326件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2020-03-18 令和 2年 3月 総務協議会-03月18日-01号

基本目標1、多様な就業機会創出する、これを支える人材を育て活かすでは、展開する施策施策1、地域産業の成長・発展として、主な個別施策①農水畜産業競争強化②中小企業及び小規模事業者経営強化企業立地促進③販路拡大八戸港の物流機能強化を掲げるとともに、施策2、雇用起業事業承継促進として、主な個別施策①雇用就業支援②起業促進に、今回③の事業承継促進を追加しております

八戸市議会 2020-03-16 令和 2年 3月 予算特別委員会−03月16日-04号

A棟整備目的につきましては、漁船の構造改革と連携しながら、高度な衛生管理レベルである対EU輸出基準に対応させることによりまして、従来の産地市場にない安全安心な水産物消費者に供給すること、加えて水産物付加価値向上を図り、国際競争強化を目指したものであります。こういった目的のため、先駆的ではありましたが、取り組むという決断に至ったものと認識しております。  以上です。

八戸市議会 2020-03-13 令和 2年 3月 予算特別委員会-03月13日-03号

◆山名 委員 つまり、1者しか応募してこないということで、競争が全く働いていないことについては包括外部監査においても指摘をされておるところだと思っていました。当然、競争が働いていないわけですので、そういう意味において、指定管理料費用も割高になってきているのではないのかと思いますけれども、ここ何回かの費用をお知らせいただきたいと思います。指定管理料です。

十和田市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

競争をつけて維持していくためには、二次交通の充実や提供するサービスのレベル向上すること、保全と利用のための先進的な取組も大切になってくると考えます。  そして、奥入瀬渓流十和田湖畔の魅力を味わえる様々な体験を提供することが、天候に左右されにくい、季節を問わずに来訪したいと思える世界的なブランド化につながり、持続可能な観光への可能性を広げていけると考えられます。  そこで、質問いたします。

八戸市議会 2020-03-04 令和 2年 3月 定例会-03月04日-02号

中でもA棟でありますけれども、産地競争向上を牽引する、生産から流通一体戦略的ブランド品で、出荷体制を整備するという目的で、世界で最も厳しいとされるEUへの輸出基準に対応した施設ということで、八戸漁港における高度な衛生管理のシンボルということで、今回の、これは今回といいますか、平成19年度の事業採択におけます中心的な位置づけで計画に盛り込んでいったところであります。

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

国の農業政策の現状は、自由化拡大路線で、農家国際競争を強い、家族経営中心日本農業よりも大規模化を優先するものであり、小規模家族経営農家を苦境に立たせていると言わざるを得ません。2019年に国連が呼びかけた「家族農業の10年」が始まり、ことしは2年目です。農家の声に耳を傾け、支援する地方自治体の役割が求められています。  

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会(第8号) 議事日程・名簿 2019-12-24

59  議員提出議案第25号 被災者生活再建支援法の改正を求める意見書  第60  議員提出議案第26号 CSF豚コレラ)の早期終息に向けた緊急かつ具体的な対策を                  求める意見書  第61  議員提出議案第27号 あおり運転に対する厳罰化とさらなる対策強化を求める意見                  書  第62  議員提出議案第28号 スマート農業実現による競争強化

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

令和元年12月24日    ────────────────────────────────────────  議員提出議案第28号        スマート農業実現による競争強化加速を求める意見書(可決)  農林水産業食品産業の現場では、依然として人手に頼る作業熟練者でなければできない作業が多く、省力化人手の確保及び負担の軽減が大きな課題となっている。

青森市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会 目次 2019-11-28

26号 CSF豚コレラ)の早期終息に向けた緊急かつ具体的な対策を            求める意見書日程第60)……………………………………………………… 313  議員提出議案第27号 あおり運転に対する厳罰化とさらなる対策強化を求める意見書            (日程第61)……………………………………………………………………… 313  議員提出議案第28号 スマート農業実現による競争強化

八戸市議会 2019-10-21 令和 1年10月 総務協議会-10月21日-01号

そういう意味ではちょっと活性化ももちろんしているんだけれども、より活性化するという意味での競争というのが働いていかなくて、第二の役所的になっていくんじゃないかという御意見も市民の方から寄せられております。そういったことで、やはりその辺のあり方とか、それからあと、一事業者が複数とっている。

八戸市議会 2019-09-18 令和 1年 9月 広域連携推進特別委員会−09月18日-01号

圏域内中小企業者が自社のすぐれた技術や高付加価値製品等を生かし、市場での競争を維持できるよう,知的財産権に関する普及や啓発、課題に対する相談国内特許等取得に対する補助支援を行うものでございまして、今年度の実施状況知的財産権に関する相談、指導を実施するほか、7月22日及び8月23日に知的財産権に関するセミナーを開催しております。

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

先日の地元紙では、ハード事業見直し財源を確保し、子育て支援などをより充実させ、他都市との競争を高めるべきとの声があると報じています。これまで箱物事業に異を唱えてきた一人として、まさしくそのとおりだと考えます。  そこで、当市に係る子ども医療費助成事業所得制限を緩和すべきと提言しますが、市長の所見を伺います。  

青森市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-04

自主財源を確保すること、また、歳出については、ソフト事業について、事業の選択と集中を図り、継続事業の徹底した見直しを行いつつ、さらに、総合計画に掲げた取り組みに資する新たな事業創出を促すとともに、ハード事業については、ファシリティーマネジメントの理念に基づき、真に必要な投資を厳選するほか、公営企業等については、さらなる経営健全化のための改革を推進することで繰出金抑制を図ることなどにより、都市競争

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

市では、引き続き他地域からの企業誘致活動を展開しながらも、地域の資源を生かし、地域に根差した地元企業に対する技術力向上経営基盤等強化支援により他地域との競争向上させ、さらなる雇用創出事業規模拡大を促し、結果として若者の人口流出抑制定住促進につなげ、地域経済活性化を図ってまいりたいと考えております。  以上であります。

青森市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 2019-06-19

3つには、品質面国際的に高い競争を有していること。また、果汁につきましては、1つに、TPP11参加国及びEUからの輸入量は、輸入量全体のうち、いずれも約1割であること。2つには、国産果汁は高品質で、輸入品との差別化が図られていることなどから、国によるとTPP11及び日欧EPAによる影響は限定的であるとされており、本市においても同様と考えております。