140件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-09-08 令和2年第3回定例会(第6号) 本文 2020-09-08

死者1万5899人、災害関連死3739人、長期に及ぶ避難で心を病む人も多く、行方不明者2529人の捜索は今も続いています。今後も東北の一員として寄り添っていくことが大切であります。地球温暖化気候変動影響も深刻です。台風大型化豪雨災害中心とする洪水や高潮、熱波などの自然災害の多発。国内ではここ数年、毎年のように河川氾濫土砂災害で深刻な事態となっています。

十和田市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

十和田市でも、駒らん情報めーるで時々行方不明者のお知らせを見ております。公費で個人賠償責任保険に加入し、万が一認知症高齢者が損害を与えたりした場合に補償するなど、認知症問題を社会問題と認識し、行政として積極的に対策を講じていく必要があると思います。  そこで、お伺いいたします。1つ目、市における認知症患者数は、令和2年3月末現在でどの程度かお聞かせください。  

六ヶ所村議会 2020-09-07 令和2年 第4回定例会(第2号) 本文 2020年09月07日

東日本大震災では火災・津波により多くの犠牲者が発生し、いまだ行方不明の方もいると聞いております。地球温暖化影響と思われる大規模自然災害全国各地で頻発し、多くの方々犠牲となっており、さらには長期に及ぶ避難生活等を余儀なくされていることはご承知のとおりでございます。本村の避難施設には非常用自家発電設備飲料水兼用防火水槽や毛布、間仕切り等整備がされているものと思慮しております。

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

これに伴って、認知症による行方不明者も増加しており、警察への届出があったものだけで、平成29年度には年間1万5,000人を超えており、届出が出ていない、短期間で見つかったケースを含めると、実際にはより多くの方が行方不明になっている可能性があります。  認知症になると、症状の一つに家の中や外を歩き回るといった行動が見られます。

十和田市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問-04号

昨年12月の時点で、死者行方不明者は1万8,428名。改めて心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々には心からお見舞いを申し上げます。  被災地でも新型コロナウイルス感染症により追悼イベントが残念ながら縮小、中止になるなど、様々な影響が出ておりますが、これに負けず、より復興創生が進むよう祈念いたしまして、通告に従い質問をさせていただきます。  

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

さらに、高齢者の見守りについても取り組みを進めており、市のメールマガジンによる行方不明高齢者情報配信や、市と協定を締結した民間事業者からの通報による安否確認を行っているところであります。メールマガジン配信の実績につきましては、平成28年度は26件、平成29年度は17件、平成30年度は7件となっております。

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

特に、10月に襲来した台風19号は、死者98名、行方不明者3名、重傷40名、家屋全壊2,902棟、床上浸水1万7581棟、停電52万1540棟、水道の断水16万6152棟などの被害を1都12県にもたらし、激甚災害及び非常災害に指定されたことは記憶に新しいところでございます。被災された皆様には心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧復興を願うばかりでございます。  

十和田市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

県内では3カ所の自治体が認知症の方を事前に登録することで、行方不明になった場合、早期発見に役立てるという見守り事業と、その対象者個人賠償責任補償をあわせた事業を行っていると伺っております。本市でも、認知症の方の行方不明早期発見に役立てる見守り事業を行っており、現在約80名の方が登録をしていますが、個人賠償責任補償をあわせた事業は実施しておりません。  

青森市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-09

そして、10月の雨台風台風第19号では、東日本中心に大規模浸水被害土砂崩れにより90人が死亡、5人が今も行方不明であります。堤防決壊は71河川140カ所に及び、298河川氾濫、884カ所の土砂災害住宅被害は8万7000棟を超え、農林水産業では2900億円以上、中小企業では4700億円以上の被害となっています。

十和田市議会 2019-12-09 12月09日-一般質問-02号

令和元年台風19号では、98人の方が亡くなり、今なお3人の方が行方不明8万棟にも及ぶ住宅被害土砂災害は821件発生し、堤防決壊は71河川、140カ所にもなりました。今現在も1,700人の方々避難生活を余儀なくされています。亡くなられた方、被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧復興をお祈りいたします。  

青森市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-06

死者6434人、行方不明者3人、全壊家屋10万4906棟という甚大な被害をもたらした阪神・淡路大震災から、あと1カ月余りで25年が経過します。今や震災を体験していない、あるいは震災記憶が全くないという若い世代もふえ、神戸市として震災体験の風化を防ぐための防災教育に取り組んでいます。1つに、震災体験から学んだ教訓を生かす。2つに、被害を最小限に抑える防災

青森市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-05

国の資料によりますと、今回と同じような大洪水は、古くは江戸時代、関東で多くの川が氾濫した寛保洪水では約3900人、そして信州の千曲川での戌の満水では約2800人の死者行方不明者が出たとされております。ほかにも1000人以上の死者行方不明者を出した風水害は、御存じのように、室戸台風枕崎台風狩野川台風伊勢湾台風などがあり、過去500年で20回以上に上っているようであります。  

弘前市議会 2019-09-10 令和元年第2回定例会(第3号 9月10日)

このような中、地域密着性要員動員力即時対応力といった三つの特性を兼ね備えた消防団活動は、火災現場のみならず、救急救助活動安否確認避難誘導行方不明者の捜索土砂倒木等の撤去など多岐にわたるものとなっております。  当市の消防団においても、風水害発生時には、土のう積み排水作業を行い、河川氾濫のおそれがある場合には、直轄地域を巡回し、住民への避難広報活動を行っております。

青森市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-09

訓練内容といたしましては、青森地区では、人命救助訓練として、自衛隊による水没家屋からのピックアップ訓練青森海上保安部による河川転落者救助訓練を行い、浪岡地区では、消防団による土のう積み訓練家屋倒壊による行方不明者捜索訓練として、災害救助犬による捜索訓練を実施したところでございます。  

青森市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 2019-09-06

あのときは、気象庁が予測した雨量をはるかに超え、予測雨量の10倍もの雨が降り、河川氾濫土砂災害などで37名もの方が亡くなり、2名の方が行方不明となりました。午前中の雨量では大丈夫と思っていたものが、午後には予報の10倍もの雨量となって住民を襲ったのです。このとき、なぜ気象庁が、あれだけの豪雨を予測できなかったのかを分析していました。

六ヶ所村議会 2019-06-07 令和元年 第3回定例会(第1号) 本文 2019年06月07日

次に、防衛関係についてですが、去る4月9日に航空自衛隊三沢基地所属のF35A戦闘機1機が太平洋上に墜落したとの連絡を受け、防衛省米軍が同機の操縦者及び機体引き上げ捜索活動を続けておりましたが、今月3日、事故原因を究明するための捜索活動を打ち切り、現在行方不明となっている操縦者等確認作業が行われているところであります。  

十和田市議会 2019-03-11 03月11日-一般質問-03号

今現在2,533人が行方不明であります。一日も早く、そして一人でも多く見つかることを心より祈念申し上げます。  それでは、通告に従い質問をさせていただきます。  大きな1番、働き方改革について。なぜ働き方改革をする必要があるのか。政府が働き方改革を掲げた前提は、安倍総理大臣が提唱する一億総活躍社会の実現であります。