201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-12 平成31年 3月 予算特別委員会−03月12日-02号

3項1目軽自動車税は、前年度比6.2%、3400万円の増額、4項1目市たばこ税は、前年度比2.3%、4000万円の減額で、いずれも平成30年度の決算見込額を参考に計上したものでございます。  次に、11ページに参りまして、第2款地方譲与税の平成31年度の予算額は6億8000万円で、前年度比3300万円、4.6%の減でございます。  

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

次に、自動車税減免継続申請について伺います。さきの決算特別委員会でも取り上げました申請の簡略化についてであります。  自動車税の徴収は八戸市が行っており、毎年4月1日の所有者に課税される地方税であります。普通自動車税については県税として納め、減免されている方への継続申請については、前年度の申請内容が記載された自動車税減免予定通知書が送られ、前年度と変更がない場合は、申請は不要になっております。

青森市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-27

機関区通りから出てくると、角の狭いところ──東側の側道を出て信号にぶつかって、そこから行き先を決めて向かうわけですけれども、反対側の線路のほうに向かっていく西側の側道は、あそこは自動車でもやっと通れるようなところが、地下道におりていく階段のそばにあります。あそこは普通車でもなかなか通れないんじゃないですか。歩道に上がってみんな走っていますよ。

八戸市議会 2018-11-21 平成30年11月 民生協議会-11月21日-01号

平成28年11月4日に、県内在住の70代男性が自動車での自損事故で当院救命救急センターへ搬送され、処置を施された後、経過観察により入院となりましたが、2日後の11月6日に容体が急変し、出血性ショックにより亡くなられたというものでございます。  2の損害賠償額は2200万円で、慰謝料その他の全ての損害を含むものとしてございます。  

八戸市議会 2018-09-21 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号

歳入では、自動車税減免継続申請についてであります。  各特別会計中、都市計画土地区画整理事業特別会計では、八戸駅西土地区画整理事業、霊園特別会計では、合葬墓の計画についてであります。  次に、認定第2号平成29年度八戸市公営企業会計決算の認定に対する質疑の主なる内容は、自動車運送事業会計では、運転職員充足率等、ユニバーサルデザイン公共交通の促進についてであります。  

八戸市議会 2018-09-18 平成30年 9月 民生協議会−09月18日-01号

決算特別委員会でも自動車の減免申請で、要望として出したんですけれども、障がい者のいらっしゃる方々の市役所へ来る負担というのが結構ありまして、毎年続けなければならないということでかなり、また同じ時期に集中したりするもので、できれば郵送とか、そういった形でできればありがたいという声が結構聞かれます。

八戸市議会 2018-09-13 平成30年 9月 決算特別委員会−09月13日-02号

主な税目について前年度と比較いたしますと、1項市民税は増、2項固定資産税は減、次の64ページに参りまして、3項軽自動車税は増、4項市たばこ税は減となりました。  次の65ページをごらん願います。第2款地方譲与税は、予算現額が7億1383万9000円で、調定額、収入済額とも7億1383万9833円でございます。  次の66ページをごらん願います。

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号

これまでの調査で、中心市街地への来街手段では、圧倒的に自家用車が多く、当市での自動車保有台数も、自動車、乗用車とも右肩上がりの傾向が続いております。アンケートでもこれまで以上に、中心街に出かけるためには、駐車場の整備、無料化が必要であると回答しております。これまでの対策として、まちなか共通駐車券おんでカード事業も、平成12年度以降大きく減少し、加盟件数も減少傾向にあります。

青森市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07

さて、市税等の収入未済額で自動車税が前年度に比べ増額となっております。昨年も同様に自動車税について質問いたしました。平成21年度から平成29年度までの決算では、平成21年度、平成22年度、平成23年度、平成24年度、平成25年度、平成28年度、平成29年度決算において収入未済額が前年度決算に比べて増加しております。  

青森市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 2018-06-15

納付できるのは、市民税や県民税、固定資産税や自動車税、保育料などで、市の専用サイトにアクセスし、内蔵カメラで納付書のバーコードを読み取り、クレジットカード番号などを入力するというものであります。スマホアプリを事前に導入する必要もなく、納付金額1万円につき108円のシステム利用料がかかります。

八戸市議会 2018-03-15 平成30年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号

3項1目軽自動車税は前年度比4.8%、2490万円の増額、4項1目市たばこ税は前年度比7.9%、1億5200万円の減額で、いずれも平成29年度の決算見込み等を参考に計上したものでございます。  11ページに飛びまして、第2款地方譲与税は、平成30年度の予算額は7億1300万円で、前年度比2200万円、3.2%の増となるものでございます。  

八戸市議会 2018-03-12 平成30年 3月 予算特別委員会−03月12日-01号

あと、もう既に検討して廃止をすると決めているものも13件ほどございまして、そちらにつきましては、市長への手紙ですとか、あるいは南郷コミュニティバスの特別乗車証の交付申請書ですとか、あとふるさと寄附金の申込書ですとか、自動車税の減免申請書ですとか、高齢者施設の事故発生報告書等、さまざまなものが廃止するという決定をしていただいているような状況になってございます。  

弘前市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第3号12月 6日)

まず、対象となる車両につきましては、自家用及び事業用の登録自動車でございます普通自動車、大型特殊自動車、二輪を除く大型自動車と自家用の自動車となっております。  ご当地ナンバーの取得手順につきましては、平成32年度の交付決定後、弘前市及び西目屋村に居住する方が新たに車を購入すると弘前ナンバーになるものでございます。

八戸市議会 2017-09-14 平成29年 9月 決算特別委員会-09月14日-02号

主な税目について前年度と比較いたしますと、1項市民税、2項固定資産税、次の64ページに参りまして、3項の自動車税は増となりましたが、4項市たばこ税、5項鉱産税は減となっております。  次の65ページをごらん願います。第2款地方譲与税は、予算現額が7億1587万6000円で、調定額、収入済額とも7億1587万6723円でございます。  次の66ページをごらん願います。

青森市議会 2017-06-30 平成29年第2回定例会[ 資料 ] 2017-06-30

次に、自動車税に係るグリーン化特例の見直しについてであるが、大気汚染の改善及び地球温暖化の防止を図る観点から、一定の環境性能を有する三輪以上の自動車の燃費性能に応じて、取得した翌年度分の自動車税を軽減するグリーン化特例が平成27年度税制改正で平成28年度課税分のみの措置として導入され、さらに平成29年度課税分についても延長適用されてきたところである。  

青森市議会 2017-06-09 平成29年第2回定例会(第2号) 本文 2017-06-09

このたび、青森消防団新城分団第5班に小回りのきく、わかりやすく言えば普通自動車に載っけているもの、それから自動車に載っけているものということで御説明申し上げます。まず、ふだん、小型動力ポンプというのは普通自動車に載っかっているものでございます。そして、今回、我々新城分団第5班に配置されたポンプは、自動車のトラックでなくて自動車のワゴン車であります。4人乗ります。

青森市議会 2017-06-05 平成29年第2回定例会(第1号) 本文 2017-06-05

議案第114号「青森市市税条例等の一部を改正する条例の制定について」は、地方税法等の一部改正に伴い、一定の環境性能を有する自動車を対象とした自動車税の特例措置の見直しを行うほか、国民健康保険税の軽減対象被保険者の拡大を行う等のため所要の改正をしようとするものであります。  

十和田市議会 2017-06-02 平成29年  6月定例会(第2回)-06月02日−議案説明−01号

報告第5号の十和田市税条例の一部を改正する条例の制定についての専決処分は、地方税法の一部改正に伴い、震災等により滅失等をした償却資産に係る固定資産税の課税標準額の特例の追加、肉用牛の売却による事業所得に係る市民税の課税の特例の適用期限の延長、自動車税のグリーン化特例の適用期限の延長等所要の改正をする必要が生じ、この改正に急を要したため専決処分したものであります。   

八戸市議会 2017-05-11 平成29年 5月 総務常任委員会−05月11日-01号

理由は、地方税法の一部改正に伴い、肉用牛の売却による農業所得等に係る個人市民税の課税の特例の適用期限の延長、家庭的保育事業の用に供する家屋等に係る固定資産税の課税標準の特例に関する規定の整備、環境への負荷の少ない自動車を対象とした自動車税の特例措置の見直しその他所要の改正をすることを処分したものについて、その承認を求めるためのものでございます。  次に、10ページをお開き願います。