414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-03 令和2年第2回定例会(第1号) 本文 2020-06-03

対象事業者の考え方として、これらの団体は、本市観光振興に向けて、市や商工会議所民間事業者などで構成する官民一体の組織である青森観光振興会議に参画し、これまでMICE誘致などの観光プロモーション活動旅行商品造成に向けた商談会への参加など、国内外の観光客誘致本市と協働して活動してきたことを踏まえ、団体に加入する宿泊施設を運営する事業者支援対象としたものであります。  

十和田市議会 2020-03-18 03月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

では、雇用促進事業について、第6款農林水産業費では、にんにく防除技術開発支援対策事業について、主要野菜生産緊急支援事業について、スマート農業技術導入支援事業について、森林整備事業について、第7款商工費では、(仮称)地域交流センター整備事業について、市道休屋和田神社線石畳化事業について、パワースポットマップ作成等事業について、アーツ・トワダグランドオープン10周年記念事業について、現代美術館連携事業

十和田市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問-04号

2つ目のインバウンド対応といたしましては、近年増加している外国人観光客のさらなるを図るため、海外旅行会社への情報発信や視察の受入れ商談会での営業活動を積極的に行っております。  3つ目受入環境整備につきましては、観光客満足度向上のための環境整備や、地域事業者の意識やサービス向上のためのセミナーなどに取り組んでおります。  

十和田市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

市といたしましては、DMOである十和田奥瀬観光機構と連携して、これらの様々なデータを外国人観光客向けに提案するプランの作成に役立て、受入体制充実強化につなげてまいりたいというふうに考えております。  以上でございます。 ○副議長野月一博) 山田議員 ◆1番(山田洋子) ありがとうございます。  

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

まず、(1)さくらまつり100回目、東京オリンピックパラリンピック東北DC等における戦略についてお聞きいたします。  本年から向こう3年間の間に、当市観光振興にとって多くのが見込める話題性の豊富な行事や節目の年など絶好の機会が続きます。本年は、さくらまつり100回目、オリンピックパラリンピック

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

また、本市では、クルーズ船による観光政策にも力を入れてきましたが、既に多くの来航予定クルーズ船が中止を発表しています。小・中学校の休業に伴って既に学校給食センターで働くパート職員の方から、突然仕事が休みになり給料はどうなるのかと、わらにもすがる思いで相談したいとの声も寄せられています。給食センターに食品を納入している業者への影響もあります。

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

これまでの総仕上げとして、自然の魅力発信観光客受入れ環境整備等に係る事業を着実に実施することで、訪日外国人旅行客のさらなる促進を図ってまいります。  また、本年は、アーツ・トワダグランドオープン10周年を迎えます。これを機に、現代美術館において大規模な記念企画展常設作品の一部入替え等実施し、アートによるまちづくり魅力を改めて発信してまいります。  

十和田市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

また、常設作品の入れかえにつきましては、現代美術館のさらなる促進を図るためのもので、集客力の高い作家の作品の購入なども含めた検討をしているところであります。  市といたしましては、アーツ・トワダグランドオープン10周年を機に、市民の皆様に改めて現代美術館を初めとしたアートまち魅力を実感していただくとともに、アートによるまちづくりへの参画を促してまいりたい、そのように考えてございます。  

青森市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 2019-09-27

1 「本市を訪れる外国人観光客が今非常に多くなっているが、観光PRに係る市の予算額及びその内容について示せ」との質疑に対し、「市では、観光客等促進に当たり、本市を訪れたい方の来訪意欲向上等を図る観点から、今年度、首都圏等対象としたプロモーション活動に170万円、クルーズ客船誘致等に620万円、Wi─Fiや観光アプリ等サービス提供に425万8000円、訪日外国人向け体験型滞在プログラム

弘前市議会 2019-09-11 令和元年第2回定例会(第4号 9月11日)

弘前公園武徳殿内で一般財団法人弘前市みどりの協会が実施しているお殿様・お姫様衣装着付け体験においても、外国人利用者平成28年度は733人、平成29年度は948人、平成30年度は929人と堅調に推移しており、特にインバウンド分野においては有望なコンテンツであると認識しているところであります。  

弘前市議会 2019-09-10 令和元年第2回定例会(第3号 9月10日)

市では、青森県最高峰の岩木山は、八甲田連峰十和田湖世界自然遺産白神山地とともに、県を代表する重要な観光資源であるという認識のもと、4年前より、青森県に対する重点要望において、岩木山及び周辺エリア青森県全体の促進につながる観光コンテンツと位置づけ、岩木山情報発信強化及び岩木地区を含む県内の自然や温泉などを活用した周遊観光促進するため、各温泉地の特徴を生かしたテーマ別観光滞在型観光推進

十和田市議会 2019-09-03 09月03日-一般質問-02号

新緑から紅葉までは観光客が多いと言われておりましたが、インバウンドのにより冬季、冬の観光客数もことしはさらに増加が見込まれております。東北全体でも青森県でも、冬季観光充実を取り上げており、DMOでもイベントの改善に取り組んでいる状況です。以前には、寒いから行かない、また交通機関がないから行くことができないという観光客からの意見がありました。

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

東北絆まつり2019福島では、復興に向かう東北の元気な姿を全国・世界へと発信するとともに、本市への及び本市産品販売促進につながるよう、本市魅力を最大限にPRしていく。  以上が説明の概要であるが、本委員会は、今後とも所期の目的を達成するため、さらに閉会中の継続審査とすべきものと決したものである。