運営者 Bitlet 姉妹サービス
36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月11日-03号 ことしは西日本を中心に全国的に広い範囲で大雨となり、各地で浸水被害、河川決壊、土砂災害、崖崩れなど多くの災害が発生をし、4年前に広島の土砂災害で亡くなられた数を上回り、平成の豪雨災害としては最悪の結果となりました。こうした広域的で甚大な豪雨災害が全国各地で多発していることを考えますと、改めて事前防災の必要性を強く認識したところであります。   もっと読む
2018-09-12 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月12日) 新聞記事によると、西日本を中心にした豪雨被害は、台風7号の通過と、その後、列島を横切る梅雨前線の停滞により、これまでの集中豪雨とは違い、近年の雨の降り方が変わり、同様の豪雨災害が地域を問わずいつでも起こり得ると認識し、備えを急がなければならず、国を挙げての早期避難の呼びかけが必要であります。被災地の多くは、ハザードマップで危険性が指摘されていた浸水想定区域が実際の浸水区域とほぼ一致していたという。 もっと読む
2018-09-11 弘前市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日) また、今回の豪雨災害のもう一つの特徴としては、局地的に猛烈な雨をもたらす線状降水帯が多く発生したことも被害を拡大させた要因の一つと言われております。  当市においては、平成25年9月の台風18号の大雨により岩木川が氾濫し、家屋や園地への浸水被害も記憶に新しいところであります。   もっと読む
2018-09-11 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号 また、西日本を中心に発生した豪雨災害では、死者、行方不明者が230人近くに上り、住宅被害も約4万4000棟を超えるなど、激甚災害に指定されました。被害が深刻な地域では電気や水道などのインフラは徐々に回復しつつあるものの、生活再建のめどはまだ見えない状況であります。一日も早い復興を心から願うものであります。   もっと読む
2018-09-10 八戸市議会 平成30年 9月 定例会-09月10日-02号 また、西日本を襲った豪雨災害では、7月14日現在、死者は13府県で200人となり、断水被害は11府県約24万戸に及び、5946人が避難所に身を寄せ、生活への影響が長期化しています。  また、9月4日に西日本を縦断した台風第21号の影響で、最大風速44メートル以上の強風と大雨をもたらし、少なくとも11人が死亡し、300人以上が負傷するなど、各地で120万人以上が避難勧告を受けたとされます。 もっと読む
2018-09-04 青森市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04 ことしも6月に大阪府北部地震、7月には西日本広域にわたって豪雨災害が発生し、死者、行方不明者は230名以上、住宅の被害は4万戸を超え、いまだ多くの方が避難所などの生活を余儀なくされています。今議会開会日初日に黙祷をささげましたけれども、亡くなられた方には哀悼の意を表しますとともに、被災された多くの方々に心よりお見舞いを申し上げます。また、現在も台風21号が日本へ上陸しております。 もっと読む
2017-09-11 八戸市議会 平成29年 9月 定例会−09月11日-02号 2014年8月に広島を襲った豪雨による土砂災害では77人が死亡し、2015年9月の関東・東北豪雨では鬼怒川が決壊し、約4300人が救助され、昨年8月の台風第10号に伴う大雨では、岩手県と北海道で27人が死亡、行方不明となり、そしてことし7月には九州北部での記録的な大雨により筑後川流域が氾濫し、36人が死亡、5人が行方不明になるなどの豪雨災害による爪跡は記憶に新しいところであります。   もっと読む
2016-02-29 八戸市議会 平成28年 3月 定例会−02月29日-02号 近年、地球的な気候変動により、豪雨災害が頻発しておりますことは御承知のとおりであります。我が国においても毎年、台風や集中豪雨、局地的なゲリラ豪雨に見舞われ、多数のとうとい人命が失われております。予報技術の向上や危険箇所の改修が日常茶飯事に行われておりますが、それらを凌駕するような規模で我が国を襲っております。 もっと読む
2014-03-06 弘前市議会 平成26年第1回定例会(第4号 3月 6日) 消費税率引き上げに伴う国の対策として実施する臨時福祉給付金給付事業、子育て世帯臨時特例給付金給付事業が合わせて約8億8000万円、地域の元気臨時交付金を財源に実施する事業が13事業で約17億9000万円、台風第18号による豪雨災害による災害復旧事業が約3億1000万円などで、これらの特殊事情を除けば、対前年度3.3%、約25億円の減額となります。   もっと読む
2012-12-07 弘前市議会 平成24年第4回定例会(第5号12月 7日) 当市においても、今年度に入って7月からの夏期における豪雨災害、あるいは楢木地区における竜巻被害など自然災害による危機というのはまさに現実のものとなっております。その中で、防災計画を初めとするこの体制の整備強化は急務であります。  3月の第1回定例会におきましては、私はこの防災アセスメント事業の概要について一般質問を行いました。 もっと読む
2012-03-15 八戸市議会 平成24年 3月 予算特別委員会−03月15日-04号 しかしながら、東アイスアリーナのほうもいろいろな状況があったり、豪雨災害があったりして、補修できなくなったり負債を抱えて閉める結果になったわけです。  平成18年度か平成19年度に閉めたと思うのですけれども、この決算書を見ていれば、平成18年度南部山アイスアリーナのリンク収入が約3600万円ほどあった。 もっと読む
2011-09-12 八戸市議会 平成23年 9月 定例会−09月12日-02号 今後も市全域における防災体制の強化及び地域住民の防災意識の高揚を考慮しながら、地域防災計画に基づいた計画的かつ継続的な総合防災訓練の実施が必要であると認識しており、特に東日本大震災を踏まえました津波避難訓練や、ここ数年多発しているゲリラ豪雨災害に対応した土砂災害防災訓練について重点を置いて実施してまいりたいと考えております。   もっと読む
2011-09-08 青森市議会 平成23年第3回定例会(第4号) 本文 2011-09-08 ことしの7月の新潟県における豪雨災害や、今週の紀伊半島での豪雨により災害に見舞われた地域の皆さんに心よりお見舞い申し上げます。紀伊半島の災害では、独自の避難勧告・指示を発令した自治体、避難勧告・指示がおくれた自治体では、人的被害に大きな差が出ています。 もっと読む
2010-09-10 弘前市議会 平成22年第3回定例会(第5号 9月10日) 近年、全国各地で発生している豪雨災害や地震において、ひとり暮らしの高齢者や障がい者の中で、災害時に特に援護を要する方への対応が課題となっております。   もっと読む
2010-03-08 十和田市議会 平成22年  3月定例会(第1回)-03月08日−一般質問−02号 正式には、災害時要援護者というのですが、政府は平成16年に全国各地で発生した台風や豪雨災害において、犠牲者の多くが高齢者であり、災害時に自力では迅速な避難行動をとることが困難な災害時要援護者に対する避難支援対策が防災上の課題であると認識し、平成17年3月に災害時要援護者の避難支援ガイドラインを策定、さらに平成19年3月にはガイドラインの手引となる災害時要援護者対策の進め方についてを示しております。 もっと読む
2010-03-04 青森市議会 平成22年第1回定例会(第2号) 本文 2010-03-04 ハイチ地震やチリ地震による大津波など、これまで全国で相次いだ豪雨災害や新潟県中越地震では、高齢者らに被害が集中し、特に中越地震ではストレスによる死や車内避難でのエコノミークラス症候群が相次ぎ、対応の不備が問題となりました。国は04年以降、災害弱者対策を強化し、ことし4月にも調査を実施しております。  そこでお聞きします。福祉避難所の指定について本市の取り組み状況についてお伺いします。   もっと読む
2008-06-17 弘前市議会 平成20年第2回定例会(第2号 6月17日) 近年、全国各地で発生している地震や豪雨災害において、ひとり暮らしの高齢者などへの対応が問題となってきております。  当市におきましては、幸いにして近年、大規模災害は発生しておりませんが、昨年2月に策定された地域防災計画では、高齢者、障害者などの災害時要援護者を保護するために、安全確保対策を図ることとしているものであります。   もっと読む
2007-09-11 弘前市議会 平成19年第3回定例会(第2号 9月11日) 近年、全国各地で発生している地震や豪雨災害において、ひとり暮らしの高齢者などへの対応が問題となってきております。  当市においては、このところ大規模災害は発生しておりませんが、本年2月に策定された地域防災計画では「高齢者、障害者などの災害時要援護者を保護するために、安全確保対策を図る」こととしているものであります。   もっと読む
2006-09-15 弘前市議会 平成18年第2回定例会(第5号 9月15日) 新潟豪雨など、昨年7月に相次いだ豪雨災害で多くの高齢者が被災したことを教訓に、国は災害時要援護者リストの作成を全国72の主要都市に求めているのを初め、自主的にリスト作成をする自治体もあらわれてきました。  しかし、個人情報保護の観点から、なかなかそのリスト作成が進んでいないというのが実情のようであります。   もっと読む
2006-09-01 青森市議会 平成18年第3回定例会(第2号) 本文 2006-09-01 しかし、全国では、ことし6月と7月に豪雨災害が発生し、九州、山陰、北陸地方や長野県で土砂災害や浸水害で多くの死者も出ました。一瞬にして家も財産も家族をものみ込んでしまう水の恐ろしさをニュース映像で見て驚愕するとともに、このような災害が頻発する地方に比べれば、まだ青森の雪の方がよいのかもと思った市民も多かったのではないでしょうか。 もっと読む
  • 1
  • 2