139件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-11 令和2年第2回定例会(第3号) 本文 2020-06-11

現在、事業本格実施に向けまして、関係機関である青森後期高齢者医療広域連合医師会歯科医師会薬剤師会などとの調整を行っているところであり、市としては、国の方針を踏まえつつ、高齢者心身の多様な課題に対応し、きめ細かな支援を行っていけるよう積極的に取り組んでまいりたいと考えております。  

青森市議会 2020-06-10 令和2年第2回定例会(第2号) 本文 2020-06-10

教育委員会では、青森市の医師会歯科医師会学校薬剤師会の御協力の下、各学校において健康診断が可能な限り速やかに実施できるよう指導してまいります。  先ほど変動料金部分での3か月分の支払いが必要なくなりましたと申し上げましたが、正しくは3月分の支払いでありましたので、謹んでおわびし、訂正させていただきます。  

弘前市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 9日)

商工部長(秋元 哲) たしか病院とか薬剤師とかでやっているような感じが……(「分がるが・分がんねえがだ」と呼ぶ者あり)分かっております。  以上です……(「それでそのことですよ」と呼ぶ者あり)はい、そういう取組事例も今後研究していきたいというふうに思います。 ○議長(清野一榮議員) 一戸議員。 ○19番(一戸兼一議員) しっかりと聞いてください。

青森市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 2019-12-10

本市の救急医療体制の中において、初期救急医療施設として、初期救急医療体制中心的役割を担っている当センターは、平日は19時から23時まで、日曜、祝日及び年末年始を12時から18時までと、19時から23時までの開院時間を、市医師会から派遣される医師3名と薬剤師1名、看護師2名、事務員2名により運営されており、年間約8000名以上の方々が利用されています。

弘前市議会 2019-09-09 令和元年第2回定例会(第2号 9月 9日)

特に大きな課題である事業系ごみ対策につきましては、さまざまな分野の団体との協力推進するため、今年度においても協定締結を重ねており、6月26日には弘前市医師会弘前歯科医師会弘前薬剤師会と、7月23日には弘前料理飲食業組合と、そして8月21日には青森宅地建物取引業協会全日本不動産協会青森県本部のほか、つがる弘前農業協同組合、津軽みらい農業協同組合、相馬村農業協同組合と、それぞれに個別具体協定

青森市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-04

この事業は、在宅医療推進医療介護連携促進フレイル予防推進生活支援体制構築高齢者の多様な社会参加促進を柏市の豊四季台という地域中心に、柏市、東京大学高齢社会総合研究機構UR都市機構協定のもとに、医師会歯科医師会薬剤師会などと官民連携により進めています。

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

今年度におきましても、6月26日には弘前市医師会弘前歯科医師会弘前薬剤師会の3者と、7月23日には弘前料理飲食業組合との協定締結を予定しており、ごみ減量に向けた連携協力の輪をさらに広げてまいります。そして、市役所内部におきましても、ごみ減量化に向けて率先して行動するために、全職員対象としたごみ減量に係る庁内研修を実施いたしました。  

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

介護資源把握、2つには、在宅医療介護連携課題の抽出と対応策の検討、3つには、切れ目のない在宅医療介護提供体制構築推進、4つには、医療介護関係者情報共有支援、5つには、在宅医療介護連携に関する相談支援、6つには、医療介護関係者研修、7つには、地域住民への普及啓発8つには、在宅医療介護連携に関する関係市区町村連携8つ事業項目があり、市では、市の医師会歯科医師会薬剤師

青森市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-14

また、市では、市医師会歯科医師会薬剤師会の三師会関係機関で構成する在宅医療介護連携推進会議において、医療介護を必要とする高齢者が、できる限り住みなれた地域で自立した生活を送ることができるための方策を検討している中で、自宅でのみとりに関しては、まずはかかりつけ医相談することからみとりは始まるという市医師会の助言を受け、医療介護サービス内容をわかりやすく記載したリーフレット等でその旨を御案内

弘前市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第5号12月14日)

それで、この病院には救急車搬入が、もうかなりの救急搬入がされているわけですけれども、そういう中でここの病院は、救急車で来ている患者がそういう、手おくれ死だから、あしたヒロロでそういう、困っている方の相談医師薬剤師、看護師社会福祉士のスタッフ10名があしたヒロロで、それは各町会にもチラシをお配りして、困っている方はこういうふうですよというような形で相談に来てくださいということをあしたやります。

弘前市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第3号 6月20日)

また、平成24年度から、医師薬剤師などの外部講師を招き、全市立小中学校対象に実施している弘前健康教育講座においても、がんに関する内容に触れております。  教育委員会といたしましては、これら知識理解に加え、がんとの向き合い方、生き方、こういったことについて考えさせるなど、心身とも健康な生活を送っていくための心の教育の充実も重要であると認識しております。

青森市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 2018-06-13

まず、学校給食施設については、客観的な衛生管理状況の確認を目的として、青森学校薬剤師会により、食器の洗浄度を確認する残留でん粉残留脂肪検査等を実施しております。また、公益財団法人青森学校給食会により、施設設備器具類洗浄不足を確認する拭き取り検査等を実施しております。各種検査において、指摘や指導があった箇所については改善を図り、食中毒防止に努めております。  

青森市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 2018-06-12

事業では、市の医師会歯科医師会薬剤師会の3師会を初めとする関係機関連携し、多職種協働による医療介護を安定的、一体的に提供できる体制構築するため、8つ項目に取り組んでおります。その取り組みの一つには、地域医療介護資源把握として、既存の医療介護情報の整理及び市ホームページでの医療機関介護事業所に関する情報の掲載。

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

第2章では、人員に関する基準を定めており、第4条では、主として、長期にわたり療養が必要で、重篤な身体疾患を有する者、また、身体的合併症を有する認知症高齢者等を入所させる「I型療養床」と、それ以外の「II型療養床」のそれぞれの薬剤師、看護職員及び介護職員員数を規定するなど、従業者員数等について規定している。  

弘前市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第6号 3月14日)

保健・医療関係者として、医師会歯科医師会薬剤師会、栄養士会推薦する者。公共的団体等推薦を受けた者として、養護教員会食生活改善推進員会、ひろさき健幸増進リーダー会健康づくりサポーター連絡協議会町会連合会商工会議所からの推薦関係行政機関職員として、弘前保健所。公募による市民2名程度を考えている。」との理事者の答弁でありました。  

弘前市議会 2018-01-31 平成30年第1回臨時会(第1号 1月31日)

ただいま想定してございますのは、弘前大学本学、それから弘前大学医学部附属病院、それから弘前市医師会弘前歯科医師会弘前薬剤師会などでございます。これが地元関係の主なものでございます。  それから、国の諮問機関委員をやっていらっしゃる方とか元委員であった方――東京のほうの大学の教授などでございますが、それらの方を想定してございます。

弘前市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第4号 9月 7日)

ですから、医師が4人、看護師が31人、あと薬剤師、管理栄養士ということで、放射線・検査事務を含めて101人なわけですけれども。これでいきますと、87床でこういうような形の人数なわけですけれども、240人の雇用というのはどういうふうにして考えているのか。これでいくと、かなり、職員のほうが全部入れるのかという不安もあると思うのですけれども、その辺についてはどうでしょうか。

青森市議会 2017-06-30 平成29年第2回定例会[ 資料 ] 2017-06-30

参議院議員会館において、脳卒中循環器病対策基本法の今国会での成立を求める患者家族医療関係者の会合が、脳卒中循環器患者会家族会のみならず、日本脳卒中協会日本言語聴覚士協会日本理学療法士協会日本作業療法士協会日本脳卒中学会日本神経学会日本脳神経血管内治療学会日本循環器学会日本心不全学会日本高血圧学会日本循環器病予防学会日本心臓病学会日本心臓財団日本医師会日本歯科医師会日本薬剤師連盟