90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

平成13年の道路交通の改正により高齢者講習の受講対象が従来の75歳以上から70歳以上に引き下げられ、基本的に3年ごとの受講が義務づけられているところであります。近年、高齢ドライバーによる交通事故が全国的にニュースで取り上げられる中、市といたしましては、高齢者自身が運転継続の可否を決定するための判断機会をふやすことが重要であると考えております。

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

本市では、道路交通第74条の3の規定に基づき、公用車を一定台数保有する市の事業所ごとに安全運転管理者を配置し、特に保有台数の多い事業所にありましては、副安全運転管理者を配置し、安全運転の指導や日報等による運転状況の把握など、公用車の事故防止及び安全運転確保に努めております。  

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

道路交通第12条において、歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の付近においては、その横断歩道によつて道路を横断しなければならないと規定されており、条文内の付近の解釈につきましては、八戸警察署より、横断歩道からの距離がおおむね20メートルから30メートル以内の場所を指すのが妥当と伺っております。  

八戸市議会 2018-05-21 平成30年 5月 建設協議会−05月21日-01号

平成25年6月に公布された道路交通の一部を改正する法律平成26年9月1日に施行され、環状交差点の運用が開始されました。平成29年11月末時点となりますが、全国で69件導入されております。今回整備する場所は、右上に位置図を掲載しておりますが、自衛隊八太郎山宿舎付近の河原木字八太郎山官地地内となります。  タブレットの29ページをごらんください。  

八戸市議会 2017-12-12 平成29年12月 定例会−12月12日-03号

次に、意見としてつけ加えるならば、道路交通第12条第1項で、歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の付近においては、その横断歩道によって道路を横断しなければならないと規定しているのです。  (パネル3を示す)  ですから、もう一度これを出しますが、要するに、はっちから出た、マチニワから出た人は、必ずこっちの横断歩道を通らなければならない、これは道路交通なのです。

弘前市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第3号12月 6日)

3月に改正道路交通施行され、75歳以上の高齢ドライバーの認知症対策が強化され、免許更新時などの検査によって約3万人が認知症のおそれと判定されています。その場合、医師の診断を義務化、認知症と診断されれば免許取り消しの対象となります。  初めに、当市のここ3年間のドライバーの人数、高齢者及び75歳以上のドライバーの人数と免許返納人数及び高齢ドライバーの安全確保の対策など、どのように行っているのか。

八戸市議会 2017-03-09 平成29年 3月 予算特別委員会−03月09日-04号

ヘルメットの着用は道路交通保護者による努力義務となっていますので、それをあわせて学校へも春、それから秋の交通安全運動の際には通知しておりますが、各学校では、交通安全教室等を開くときには、警察署交通安全協会等と連携してやっているわけですが、その中ではヘルメットの着用を勧め、そしてヘルメットがなければ同じ事故でもこのようになりますというようなことをあわせて子どもにも教え、指導の徹底をしております。

八戸市議会 2017-03-01 平成29年 3月 定例会−03月01日-04号

道路交通では飲酒運転の幇助者、提供者にも、運転手が事故を起こしたかどうかには関係なく懲役罰金が科される。さらに民事不法行為では同乗者、提供者が運転者と連帯して損害賠償責任を負う。また、自動車運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律では、同乗者、提供者などが共犯として処罰されます。飲む側、提供する側、そして、その場に居合わせた場合と、この3本柱を軸に進めていただきたいと思います。  

八戸市議会 2017-01-20 平成29年 1月 民生協議会-01月20日-01号

◎大橋 総務部理事 先月12月26日、ユートリーで開催されました八戸地域広域市町村事務組合議会議員議会において報告させていただきましたが、当事務組合消防職員道路交通違反――速度超過――に関する処分について、御報告を申し上げます。  お手元の資料をごらんください。  処分を行った職員は、八戸地域広域市町村事務組合三戸消防署管内の消防職員消防士男性24歳でございます。  

弘前市議会 2016-12-08 平成28年第4回定例会(第4号12月 8日)

2013年6月改正道路交通により、環状の交差点における右回り通行として現代的ラウンドアバウトが定義され、国内において2014年9月から本格的な運用が始まり、2016年2月時点で17都道府県32市町村52カ所に拡大しました。宮城県では、仙台市11カ所、名取市5カ所に設置されております。  (1)当市の基本的な考えについて。  

八戸市議会 2016-08-19 平成28年 8月 民生協議会-08月19日-01号

被処分者は26歳の主事級男性職員で、4の事実の概要に記載のとおり、平成28年6月15日午前7時30分ごろ、通勤のため自家用車で市内大字河原木の国道を走行中、制限速度が時速60キロのところを96キロで走行したため、36キロ速度超過により道路交通に違反し、罰金及び30日間の免許停止処分に処せられたものでございます。  

八戸市議会 2016-08-19 平成28年 8月 経済協議会-08月19日-01号

免許停止などの道路交通による処分を過去1年以内に受けたことがない者。交通違反交通事故の累積点数が3点以内の者。ただし、過去3年以内に免許停止などの道路交通による処分を受けたことがある者にあっては零点であること。これらの4つの要件を満たす交通部の嘱託運転士でございます。