90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

議長畑山親弘) 副市長 ◎副市長西村雅博) ただいまのご質問にお答えいたします。  確かに9月議会で上程しても、10月1日は間に合うこともあると思いますけれども、先ほど病院事業管理者がおっしゃったように、やはり一定程度周知期間を設けるべきだと思っておりますので、どうかご理解を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長畑山親弘) ほかに質疑ありませんか。       

十和田市議会 2019-12-11 12月11日-一般質問-04号

私は、9月議会で、もっと活用の道があるはずだから、それを市役所の各部や各課で考えてほしい、その先頭には西村市長が立って陣頭指揮してほしいと宿題を預けました。  あれから3カ月たちましたので、質問をします。市では、どのようなドローン活用を見出したのでしょうか、お答えください。  防災で、もう一点あります。  消火活動救急救命活動で、はしご車は重要です。

十和田市議会 2019-06-17 06月17日-一般質問-02号

議長竹島勝昭君) 副市長 ◎副市長西村雅博君) 初めに、高齢者、障がい者などの避難誘導についてのご質問にお答えいたします。  市では、高齢者障害者など、災害時に自力で避難することが困難な方が、地域の中で避難支援が受けられるようにするため、避難行動支援同意者名簿を作成しております。

十和田市議会 2019-03-11 03月11日-一般質問-03号

我ながらよい案だと思い提案したところ、たしか西村市長グッドアイデアと褒めてくれたような気がしましたが、記憶違いでなければよいのですが。  このプランは、冬場のみならず春夏秋冬、焼山地区に人を呼び、訪れた人を喜ばせます。いよいよ焼山地区のシバザクラも姿をあらわします。スキー場麓の整備と活用についてお考えをお聞かせください。  2点目は、農業行政についてです。

十和田市議会 2018-11-20 11月20日-一般質問-03号

奥入瀬ビジョンについては、前回の定例会で取り上げており、このビジョンに対する市の見解をただしたところ、西村市長から「市といたしましても自然があってこその奥入瀬渓流である」、「大切に守りながらビジョンに掲げる地域の目指す姿の実現に向けて、官民の各関係主体ビジョンを共有し、連携しながら奥入瀬・十和田湖地域環境保全観光振興の両立につながる取り組みを進めてまいりたい」という、非常に力強い答弁をいただいております

十和田市議会 2018-09-05 09月05日-一般質問-03号

議長工藤正廣君) 副市長       (副市長 西村雅博君 登壇) ◎副市長西村雅博君) おはようございます。堰野端議員のご質問にお答えいたします。  私からは、広域コミュニティについてお答えいたします。人口減少少子高齢化とともに、近隣関係希薄化など、地域を取り巻く環境が変化してきております。  

十和田市議会 2018-09-04 09月04日-一般質問-02号

市長       (副市長 西村雅博君 登壇) ◎副市長西村雅博君) おはようございます。本定例会に提案いたしました認定第1号平成29年度十和田一般会計歳入歳出決算認定について及び認定第5号 平成29年度十和田温泉事業特別会計歳入歳出決算認定についての議案の中に一部誤りがございました。まずもって、不正確な状態で議案を提出したことに対しまして、心からおわび申し上げます。  

十和田市議会 2018-06-19 06月19日-一般質問-03号

議長工藤正廣君) 副市長 ◎副市長西村雅博君) ただいまのご質問にお答えいたします。  先ほど建設部長もご答弁申し上げたとおり、今年度いろいろと基準づくりに努めてまいります。その結果として、来年度の予算編成に生かせるものがあれば、生かしてまいりたいというふうに考えております。  以上です。 ○議長工藤正廣君) 19番 ◆19番(戸来伝君) 大いに期待をして、ここのところは終わります。  

十和田市議会 2018-03-09 03月09日-一般質問-03号

議長工藤正廣君) 答弁、副市長 ◎副市長西村雅博君) ただいまのご質問にお答えいたします。  先ほど民生部長答弁したとおり、現状については市も十分認識しておりますので、今後もその問題解決のために町内会と協力してまいりたいと考えてございます。  以上です。 ○議長工藤正廣君) 8番 ◆8番(舛甚英文君) 前向きにぜひ話し合いをして、そういうことのないようにしてほしいと。

十和田市議会 2018-03-07 03月07日-一般質問-02号

私としては、納得できない施策もありましたが、小山田市長西村市長の連携があればこその見事な行政運営だと敬意を表します。  このような新年度を迎えるに当たり、今回は都市計画の見直しと十和田湖温泉郷並びに郷土芸能についてをお聞きいたします。  まず、都市計画についてですが、市は一言で言えばコンパクトなまちづくりを目指していますが、これがわかったようで、実は意外と難しい。

十和田市議会 2017-06-13 06月13日-一般質問-03号

議長工藤正廣君) 副市長 ◎副市長西村雅博君) 一部事務組合のメリット、デメリットについてのご質問にお答えいたします。  一部事務組合は、2つ以上の地方公共団体協議により規約を定め、その事務の一部を共同処理する地方公共団体組合であり、独立の法人格を持つ特別地方公共団体として設立されたものであり、地方自治法では第284条から第293条にかけて規定されております。  

十和田市議会 2017-06-12 06月12日-一般質問-02号

市長 ◎副市長西村雅博君) 先ほど観光商工部長からも申し上げましたが、ゼロベースで検討ということで考えておりますので、あくまでも市民の皆さんの意見を聞きながら、必要があれば今議員ご提案の件についても検討してまいりたい、そのように考えてございます。  以上です。 ○議長工藤正廣君) 2番 ◆2番(山端博君) わかりました。

十和田市議会 2017-03-21 03月21日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

この際、副市長西村雅博氏から発言の申し出がありますので、これを許します。  副市長 ◎副市長西村雅博君) 議長のお許しをいただきましたので、一言お礼のご挨拶を申し上げます。  ただいまは、議員の皆様の格別なるご高配を賜り、ご同意いただきまして、まことにありがとうございました。十和田市発展のため、小山田市長を補佐し、与えられた職務に対しまして誠実に一生懸命取り組んでまいりたいと思っております。