30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

市では、現在、単身世帯高齢者に特化した居住確保に関する取り組みは行っていないところでございますが、高齢者居住確保につきましては、第2期青森住生活基本計画におきまして、基本的な施策の一つである「民間賃貸住宅を含めた住宅セーフティネット機能の充実」の中で、高齢者が安心して入居できる賃貸住宅確保するためのサービス付き高齢者向け住宅や、高齢者終身にわたり安心して居住できる仕組みとして創設された

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

ドイツでは、「戦争犯罪人人道に反する罪に時効はない」という国際法に基づき、今でも戦犯を追及し犠牲者謝罪賠償を行っており、イタリアでも国家賠償法制定犠牲者終身年金支給している。また、当該条約に批准していないアメリカカナダでも戦争中の日系人強制収容について謝罪賠償が行われている。  治安維持法制定から93年経過し、生存する犠牲者はわずかとなっている。

青森市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 2018-06-14

その1、高齢者が安心して入居できる住宅確保のために設けられた終身建物賃貸借制度取り組みと普及が必要と考えるがどうか。  その2、高齢者障害者のみの世帯などに対する間口への寄せ雪軽減の実績を示してください。  その3、身寄りのない高齢者のための市としての終活支援策を示してください。  最後の質問は、バス待ち環境について伺います。  

青森市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 2018-06-12

それは労働や就労に関していうと、一人一人の専門性や職種は会社が決め、育成会社が行うというこれまでの終身雇用前提としたシステムから、個人がみずから主体的にキャリアの選択を行う形に変わっていくことになります。そして仕事のあり方自体も、人工知能──AIやロボティック・プロセス・オートメーションといった新技術によって大規模かつ急速に変化することが予測されます。

青森市議会 2017-10-03 平成29年第3回定例会[ 資料 ] 2017-10-03

ドイツでは、「戦争犯罪人人道に反する罪に時効はない」という国際法に基づき、今でも戦犯を追及し犠牲者謝罪賠償を行っており、イタリアでも国家賠償法制定犠牲者終身年金支給している。また、条約に批准していないアメリカカナダでも戦争中の日系人強制収容について謝罪賠償が行われている。  

弘前市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第4号 3月 2日)

青森市では、おひとりさまを支援するNPO法人SOLOや八戸市の一般社団法人日本サンライフ終身身元保証協会、弘前市においては一般社団法人権利擁護あおい森ねっとがあります。  同紙の1月9日付に、民間の調査によると終活への関心が急速に高まっているとの記事で、同居が当たり前だった時代は家族が死後のこともやってくれたが、最近は自分で決めて準備しておかなければならなくなってきたとのこと。  

十和田市議会 2016-09-07 09月07日-一般質問-02号

終身雇用年功序列賃金を特徴とする日本型雇用が維持されていた1990年代半ばまでは、大学進学者家庭の多くは子供学費を支払うことが可能であり、奨学金受給者は全学生の中で少数派でした。しかし、学費が高騰し世帯年収が下がり続ける中で、家庭教育費負担がかつてなく重くなっています。既に大学生の5割強、大学院生の6割超が何らかの奨学金を受給しなくては学業が続けられないのが実態です。  

青森市議会 2016-06-28 平成28年第2回定例会[ 資料 ] 2016-06-28

ドイツでは、「戦争犯罪人人道に反する罪に時効はない」という国際法に基づき、今でも戦犯を追及し犠牲者謝罪賠償を行っており、イタリアでも国家賠償法制定犠牲者終身年金支給している。また、条約に批准していないアメリカカナダでも戦争中の日系人強制収容について謝罪賠償が行われている。  治安維持法制定から90年が経過し、生存する犠牲者はわずかとなっている。

青森市議会 2015-09-25 平成27年第3回定例会[ 資料 ] 2015-09-25

イタリアでも国家賠償法で反ファシスト政治犯終身年金支給している。アメリカカナダでは、第二次世界大戦中強制収容した日系市民に対し、1988年に市民的自由法制定し約2万ドルないし2万1000ドル(約250万円)を支払い大統領謝罪している。韓国では、治安維持法犠牲者愛国者として表彰し、犠牲者年金支給している。  

青森市議会 2015-09-25 平成27年第3回定例会(第8号) 本文 2015-09-25

イタリアでも、国家賠償法で反ファシスト政治犯終身年金支給しています。アメリカカナダでは、第二次世界大戦中に強制収容した日系市民に対し1988年に市民的自由法制定し、約2万ドルと2万1000ドルをそれぞれ支払い、国が謝罪しています。韓国では、治安維持法による逮捕、投獄された者は愛国者として表彰し、懲役1年以上の犠牲者年金を毎月16万円支給しています。

弘前市議会 2015-06-24 平成27年第2回定例会(第3号 6月24日)

文科省は、学校教育におけるキャリア教育の推進が必要であるとされる背景について、少子高齢化社会の到来や産業・経済構造的変化雇用多様化流動化が進み終身雇用の慣行もなくなり、就職・就業をめぐる環境が変化している。その中でも、特に若年層における社会人職業人としての資質・素養の欠如や、その背景にある精神的・社会的な自立のおくれを問題視している。  

弘前市議会 2013-09-11 平成25年第3回定例会(第3号 9月11日)

経済が順調に伸長する時代にあっては、学校教育を終えると安定した職場が得られ、政治社会に無関心であっても終身雇用年功序列によって安定した生活が保障されてきました。  また、生活が豊かになり、価値観多様化してくると政治に関する関心は相対的に低下するという状況が生まれております。  

青森市議会 2013-03-25 平成25年第1回定例会(第8号) 本文 2013-03-25

ドイツではナチス犠牲者に年間1人当たり約80万円の年金支給イタリアでは反ファシスト政治犯終身年金支給アメリカカナダでは、第二次世界大戦中に強制収容した日系市民に対し、市民的自由法を策定して賠償金支払いと国として謝罪をしています。韓国では、治安維持法による逮捕投獄者愛国者として表彰し、懲役1年以上の犠牲者年金16万円を支給しています。

青森市議会 2013-03-25 平成25年第1回定例会[ 資料 ] 2013-03-25

イタリアでも国家賠償法で反ファシスト政治犯終身年金支給している。アメリカカナダでは、第二次世界大戦中強制収容した日系市民に対し、1988年に市民的自由法制定し約2万ドルないし2万1000ドル(約250万円)を支払い大統領謝罪している。韓国では、治安維持法犠牲者愛国者として表彰し、犠牲者年金支給している。  

青森市議会 2012-09-06 平成24年第3回定例会(第4号) 本文 2012-09-06

以来、経済経営合理性から定着してきた終身雇用年功序列という日本型雇用システムのもと、男女分業前提として、あらゆる日本社会システムが形づくられてきました。しかし、1990年代初頭のバブル経済崩壊後には、その社会システムにほころびが目立ち始め、世界同時不況少子高齢化の進行とも相まって、右肩上がり経済成長前提とした日本社会雇用システムは今また大きな見直しを迫られております。

弘前市議会 2011-09-09 平成23年第3回定例会(第5号 9月 9日)

一方、一般職においては、一たび正規職員に任用された場合には、分限処分、あるいは懲戒処分等の事由に該当しない限り、その意に反して退職することはない終身職のため、その間の成績主義に基づいて昇任や給料月額が決定されております。  この2点が一般職特別職との区別の条件となっておりますが、最近、市長が地方自治法第204条に規定する常勤の特別職という位置づけについて議論が出ております。  

弘前市議会 2011-06-22 平成23年第2回定例会(第4号 6月22日)

「一年の計は穀を樹うるにあり、十年の計は木を樹うるにあり、終身の計は人を樹うるにあり」と言われます。人材育成人づくりこそが最も大事かと思っています。  次代を担う子供たちが新しい自分づくりに挑戦し、これからの時代をたくましく生き抜く人間力がはぐくまれるよう、その教育の実現と環境づくりに全精力を傾けて取り組むことが使命であると認識しております。  

青森市議会 2011-03-24 平成23年第1回定例会[ 資料 ] 2011-03-24

イタリアでも国家賠償法で反ファシスト政治犯終身年金支給している。アメリカカナダでは、第二次世界大戦中強制収容した日系市民に対し、1988年に市民的自由法制定し約2万ドルないし2万1000ドル(約250万円)を支払い大統領謝罪している。韓国では、治安維持法犠牲者愛国者として表彰し、犠牲者年金支給している。  

青森市議会 2011-03-24 平成23年第1回定例会(第8号) 本文 2011-03-24

イタリアでも国家賠償法で反ファシスト政治犯終身年金支給しています。アメリカカナダでは、第2次世界大戦中に強制収容した日系市民に対し1988年に市民的自由法制定して約2万ドルと2万1000ドルをそれぞれ支払い、国が謝罪しています。韓国では治安維持法による逮捕投獄者愛国者として表彰し懲役1年以上の犠牲者年金を毎月16万円支給しています。

青森市議会 2011-03-03 平成23年第1回定例会(第3号) 本文 2011-03-03

企業の終身雇用も崩れ、職の縁も薄くなってきています。いわゆるきずなが急激になくなりつつあり、そして看過できないのは、縁をつくることができない人とできている人との格差が絶望的なまでに広がっているという現実です。昨年の夏、大きな社会問題になった地域から孤立する高齢者がふえる中で、地域全体で高齢者を支えるネットワークづくり、在宅で安心して暮らすことができる仕組みづくりは、地域福祉の新しい要請であります。

  • 1
  • 2