25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

十和田市議会 2019-03-08 03月08日-一般質問-02号

また、十和田湖や奥入瀬渓流自然環境保全につきましては、自然公園に基づき、国において国立公園として適正に管理、運営されており、市も国と連携し、観光客に対する国立公園ルールやマナーの啓発に努めております。  したがいまして、現在のところ、市として観光振興目的世界自然遺産への登録を目指す考えはありません。  以上でございます。

弘前市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号 9月11日)

自然公園、森林法に抵触しています。________最も法を犯してはならない立場にありながら、なぜそうなったのかが問題です。  違法伐採に至った経緯について。  岩木山環境保全を図るため、関係団体が組織する岩木山環境保全協議会。この協議会が今回、行政の不祥事にどのようにかかわっていたのか。そもそもこの協議会はいつごろ、何の目的でつくられ、行政にとってどのような役割を担ってきたのか。  

十和田市議会 2016-03-07 03月07日-一般質問-02号

十和田湖での水上バイク利用規制を市が直接行う権限はございませんが、自然公園による乗り入れ規制区域指定県条例での規制などの事例があることから、昨年の7月に環境省青森秋田両県などの関係団体で構成する十和田湖活性化対策会議において乗り入れ規制について情報を共有し、課題解決方法について協議を進めているところでございます。

十和田市議会 2015-06-23 06月23日-一般質問-03号

利用規制につきましては、自然公園による乗り入れ規制地区指定県条例での規制などの方法があることから、市といたしましては水上バイク乗り入れ規制につきましては先進事例を研究するとともに、十和田湖活性化会議などで環境省や県など関係団体とその必要性についてまずは協議してまいりたいと考えております。  以上でございます。

十和田市議会 2014-09-11 09月11日-一般質問-03号

この奥入瀬渓流については、まずもって人の安全確保を第一義として、今後とも県では公園内の道路や遊歩道の管理者として、また国においては自然公園あるいは文化財保護法に基づく許可権者として保護保全に努めていくとのことであり、市といたしましても国、県と共通の理解を図りながら、天然記念物として価値を損なうことのないよう努めていかなければならない、そのように考えております。  

十和田市議会 2013-09-10 09月10日-一般質問-02号

世界自然遺産は、唯一無二の財産を条約に基づく厳しい保護措置で守らなければなりませんが、ユネスコエコパークは登録に伴う新たな法規制などはなく、例えば自然公園などの現行の法律管理運営されることになりますので、自然と人間社会の共生を目的としたさまざまな取り組みを行うことができるという点で大きな違いがございます。  

十和田市議会 2011-09-12 09月12日-一般質問-02号

今回の観音像建立事件は、改善命令に従わなければ、これは当然自然公園で罰則があるわけですから、ぜひ改善命令に従って撤去されることを期待していますが、ただ私が懸念していることは9月の口頭命令も含めて行政指導されてから既に1年にもなりますが、このような方が当市に多額のふるさと納税をしているということを気にかけていますが、この際寄附金云々も含めてどのように考えるのか、ご見解をお聞かせください。

十和田市議会 2010-03-11 03月11日-一般質問-04号

指摘廃屋は、自然公園に基づいて環境省指定して整備する休屋集団施設地区内にあり、土地の所管も環境省となっております。現在環境省では、集団施設区域内の再整備計画の策定を進めており、この計画の中で当該廃屋撤去を検討していると伺っておりますので、一日も早い撤去を望み、要望していきます。  次に、奥入瀬渓流危険木撤去について、特区により市が直接撤去することへのご質問にお答えいたします。

青森市議会 2008-12-18 平成20年第4回定例会[ 資料 ] 2008-12-18

そのほかの写真については、一般質問に関連した写真として、8月23日に火災が発生したりんごセンター写真経年劣化により説明板の修復が検討されている合浦公園内の三誉の松の写真、また、決算特別委員会に関連した写真として、投書により木道整備が不十分なことなどが指摘された自然公園特別保護地区指定されている田代平湿原写真予算特別委員会に関連した写真として、流・融雪溝整備が進められている桜川地区

青森市議会 2008-09-26 平成20年第3回定例会[ 資料 ] 2008-09-26

1 「8月4日の『明鏡』欄に、『田代平湿原管理に不満』との投書があり、沼の異臭や木道整備  が不十分なことなどが指摘されていたが、田代平湿原管理はどのようになっているか」との質疑  に対し、「田代平湿原八甲田を代表する観光地の一つとして、初夏から紅葉シーズンにかけて多  くの市民や観光客利用されており、当湿原は、植物などを自然のままの状態で保全するため、昭  和62年に国が自然公園特別保護地区

十和田市議会 2008-03-07 03月07日-一般質問-03号

ご承知のとおり、奥入瀬渓流国立公園並びに特別名勝及び天然記念物地域指定されていまして、自然公園文化財保護法による規制保護が行われておりますので、電柱等の設置は難しいものと思われます。  なお、県が設置しております石ケ戸休憩所内音声案内等をすることは有意義なことととらえ、県と協議してまいりたいと考えております。また、同所には英語、中国語韓国語のパンフレットを置くこととしております。  

十和田市議会 2007-12-10 12月10日-一般質問-02号

また、十和田八幡平国立公園地内でもありまして、自然公園に基づきまして環境省自然保護や植生の復元など、その指導と監督に当たっているところであります。また、環境省では本年度登山道管理現状調査を行い、平成20年度以降の早い時期に南八甲田北八甲田管理計画に基づいた登山道ルールづくりを進める考えと伺っております。  以上でございます。

十和田市議会 2006-06-15 06月15日-一般質問-04号

十和田湖畔は、現在自然公園それから環境省管理計画に基づきまして、自然景観との調和を図るために構築物等色彩等についてさまざまな規制がなされております。十和田湖周辺観光振興地域活性化を一層図るためには、議員ご指摘特区も含め、これらの規制を緩和していただく必要があると思っております。

  • 1
  • 2