359件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

また、公募設置管理制度の活用により民間事業者設置できるとされている自転車駐車場、地域における催しに関する情報を提供するための看板、広告塔などの占用物件、いわゆる利便増進施設に係る占用使用料についても同様に、青森行政財産目的外使用料条例により算出した額とするものである。  施行期日は、令和2年4月1日としている。  

弘前市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第5号 3月 9日)

昭和50年に北和徳工業団地整備されて以来、近年まで企業誘致が順調に進み、工業団地に勤務する多くの人々が通勤に利用していることから交通量も多く、平成17年に岩木川右岸環状線が開通した現在でも朝夕のラッシュ時には車両が集中し、自転車歩行者安全確保が必要な路線であると認識しております。  

弘前市議会 2019-12-10 令和元年第3回定例会(第2号12月10日)

その後の対応につきましては、個々の状況によって自転車歩行者の通行を著しく妨げるおそれがあると判断した場合には、民法の規定などを踏まえまして、所有者に枝の剪定を依頼しているところであります。また、所有者が明らかでない場合や倒木防止等緊急性が高い場合には、地元町会の御協力や関係機関と連携して、市の直営作業剪定を実施している場合もございます。  

十和田市議会 2019-12-09 12月09日-一般質問-02号

十和田観光電鉄鉄道跡地を利用し、車道を2メートル広げ、主要交差点部右折レーン設置し、自転車歩行者道4.5メートルを設置する工事となっており、安心、安全な歩行空間確保とともに、交差点において朝夕に起こる通勤通学者渋滞緩和につながることとなり、通勤しながら十和田工業高校生を送迎している保護者の方からも、工事完了を待ち望む声も聞いております。  

青森市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 2019-12-05

新城川にかかる岡田橋は、歩道がないために歩行者自転車で通行する人は車道にはみ出る形で通行することになり、大変危険な状況にさらされています。ネットで岡田橋と検索をすると、市のホームページ上の市民の声のページの中に、高校生と思われる男性が2017年5月に岡田橋歩道橋を設置してほしいという切実な訴えをしています。一部を紹介します。  私は通学時、油川地区岡田橋を通ります。

弘前市議会 2019-09-11 令和元年第2回定例会(第4号 9月11日)

何はともあれ、このようなことがなければ知る由もなかった放置自転車現状について、幾つか質問をさせていただきます。  まずは、放置自転車対策の背景と目的についてであります。次に、放置自転車現状として、放置自転車撤去・回収された台数、引き取られた台数をお知らせください。さらに、撤去されながら引き取りに来られなかった自転車もあるとお聞きします。

弘前市議会 2019-09-09 令和元年第2回定例会(第2号 9月 9日)

実は、先般、自転車で岩木山を上がるヒルクライムというイベントが行われております。それで、この岩木のヒルクライム台湾版が、実は関係団体と、県・市も誘致に上がりましたが、中止になったというふうに伺っております。  このヒルクライム台湾版がなぜ中止になったのか。その点に関してお伺いいたします。 ○議長(清野一榮議員) 岩崎観光部長

青森市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 2019-09-06

北側用地整備を予定しております駅前広場には、鉄道からバス、タクシーへの乗り継ぎや、徒歩自転車、自動車利用といった複数の交通手段をつなぐため、バスの停留所、駐輪場及び駐車場などの施設を配置したいと考えており、駅前広場を通じて路線バス鉄道乗り継ぎがなされることを想定しておりますが、交通結節点としての機能強化による新駅利用見込み者数などの算定に当たっての具体的な条件設定推計方法などにつきましては

青森市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-05

青森自由通路整備につきましては、昨年7月18日に鉄道事業者である青森県及びJR東日本と青森自由通路整備等に関する工事施行協定を締結し、昨年度は、青森駅前駐車場及び青森駅前自転車等駐車場機能移転とあわせ、鉄道警察隊事務所移転を順次進め、工事用作業スペースを準備したところでございます。今年度は、荷物搬送用通路撤去を実施したところであり、現在は自由通路基礎工事等を行っております。  

十和田市議会 2019-09-03 09月03日-一般質問-02号

このため、焼山線は国道102号よりも起伏が少なく、徒歩自転車が走りやすいと思っています。焼山線が完成することで、いろいろな観光やレジャーを楽しめるものと思っていますので、そのためにも早期完成をお願いします。  さらには、合併後の整備着手から13年も経過し、路面状況も悪くなり、再び工事をしなければならない箇所も出てくるのではないかと、とても心配です。

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

月見橋は、今、一中の生徒というふうなお話があったとおり、ちょうど土淵川で学区が分かれていまして、通学路と、小学校通学路対策事業箇所にはなっておりませんが、非常に交通量も多く、一部歩道も未整備であるため、通勤通学自転車とか歩行者が橋を通行する際には、議員おっしゃるとおり、車道路肩部分を通行しており、安全性確保が必要であるものと認識しております。  

弘前市議会 2019-06-18 令和元年第1回定例会(第2号 6月18日)

向かいから自転車が来ると、大変危険である。歩道整備してもらえないかとの質問に対し、担当課平成20年9月3日に回答しております。昭和60年から平成元年に道路整備された延長1.8キロメートルの一部に当たりますが、当時、これに隣接する工場敷地沿線用地確保ができなかったことから歩道設置を見送った経緯がある、現時点では整備困難な状況であると回答しております。  

青森市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 2019-06-18

第4の質問は、自転車保険加入の取り組みについてお伺いいたします。  環境に優しい交通手段で、身近で手軽な乗り物として多くの人が利用する自転車普及台数は約7200万台で、自動車台数にほぼ匹敵するほど多くあります。そのため、歩行者や他の自転車を巻き込んだ事故は一向に減ることがありません。そこで、万一の事態への備えが必要であります。また、自転車保険条例の制定が自治体に広がる動きがあります。

十和田市議会 2019-06-17 06月17日-一般質問-02号

現在行われている工事は、十和田観光電鉄鉄道跡地を利用し、車道を2メートル広げ、主要交差点部右折レーン設置し、自転車歩行者道4.5メートルを設置する工事のようです。安心で安全な歩行空間確保とともに、交差点において朝、夕に起こる通勤通学者渋滞緩和にもつながることとなり、通勤しながら十和田工業高校生を送迎されている保護者から、工事完了を待ち望む声を聞いております。  

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

また、高等学校などにつきましては、操車場跡地近隣に所在する学校のうち、徒歩自転車以外の交通手段を利用して通学する生徒がいる学校として、青森中央高校東奥学園高校青森山田高校青森山田中学校の4校の全生徒対象としたものでございまして、対象となる生徒数は約2500人でございます。