74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2020-12-09 令和 2年第4回定例会(第3号12月 9日)

主治医の診断が必要ですが、要介護4・5の方でも申請ができ、要件を満たせば支給されます。しかし、この制度自体を多くの方が知りませんし、最も受給漏れが多い公的制度と言われています。  弘前市として、特別障害者手当について、在宅の要介護4・5への周知と申請を積極的に働きかけてはいかがでしょうか、市の見解を求めます。  以上、壇上での一般質問を終わります。   

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

このため、これら廃棄物処理許可申請の際には、直近3カ年の貸借対照表損益計算書等を提出していただき、経理的基礎の判断を行うこととされており、過去3カ年の平均値が赤字の場合や自己資本比率が10%を下回った場合につきましては、金融機関からの融資の状況を証明する書類中小企業診断士診断等を申請者に求め、市が慎重に判断することとされているところでございます。  

青森市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-09

ある教員疲弊性鬱病診断され、診断には、職場上司(校長及び教頭)に対する不信感からくる人間関係がストレスとなり、疲弊性鬱状態を来していると書かれていました。  私は、これほどまでに現場の教員を追い込み、苦しめている状況を放置するわけにはいかない、市民議員の皆さんにも起きている事実を明らかにしなければならないと思ったのです。  1つ事例を紹介します。

十和田市議会 2019-09-03 09月03日-一般質問-02号

私に寄せられた相談の中で、発達障害者自立支援医療費受給者証更新手続について、必要書類等のお知らせが口頭のため、診断が必要な年と必要ない年があり、必要ない年に診断をとってしまったりしたことが何度かあって、お金がもったいない。更新手続が近くなったら必要書類のお手紙があると助かりますが、市でお知らせしてくれないでしょうかという相談がございました。  

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

女性は市側へ、子どもの学校の学区を変えたくないので、同じ団地のまま、棟自体、離れた棟へ移動させていただけないかどうかの相談でございましたが、市側は、警察へ被害届が出ていないということ、団地内の移動は前例がないということ、精神的苦痛を受けたのであればその診断の提出を、本当に身の危険を感じているのであれば全く関係のないほかの地域の団地へ移動しては、このように、何か事が起きてからでないと、本人が精神的苦痛

青森市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-02-28

難病関係診断も現在無料であるのが2500円になると聞きました。死亡診断は2000円から2500円、その他診断は2000円から2500円と引き上げられますが、それと比べても、年金障害者手帳難病公的助成申請時の診断等の料金引き上げは大幅です。年金障害者手帳難病関係診断は、毎年更新という方もたくさんいらっしゃいます。

青森市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-02-21

議案第77号「青森急病センター条例の一部を改正する条例制定について」及び議案第78号「青森病院料金及び手数料条例の一部を改正する条例制定について」は、市民病院選定療養費等消費税及び地方消費税税率改定分を反映させるとともに、急病センター診断料及び市民病院診断料等について見直しを図り、青森県立中央病院の金額と同じ額に改定するため改正しようとするものであります。  

青森市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 2018-09-07

その後、新聞には、中央省庁3460人水増し再発防止緊急対策10月取りまとめ、国の行政機関33のうち27、8割で不正算入、47都道府県中37府県で障害者雇用数水増し、規定にある障害者手帳確認なし、指定医産業医診断確認せずが中心、全国調査10月取りまとめ、率先して障害者を雇用すべき立場の中央省庁水増し青森県内では県警も2.59%と申告したが、実際は1.38%であったという記事が毎日掲載されました

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

手帳や有効な診断を確認せず、身体状況などで算入していたことが要因として挙げられています。いずれにせよ、民間企業には法定雇用率達成を求め、未達成企業からは納付金を徴収するという障害者雇用促進法のスキームからすると、役所のあり方の本質が問われている問題と言えます。  そこでお伺いいたします。本市の障害者雇用の実態、不適切な事例はないのかお示しください。  

青森市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 2018-06-14

病気子どもさんがそれだけ少なかったんだなということになれば、利用者数が少ないということは本来いいことではあるんですけれども、ただ、実際は病気子どもさんが減少しているのかといえばそういうわけではなくて、先ほども壇上でも言いましたけれども、保護者の方から使いづらいというその声はどういうことかといいますと、病児一時保育を利用するためには、病院に行って診断をもらわなければならないというところがまず第1

十和田市議会 2018-03-07 03月07日-一般質問-02号

また、医師の態度が悪い、診断をなかなか書いてくれない等々、私に寄せられる市民相談は悪い事柄が大変多いです。  しかし、昨年実施された平成29年度患者満足度アンケートでは、病院に対して「総合的に満足している」が41.3%、「やや満足している」が30.8%と、アンケート結果が渡り廊下に掲示してありました。医師への満足度は67.4%、看護師への満足度は71.3%です。

青森市議会 2017-12-26 平成29年第4回定例会[ 資料 ] 2017-12-26

1 「単身で認知症と思われる方が入居している場合に、誰が認知症であると判断するのか」との質疑に対し、「医師による診断があれば判断できるが、困難な場合には医療介護等の事務に従事している職員の意見書等により、認知症である者に準ずる者であると判断する」との答弁があった。  以上が審査の過程における主なる質疑応答であるが、このほか一部委員から次のような意見が出された。

弘前市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第2号 6月13日)

そうしたら、健生病院とか救急輪番病院にそういうところで運ばれた人が保険証がないからその後に市のほうに行くと、診断を持って来いとかそういうようなことで、お金がないのに診断を持ってきて、そういうようなこと、あるいは今まで約束不履行だから、今まで5,000円ずつ払っていたのがそれが払えなくなって、そういう人たち資格証明書が発行しているのではないでしょうか。

六ヶ所村議会 2017-03-09 平成29年 第1回定例会(第3号) 本文 2017年03月09日

歳入の1款診療収入31万9,000円を減額するのは、外来収入であり、2款使用料及び手数料4万1,000円を減額するのは、健康診断交付手数料であり、3款繰入金に56万円追加するのは一般会計繰入金であります。  次に、歳出についてご説明いたします。  1款総務費は、財源充当のみの変更であり、2款医業費20万円を減額したのは、医療用消耗機材費であります。  次に、81ページをお願いいたします。