回収事業奨励金について、第5款労働費では、雇用促進事業について、第6款農林水産業費では、にんにく防除技術開発支援対策事業

八戸市議会 2020-03-17 令和 2年 3月 予算特別委員会-03月17日-05号

14節工事請負費団地造成水路等整備のための工事費、16節公有財産購入費開発予定地用地購入費、21節補償補填及び賠償金立木等移転補償費でございます。  次に、492ページに参りまして、2款1項公債費利子償還金でございます。  次に、493ページをお開き願います。地方債の現在高の見込みについて御説明申し上げます。

八戸市議会 2020-03-16 令和 2年 3月 予算特別委員会−03月16日-04号

まさに委員おっしゃるとおりで、周辺の自治体にもスポーツ施設がありますし、また、先ほど御紹介させていただいた部会の中では、例えば他の町村で大会をやる際の宿泊先としては、八戸であったり、あと新産業創出部会においては、食品加工などの新たなアスリート向けの食事のメニューやスポーツ機能食品開発などの検討につきましては、周辺町村特産品を生かしながら連携して進めていかなければいけないものだと思っております。

八戸市議会 2020-03-13 令和 2年 3月 予算特別委員会-03月13日-03号

次の120ページに参りまして、8目八戸新都市開発整備事業費は、22節の土地区画整理事業負担金立替費償還金を計上しております。  9目市街地整備調査事業費は、12節の売市第三地区に係る検討調査業務等委託料が主なものでございます。  10目特別会計整備費は、下水道事業会計に対する負担金補助金及び出資金のほか、土地区画整理事業特別会計等に対する繰出金を計上しております。  

八戸市議会 2020-03-12 令和 2年 3月 予算特別委員会-03月12日-02号

次の98ページに参りまして、8目農用地開発費は、18節の八戸平原総合開発促進協議会負担金など、9目農道整備事業費は、県事業負担金が主なものでございます。  10目そば振興センター費及び11目南郷朝もや里費は、指定管理料など施設管理運営に要する経費でございます。  12目特別会計整備費は、下水道事業会計に対する補助金及び出資金でございます。  

八戸市議会 2020-03-11 令和 2年 3月 予算特別委員会-03月11日-01号

そのほか、 学校等でさまざまなデータを活用して、例えば八戸工業大学とか、八戸商業高校とかでアプリを開発しているような事例がございます。  COGにつきまして、当市では2017年から取り組みを進めてきたところでございますけれども、令和元年度も引き続きCOG取り組みを行っておりまして、2017年から3年間続けて、商業高校でございますけれども、主催のヤフーと連携しながら継続してやってきております。