247件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-06-15 06月15日-一般質問-02号

夏休み明け学校になりますと、毎年不登校自殺者が増える傾向にあります。特に子供たちにとって、今年は休みを減らして学習をすることになります。また、こういった中、先生方におかれましては、現場で変わった様子の子がいないのか目を配りながら、同時に第2波を警戒しながらの指導を行わなければなりません。本当にそのご苦労は計り知れません。

十和田市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

また、いじめの実態についても検証し、それらに伴う自殺という最悪の事態ということも防ぎたい」としております。  平成28年には、義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律が成立いたしました。この法律では、小学校中学校における不登校子供支援に関する国、地方公共団体の責務を明らかにしております。

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

子供自殺は、一般に考えられているよりもはるかに深刻です。中学、高校教師の5人に1人は生徒自殺に、3人に1人は自殺未遂に遭遇したことがあるという調査結果もあります。また、最近では死にたいと訴えたり、リストカットなどのように自らの体を傷つけたりする子供たちも、特殊なケースとして片づけることができないほど高い数値を示しています。  

十和田市議会 2020-02-26 02月26日-議長選挙・議案説明・質疑-01号

役割を担う十和田セーフコミュニティ推進懇談会中央病院院長など、高い専門性を有する者5人で構成され、収集した外傷データ分析や、各対策部会の取組に対する評価を行い、適切な助言や情報提供をする外傷サーベイランス懇談会行政関係団体市民団体など69人で構成され、市の課題を8分野に分けて実際の予防対策プログラムを実施する領域別対策部会の、主に3つの組織で構成されていること、当市の長年の課題となっている自殺死亡率

弘前市議会 2019-12-10 令和元年第3回定例会(第2号12月10日)

そのため、子供たちやお年寄りの侵入が心配である」「樹木が高くなり過ぎており、台風での倒木が心配」「そもそも現在、樹木必要性はあるのか疑問である」、主婦からは「日中でも薄暗く、頻繁に自殺者があるとのこと。近くを通るたびに薄気味悪さを感じる」などの声をいただいております。  市においても、今申し上げた現場を確認、視察されていると思いますが、どうでしょうか。

弘前市議会 2019-09-10 令和元年第2回定例会(第3号 9月10日)

ことし5月、川崎市の児童殺傷事件自殺した男は、自宅にひきこもり傾向にあった。同じく5月、40代の男が70代の母親ら二人を刃物で刺すなどして重傷を負わせ、死亡自殺と見られ、母親はひきこもりの息子に仕事をしろと言ったら口論となったという話をしています。さらに7月、元農林水産省事務次官で76歳が、ひきこもりで家庭内暴力もあった44歳の長男を死亡させた事件は、記憶に新しいところです。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 2019-07-04

また、山梨学院大学の江藤俊昭氏は、行政改革の波の中で、議会も同様な理論で改革が必要だと叫んでいる人たちに迎合し、盛んに議員定数削減報酬削減を進めているが、それぞれの議会にとって必要な定数はどれくらいかといった論点を明確にしないまま削減競争に走る姿は、むしろ議会自殺行為に思えてならないと述べています。  

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

話は戻って、太宰氏は71年前の6月13日、当時の愛人であった28歳の山崎富栄氏とともに入水自殺を行いました。転じて、先月末に浅虫の海岸で母子が遺体として発見されました。報道によると、母親は、育児不安を県内の児童相談所相談し、一時的に女児を施設に預けていましたが、引き取りに向けたさなかに行方不明となったという報道を聞いております。

十和田市議会 2019-06-18 06月18日-一般質問-03号

また、新規事業につきましては、ソフト事業ではありますが、社会経済情勢の変化や行政需要多様化に対して、より効率的、効果的な施策を推進していくために、県主体での外国人労働者受け入れ態勢の整備、学校における働き方改革に係る教員負担軽減のためのシステムの導入、そして自殺対策推進に係る精神保健福祉向上のための県との人事交流を取り上げる予定であります。  

十和田市議会 2019-03-19 03月19日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

また、歳出における第2款総務費では、十和田地域広域事務組合負担金について、旧十和田湖支所庁舎等解体工事について、市街地循環バス等実証運行事業について、元気な十和田づくり市民活動支援事業について、高齢者運転免許証自主返納報償について、第3款民生費では、子育て短期支援事業について、未婚の児童扶養手当受給者臨時特別給付金について、生活扶助費について、第4款衛生費では、自殺対策ゲートキーパー養成講座について

十和田市議会 2019-03-11 03月11日-一般質問-03号

一方、このような現代社会の変容は、自殺者数増加社会全体において気分障害などの増加にあらわれているように、教員を含め多くの人々にストレス増加を生み出しており、児童生徒についても学校及び学校以外の機関への多様な種類の相談増加に見られるように、ストレスを抱える者が多くなってきていると言われております。  

六ヶ所村議会 2019-03-08 平成31年 第1回定例会(第4号) 本文 2019年03月08日

2件目の六ヶ所村自殺対策計画の概要については、平成28年に自殺対策基本法が改正となり、自殺を防ぐための計画策定が自治体に義務づけられたことに伴い、同計画を策策定し自殺対策に取り組んでいく旨の説明がありました。  委員からは、1小中学校では陰湿ないじめが原因となり自殺者が発生しているため、教育委員会ではきめ細かな対応を継続していただきたい。

十和田市議会 2019-02-27 02月27日-議案説明・質疑-01号

自殺予防については、「誰も自殺に追い込まれることのない十和田市」を実現するため、「自殺対策計画」に基づく取り組みを進めてまいります。  地域医療推進については、「十和田市立中央病院改革プラン」に基づき、医療の質の向上病院経営安定化を図ってまいります。  また、医師確保に向け、引き続き関連大学へ働きかけるとともに、新しい医師住宅を年度内に整備してまいります。  

六ヶ所村議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文 2019年02月25日

自殺予防対策については、本年3月に策定される六ヶ所村自殺対策計画に基づき、誰も自殺に追い込まれることのない六ヶ所村を目指し、自殺予防対策を総合的かつ効果的に推進してまいります。また、本年4月より六ヶ所村地域家庭医療センターにおいて眼科が開設されることから、村外医療機関へ通院している村民の皆様の負担軽減につながるものと期待するところであります。  

十和田市議会 2018-09-14 09月14日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

歳出における第1款議会費では、議長交際費について、自動車借上料について、第2款総務費では、移住・定住支援事業について、七戸十和田駅からの二次交通確保事業について、婚活支援事業について、地域づくり人材育成事業について、街区表示板更新状況について、第3款民生費では、街路灯LED化について、長寿祝金支給事業について、緊急通報装置設置費等助成事業について、第4款衛生費では、自殺対策取り組みについて、

青森市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06

昨年2月、福島県いわき市の20代の男性職員が、自宅近くで自殺しているのが発見されました。男性は一昨年4月に採用されたばかりで、課税業務を担当し、自殺する直前の平成29年1月の残業時間は125時間でした。しかし、職場のパソコンの使用履歴などからは、実際はさらに100時間近く多かったとのことです。