53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2019-09-13 09月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

任用あるいは勤務条件等については、職員団体協議してまいりたいと考えてございます。  以上です。 ○議長竹島勝昭) ほかに質疑ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) なしと認めます。これにて質疑を終了します。  これより討論に入ります。討論ありませんか。       (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長竹島勝昭) なしと認めます。  これより採決を行います。  

青森市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 2019-09-05

会計年度任用職員制度導入を円滑に進めるため、国のマニュアル指導助言に沿って、県を初め、近隣市町村動向なども注視しながら、職員団体との情報交換を行って遺漏のないよう準備を進めているところでございます。なお、この8月に青森市役所職員労働組合青森市役所現業労働組合青森交通労働組合及び全水道青森水道労働組合と本定例会に提案しております条例案について、情報交換等を行ったところでもございます。  

青森市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-13

会計年度任用職員制度につきましては、制度導入を円滑に進めるため、同マニュアル指導助言に沿って、臨時職員及び嘱託員任用等現状把握を行うとともに、県を初め、近隣市町村動向なども注視しながら、職員への情報提供職員団体との情報交換を行い、遺漏のないよう準備を進めているところであります。

青森市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10

制度導入に向けては、国が作成した会計年度任用職員制度導入等に向けた事務処理マニュアルにおいて、各地方公共団体が具体的な職の設定、職員団体との協議任用勤務条件等の確定、人事給与システム改修関係条例関係規則整備などを行うことが想定されているところであります。  

八戸市議会 2018-09-11 平成30年 9月 定例会-09月11日-03号

今後のスケジュールでございますけれども、総務省から提示されております会計年度任用職員制度導入等に向けた事務処理マニュアル改訂版が10月にも示される予定でございまして、それをもと任用勤務条件等の詳細な検討を進め、職員団体等との協議人事給与システム改修関係条例整備等を経まして、平成32年4月1日の制度導入を目指してまいります。  以上でございます。

青森市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 2018-06-15

職員給与は、これらの原則に従いますとともに、財政状況職員団体との調整を踏まえて決定されるべきものと考えております。  また、通常、事業を実施する際の財源につきましては、今後の持続可能な財政運営を意識し、まずは事業必要性や効果を検証した上でのスクラップ・アンド・ビルドの徹底、既存の補助金の活用、国や県への要望など、その事業の目的に即した方法で確保すべきものと考えております。

八戸市議会 2018-03-07 平成30年 3月 定例会−03月07日-04号

今後の取り組みといたしましては、実態調査の結果をもとに、総務省から示されております事務処理マニュアル等を踏まえながら、任用勤務条件等検討職員団体等との協議人事給与システム改修関係条例等整備職員の採用など、平成32年4月1日の制度導入に向けまして、市民の皆様や関係の方々への周知を図りながら、遺漏のないよう着実に進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。

青森市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第4号) 本文 2017-06-14

この給与削減措置について、その市民に対する姿勢については理解はできるものの、全ての市役所職員を対象とするのは行き過ぎではないかとの意見や、代表する職員団体事前通告もなく削減方針を公表するなど、手続について多くの方から苦言がありました。いろいろありましたが、最終的に労使交渉妥結されました。  間もなく、6月の給与支払い日を迎えます。

青森市議会 2015-09-03 平成27年第3回定例会(第4号) 本文 2015-09-03

市職員の土日・祝祭日の勤務条件変更にもかかわらず、これまで職員団体には一切申し入れがなかったと聞きました。前市長時代労使交渉課題にかかわることについて、全て事前申し入れがあり、そして名称が交渉課題に似ていて誤解が生ずるおそれのあるものでも、遅くとも各派代表者会議の前に通知、説明がされていました。今回は自動交付機の設置ではなく、窓口の大幅な変更だとはつゆにも思いませんでした。非常に残念です。

青森市議会 2015-03-05 平成27年第1回定例会(第4号) 本文 2015-03-05

おら行きたくねえと、そんな職員団体側が財政状況を知りたくねえと。そうしたら、業務命令がかかりました。引っ張られて、無理くり財政内容説明を受ける。そのとき初めて、地方交付税がなんだかんだと引かれていると聞きました。そういう意味では、大変な時期だったことも重なってこういうふうになったんだと思います。でも、バブルが崩壊して、そうそう長くバブルの崩壊が続く、景気が悪くなる、誰も思わない。

青森市議会 2014-06-24 平成26年第2回定例会[ 資料 ] 2014-06-24

                            陳 情 者 青森市桜川四丁目8-2                                   三国谷 清一    ────────────────────────────────────────  陳情第24号           組合事務室無償使用許可の取り消しを求める陳情(不採択) (陳情趣旨) 1.青森市役所には、地方公務員法上の登録職員団体

八戸市議会 2014-03-03 平成26年 3月 定例会−03月03日-02号

市では、これらの状況を受け、再任用制度の新たな運用方針について検討を進めるため、定年退職予定者への意向調査や再任用職員の配置に関する各課ヒアリングなどを実施するとともに、職員団体協議を重ねてまいりました。その結果、市におきましても、国の閣議決定趣旨を踏まえ、定年退職者が再任用を希望する場合は、原則として年金支給開始年齢に達する年度の末日まで再任用する方針としたものでございます。  

八戸市議会 2013-11-21 平成25年11月 総務協議会-11月21日-01号

一方、職員団体とその取り扱いについて、継続協議としておりました12月に支給予定期末勤勉手当につきましては、1つには、当市期末勤勉手当の額が国の水準を上回らないこと。2つには、県内他市及び東北主要都市において減額を実施しないこと等の理由によりまして、当市においても減額しないことといたしましたので、御報告を申し上げます。  以上で説明を終わります。

八戸市議会 2013-06-10 平成25年 6月 定例会−06月10日-02号

したがいまして、まずは私を初めとした特別職給料を削減することとし、さらには、甚だ不本意ながらも、職員に負担を強いることになりますが、苦渋の思いで職員給与削減についての方針を決断し、現在は職員団体交渉しているところであり、まとまり次第今議会に関係条例を追加提案したいと考えておりますので、御理解をいただきたいと思います。  私からは以上でございます。  

青森市議会 2012-12-06 平成24年第4回定例会(第4号) 本文 2012-12-06

議員からお話のあった際に、疑わしいということで、自主的に撤去されたというところでございまして、先ほど中にポスターとかがあるんじゃないかということで、それじゃ、どうなのかということになりますと、一応職員団体行為というものについては、特に政治的行為が制限されているわけじゃないという状況にあることをひとつ御理解いただければと思います。  

八戸市議会 2012-03-07 平成24年 3月 定例会−03月07日-04号

当市におきましても、より地域状況を反映すべきとの立場から、県の人事委員会勧告に準じて、職員団体とも協議をしながら給与の改定を行ってきたところであります。  一方、当市では、厳しい財政状況に対応するとともに、行財政改革に一層取り組むため、平成14年4月から、課長級以上の職員管理職手当減額を行っております。

青森市議会 2012-03-07 平成24年第1回定例会(第6号) 本文 2012-03-07

例えば、この中に職員団体との交渉とあるんです。委託する事業内容は、職員団体からの勤務条件維持改善要求や当局からの勤務条件変更申し入れに関し、事前交渉事務担当者交渉理事者交渉等を重ね妥結点を探り、労使双方が納得する執務環境を構築する。事業費266万円、うち担当職員人件費266万円。要するに、労使交渉までも例外なく。給与計算事務も一部委託しているんです。

八戸市議会 2011-06-21 平成23年 6月 定例会−06月21日-03号

これまで地方公務員給料及び諸手当決定に際しては、労働基本権が制約されていることから、その代償措置として適正な給与を確保するため、都道府県においては、それぞれの人事委員会民間給与との格差を比較し、給与水準格差があった場合には、それを是正するように勧告を行い、その勧告に基づいて給与決定される仕組みとなっており、当市におきましても、より地域状況を反映すべきとの立場から、県の人事委員会勧告に準じて、職員団体