359件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 2019-09-27

本案は、本年3月に決定した青森操車場跡地利用計画に基づき、青森市土地開発公社保有地である青森操車場跡地北側、東側及び西側用地について取得しようとするものである。  取得の内容については、青森操車場跡地周辺整備推進事業用地として、青森市土地開発公社保有の青森市大字浦町字奥野26番47ほか20筆、総面積8万3506.75平方メートルを、38億3092万2762円で取得しようとするものである。  

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会−09月20日-付録

一方で、現在の小学校の難聴に関わる特別支援学級の設置状況は、馬淵川の西側地域に1校、馬淵川と新井田川の間の地域に1校の計2校であり、学区外から通学している児童生徒もいることから、児童生徒及び保護者の負担や心情等を十分に考慮し、難聴児への支援体制を整備する必要がある。  ついては、現在の設置状況を踏まえ、未設置である新井田川の東側地域に3校目の難聴学級設置校を早急に整備することを要望する。  

青森市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-04

また、相当数の駐車スペースの確保につきましては、南側用地で約300台、東側用地で約700台、西側用地で約200台の計約1200台を確保することとし、市民の雪寄せ場やイベント時の臨時駐車場災害時の一時的な避難場所など多目的に利用できる緑地などを整備するとともに、一部狭隘な区間が残る機関区通りなど、既存道路の拡幅や幹線道路との接続の検討などを行うこととしているところでございます。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

本案は、本年3月に決定した青森操車場跡地利用計画に基づき、青森市土地開発公社保有地である青森操車場跡地北側、東側及び西側用地について取得しようとするものである。  取得の内容については、青森操車場跡地周辺整備推進事業用地として、青森市土地開発公社保有の青森市大字浦町字奥野26番47ほか20筆、総面積8万3506.75平方メートルを、38億3092万2762円で取得しようとするものである。  

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

平成24年4月に策定いたしました青森操車場跡地利用計画素案におきましては、スケジュールの考え方を短期、中期、長期としておりましたが、素案におきまして、中長期の取り組みとしていたもののうち、公共施設の利用につきましては、アリーナプロジェクトの実施を踏まえ、2025年に青森県で開催される国民スポーツ大会及びその前年度に実施されるリハーサル大会を念頭に置きながら整備を進めることとするとともに、東側及び西側用地

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 経済協議会-05月22日-01号

次に、4、道路計画についてでございますが、まず、幹線道路は、開発区域の西側に位置する主要地方道八戸環状線と開発区域の北側に位置する市道河原木豊崎線を結ぶ道路でございまして、この道路を新たに整備するものでございます。この幹線道路は幅員12メートル、両側に歩道を設けた道路であり、八戸北インター工業団地の幹線道路と同程度の規格道路となります。  

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 総務協議会-05月22日-01号

車両の入出場は、原則西側から行い、左向き矢印からゲートをくぐって入場し、出庫は右向き矢印の方向となります。平常時は、進入制限と記載のある場所に別のゲートを設置し、そのゲートを閉鎖して体育館前等に入場させないようにしますが、大会、イベント等の際は、ここを開放し、送迎バスの回転場所や、タクシーの待機所にしたいと考えております。  

八戸市議会 2019-03-19 平成31年 3月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会-03月19日-01号

資料の工事状況の写真では、ホワイエ内部の工事やアリーナ製氷配管工事西側外構工事着手の状況を載せております。  今後の予定ですが、竣工記念イベントは、現在、キャスティングも大詰めに差しかかっており、近いうちに今後のスケジュールがまとまるものと期待しております。  また、新年度に入りましたら、供用開始の日程を確定させ、オープニングイベントの準備にも取りかかってまいりたいと考えております。  

六ヶ所村議会 2019-03-08 平成31年 第1回定例会(第4号) 本文 2019年03月08日

よって、このハザードマップをよく確認をしていただいて、このちょうど今路線が計画されている付近は最大の浸水深さが2メートル未満となってございますので、この路盤を設計するに際してはその2メートルというものを念頭に置いて、なるべく西側に入ったらその2メートルをクリアするような路盤で設計を考えていただきたいということを要望して終わります。

六ヶ所村議会 2019-03-06 平成31年 第1回定例会(第2号) 本文 2019年03月06日

泊地区国道338号西側の公図上「道」及び「公衆用道路」の村道整備に向けた進捗状況について。  平成29年9月定例会で、泊地区は、最大クラスの津波が発生した場合には、集落の約半分が津波浸水区域であり、さらには約4分の3が要避難区域となっております。国道338号の西側は、津波災害の心配がないことなどから、近年、多くの住宅が新築されているところです。

青森市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10

これまで、職員提案やお客様の御意見及び利用状況を参考に、スムーズな案内誘導のための床サインの整備、エレベーターの混雑解消のための非常用階段の開放、青森駅及び駅前公園利用者等のための庁舎1階西側玄関の開放など、より利用しやすい庁舎となるよう改善に努めてきたところでございます。

六ヶ所村議会 2018-12-06 平成30年 第5回定例会(第2号) 本文 2018年12月06日

村が管理する尾駮沼は、河口から西側商工会の手前までの間において、護岸の浸食が激しいなどの理由により、尾駮沼河口から商工会近くの国道338号丁字路付近まで護岸整備を行う計画が先般示されたと聞いております。今年度に実施設計が行われ、来年度から一部工事が始まる予定であることは非常に喜ばしいことであります。  

八戸市議会 2018-10-19 平成30年10月 建設協議会−10月19日-01号

ということで、来年度の指定管理は、西側の管理人を置かない、無人化するという積算で公募をかけさせていただきました。ヒアリングの結果、やはり西側も管理業務が生じる。例えば釣銭切れですとか機器のトラブルとか操作のふなれな場合とか、そういうことで西側のほうも人を置かないとだめなんじゃないかということで、この条件だとなかなか出せないと、そういう理由でございました。  以上でございます。