12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八戸市議会 2018-09-21 平成30年 9月 定例会-09月21日-04号

5、手話通訳者要約筆記者の活用推進。  6、動物愛護センター早期建設。  7、受動喫煙防止条例早期制定。  8、地域ニーズに応える公民館建設のあり方。  認定第2号について、初めに自動車運送事業会計は、乗客数減少にありながら、純利益4611万2000円を計上し、3年連続黒字決算資金不足比率も5年連続ゼロとした経営健全化への御尽力に敬意を表する。

八戸市議会 2018-09-12 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号

あと、79ページの地域生活支援事業事業名の、手話通訳者要約筆記者の、延べ231人が事業として派遣されたということでありますけれども、実際に今、手話通訳者要約筆記者は何名ずつおられますでしょうか。 ◎山道 福祉部次長兼障がい福祉課長 伊藤委員の御質問にお答えいたします。  まず、手話通訳者でございますが、こちらは県に登録されている方が主になりまして、今現在17名八戸市にはおります。

青森市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第5号) 本文 2018-03-05

続きまして、当事者の方からのお声をちょっと御紹介しますと、要訳筆記をされる場面もあるのですが、短文であれば要約筆記でのやりとりで伝わるけれども、しっかりと安心できるというのは、やはり手話だとおっしゃっております。  それで、青森市障がいのある人もない人も共に生きる社会づくり条例は、パンフレットもありますし、ハンドブックもつくられておりますが、その中に手話による理解の促進ということが掲げてあります。

八戸市議会 2017-09-19 平成29年 9月 民生常任委員会−09月19日-01号

1項2目障害者福祉費1億652万円の増額は、8節において、手話通訳者及び要約筆記者の派遣に係る謝礼を増額し、13節において、その予算組み替えに係る委託料を減額するほか、19節は、国庫補助金の内示に伴い、グループホームの施設整備に係る補助金を計上し、20節は小児慢性特定疾病医療費給付費を増額し、23節は平成28年度障害者自立支援給付費に係る国庫負担金等の確定に伴う返還金を計上するものです。

十和田市議会 2017-09-05 09月05日-一般質問-02号

現在市では、生活福祉課手話通訳者1名を配置し、聴覚障害の方への対応を行っているほか、7名の方に登録手話通訳者として、また1名の方に要約筆記者として登録していただき、官公庁、学校、医療機関等訪問時の意思疎通面接対応補助などを行っております。  このほか、手話奉仕員養成講座の開催を社会福祉協議会に委託し、平成28年度は入門編として21回の講義を開催し、15名が修了しております。

青森市議会 2012-12-06 平成24年第4回定例会(第4号) 本文 2012-12-06

今現在、本市において聴覚障害者には、手話通訳要約筆記などの介助ヘルパー入院時にも派遣できることになっているのですから、この支援と同じだと思うのです。仮に制度化した場合、日ごろ在宅で受けているコミュニケーション支援サービスを病院内にスライドさせるだけですから、市の負担は何にも変わりません。

青森市議会 2010-12-22 平成22年第4回定例会[ 資料 ] 2010-12-22

本市においては、障害者相談支  援事業所障害者相談に応じ必要な情報提供や助言を行う障害者相談支援事業障害者支援課の  窓口に手話通訳者を設置する手話通訳者設置事業聴覚障害者手話通訳者派遣する手話通訳者  派遣事業聴覚障害者要約筆記者を派遣する要約筆記者派遣事業日常生活のための用具給付  する日常生活用具給付事業視覚障害者等の外出時に必要なガイドヘルパー派遣するガイドヘル  パー

青森市議会 2006-09-06 平成18年第3回定例会(第5号) 本文 2006-09-06

さらに、福祉サービスの根幹となります障害者等自己決定支援する障害者相談支援事業などの相談支援事業聴覚言語機能障害等のため、意思疎通を図ることに支障がある障害者等意思表示情報の入手を支援する手話通訳派遣事業通訳者設置事業要約筆記者派遣事業などのコミュニケーション支援事業については利用者負担を求めないこととしております。  

青森市議会 2006-06-09 平成18年第2回定例会(第3号) 本文 2006-06-09

地域生活移行就労支援等課題対応したサービス基盤整備の実現に向け、まずは居宅介護重度訪問介護等訪問系サービス充実療養介護生活介護等日中活動系サービス充実施設入所支援共同生活介護等居住系サービス充実という新たな課題対応するための基盤整備が求められていること、また、福祉サービス利用権利擁護のために必要な援助、社会生活力を高めるための支援などの相談支援事業手話通訳者要約筆記

  • 1