16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

青森市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 2019-09-06

改正動物愛護法の動物愛護の精神として、やはりふえ過ぎない、特に野良猫はふえ過ぎて社会問題となり、それによって嫌われてしまい、殺処分の数も減らないということになるわけですが、各自治体で、特に猫ですが、不妊去勢手術をしているところがあると聞いています。例えば盛岡市では、「地域猫活動」ということで、平成29年度では年間50万円の予算を組み、1頭につき1万円までの助成をしていると聞きました。

八戸市議会 2016-12-12 平成28年12月 定例会−12月12日-02号

犬猫の殺処分等の状況でありますが、県動物愛護センターによりますと、平成27年度は、犬が24頭、猫が170頭と猫が非常に多く、さらに放し飼いや野良猫のふん尿被害についての苦情も多いと伺っております。また、清掃事務所で回収している猫の死体数は、ここ数年700頭台で推移しておりますが、中には首輪をつけているものも見受けられるようであります。

八戸市議会 2016-03-01 平成28年 3月 定例会-03月01日-03号

野良猫に餌をやったりすると、それがまたどんどん繁殖し、ふえていってしまいます。かわいそうな気持ちで与えている人もいると思いますが、結果的にはかわいそうな猫をふやすことになり、人にとっても、猫にとってもすみにくい場所となってしまいます。盛岡市が行っている事業は、地域の猫がふえ過ぎないように望まれない繁殖を防ぐためのものです。

八戸市議会 2015-03-03 平成27年 3月 定例会−03月03日-03号

その中にあって動物愛護に関しては、動物の管理の相談、野犬野良猫などの管理、それに伴い犬、猫の里親になってもらうための引き取り手の募集を行うため、狂犬病予防法と動物の愛護及び管理に関する法律、いわゆる動物愛護法などに基づき、収容施設を設置することが義務づけられております。  そこでお尋ねいたします。  

青森市議会 2014-12-09 平成26年第4回定例会(第4号) 本文 2014-12-09

あと、これはなかなか難しい問題なんですけれども、例えば、野良猫などがふえないようにするためにはやはり去勢を進めていく、事業も進めていくというのが必要だと思うんです。これはなかなかお金もかかる事業で、大変な面もあるということは私も重々承知しています。

八戸市議会 2014-03-20 平成26年 3月 定例会−03月20日-06号

選挙投票率向上策、第3款民生費及び関連議案では、障害者就労施設からの物品調達、児童虐待防止啓発活動、老人クラブ補助金施設入所者の帰宅時のサービスの拡充、地域の安心・安全見守り活動推進事業費、福祉灯油、第4款衛生費及び関連議案では、最終処分場管理業務等委託料、予防接種事業、ペレットストーブ購入補助金、すくすく離乳食教室、五戸ウェイストパーク最終処分場、一般廃棄物最終処分場屋根倒壊、旧鮫清掃工場跡地、野良猫対策

八戸市議会 2014-03-11 平成26年 3月 予算特別委員会-03月11日-02号

◆石橋 委員 私は、1つ、野良猫対策についてです。  今のペットブームでよく犬の散歩をしている方とか、またはよくフェィスブック等でも、自分のペットである猫とかを愛らしく、また写真を載せたりしている方もあるんですけれども、その中では、このごろは野良犬というのはほとんど見る機会がないんです。

青森市議会 2012-12-05 平成24年第4回定例会(第3号) 本文 2012-12-05

条例案の内容としては、対象を常時無人の建物その他の工作物及び空き地、これらを空き家等とし、具体的には、所有者の責務として常に空き家等を適正に管理しなければならないことを明確にするため、管理不全な状態として、1、著しい老朽化や自然現象により建築物が倒壊または飛散すること、2、草木が著しく繁茂し放置され伐木または除草が必要になること、3、廃棄物の不法投棄場所となること、4、野犬または野良猫等のすみか及び

八戸市議会 2010-09-14 平成22年 9月 定例会-09月14日-03号

また、ペットをあたかも物のように扱い、身勝手な飼い主に捨てられた犬猫が、やがて野良犬や野良猫となり、人間に危害を加えるおそれも出てまいります。  子どもや高齢者への虐待が多発している社会環境ですから、動物にはなおさらという側面はあるかもしれませんが、まずもって人間のモラルが厳しく問われなければなりません。  

青森市議会 2009-12-07 平成21年第4回定例会(第5号) 本文 2009-12-07

カラスや野良猫がつついたのか、ごみの散乱が目に入る。こんなことこれまでは一度もなかった、一体何が起きたのだろう。そんなAさんは次のような記事を見つけ唖然としたのであります。  Aさんの住むこの市は10年前、ごみ収集運搬をすべて民間会社委託した。市は財政難の折、最も安い金額を提示した会社契約締結、10年前と比べ40%のコスト削減を実現しました。

青森市議会 2000-12-05 旧青森市 平成12年第4回定例会(第4号) 本文 2000-12-05

当時その制作をしていたとき、見た人は、ああ、おもしろいなとか、こうやってつくるんだという、非常に話題性があったんですけれども、青函博が終わって、そしてその作品が合浦公園の中に存在をしていたときに、結局扱いも悪かったんですが、いわゆる野良猫の巣になっているとか、非常に市民から逆に悪評を買うというような形で、せっかくそこにつくられた作品がさっぱり生かされずにあったということを目にしているだけに、私は今後

青森市議会 1999-03-12 旧青森市 平成11年第1回定例会(第4号) 本文 1999-03-12

それを買い上げて、合浦公園や青い海公園にも一部あるわけなんですが、その管理とかを見ていますと、例えば野良猫のすみかになっていたりとか、非常に危険な状況にさらされていたり、ああいうことを考えますと、今後この工房でいろいろ作品をつくっていったときに、そして、それを寄附してもらったり、それからまた買い上げたりした、その作品のいわゆる展示とか収蔵という、例えば彫刻なんかだとなかなか収蔵もできない。

青森市議会 1998-12-08 旧青森市 平成10年第4回定例会(第4号) 本文 1998-12-08

ペットを簡単に捨てることにより、野良犬や野良猫になり、保健所に収容されるわけでございますが、その件数は、我が青森市において、昨年度は犬猫合わせて1000件にならんとしているのでございます。そんな中で、今まさに行政指導の総合的な施設が必要とされております。  そこで質問です。  

  • 1