運営者 Bitlet 姉妹サービス
100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号 まず、火葬炉リニューアルの整備内容ですが、火葬炉自体の回転率を上げ、稼働率を減少させることとなると、今までとは異なる高性能の火葬炉の導入が必要となります。それは、従来型のれんが炉であるならば、熱効率やメンテナンスに課題があることから、どのような火葬炉を導入し効率化を図るのか、お伺いします。   もっと読む
2019-02-26 八戸市議会 平成31年 3月 定例会-02月26日-01号 道路網、公園・墓園等の整備については、新たに公園管理の包括的民間委託を試行的に実施する経費を計上したほか、生活道路の新設改良工事費及び舗装打換工事費、斎場火葬炉等改修事業費を計上いたしました。  以上の第6次八戸市総合計画の体系に含まれる事業のほか、移住交流促進事業費、庁舎非常用発電設備改修経費、各種選挙事務経費を計上いたしました。   もっと読む
2018-12-26 青森市議会 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26 1 「議案第177号の対象施設である霊園の草刈り業務は委託するとのことだが、本案の対象施設である斎場の草刈り業務は委託しないのか」との質疑に対し、「斎場についても委託している業務はあるが、霊園の業務においては、草刈りの業務は大きな比重を占めるものであるのに対し、斎場の主な業務は遺体を火葬することであり、その点で業務に相違があるものである」との答弁があった。 もっと読む
2018-12-10 青森市議会 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 2018-12-10 続きまして、火葬場の整備、火葬件数についての御質問にお答えいたします。  青森市斎場は、昭和47年度に整備した鉄筋コンクリート造の施設で、人体炉7基、胎児炉と動物炉が各1基の合計9基の火葬炉を有しております。 もっと読む
2018-12-10 八戸市議会 平成30年12月 定例会-12月10日-02号 この事業開始に当たりましては、身元が判明していても引き取り手がない遺体を市が公費で火葬と納骨を行う件数が急増し、市の無縁納骨堂が満杯になったことが背景にあるとのことです。  当市における終活支援につきましては、高齢福祉課及び市内12の日常生活圏域に設置している高齢者支援センターが高齢者の福祉や生活などに関する各種相談業務等を行っており、その中で終活についての相談も受けております。 もっと読む
2018-09-06 青森市議会 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06 私は身内がいない人が死亡した場合、市が弔うことになるので、その際に、合葬墓に生前予約していないかどうか、死亡届を受け付ける窓口とか、火葬許可証を発行する窓口でチェックできるようにすれば、身寄りがない人であっても、その人の希望をかなえることができるのではないかと考えています。 もっと読む
2018-03-13 八戸市議会 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号 2つ目は、高齢化進展に伴う火葬件数の増大化に対しての課題。そして3つ目は、近年の葬送儀礼の市民の意識変化に伴う火葬ニーズに対しての課題。それぞれの課題解消への対応を図るという意味で、大きな点であると思っております。その上で、近代化されたリニューアル斎場構築を目指すものであると思いました。   もっと読む
2018-03-05 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−03月05日-02号 政策公約の4つの政策分野に沿って、新年度予算に組み込んだ事業を申し上げますと、1、市民の安心向上においては、新たに子育て世代包括支援センター事業費、斎場火葬炉等改修事業費、国土強靱化地域計画策定事業費、防犯灯LED化エスコ事業費を計上したほか、乳幼児等医療費関連経費を拡充するとともに、引き続き総合保健センター整備事業費を計上いたしました。   もっと読む
2018-02-27 八戸市議会 平成30年 3月 定例会−02月27日-01号 次に、斎場及び霊園の整備についてですが、現在の八戸市斎場は、昭和57年に供用開始し、その後、火葬件数の増加に対応して火葬炉や待合室を増設してまいりました。  当初設置した火葬炉は35年が経過し、老朽化が進んでいることから、今後増加が見込まれる火葬件数にも対応し、誰もが利用しやすいユニバーサルデザイン化による施設設備のリニューアルを進めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2017-12-12 八戸市議会 平成29年12月 定例会−12月12日-03号 私は、八戸市の高齢化進展に伴う死亡者数増加に対して、八戸市斎場の行政対応について幾度かこの壇上において、火葬件数の現状及び近未来の推計、また火葬炉の稼働率、そしてその課題と今後の対応について取り上げてきました。   もっと読む
2017-09-06 弘前市議会 平成29年第3回定例会(第3号 9月 6日) これは、無縁者の火葬、埋葬の義務を負うのは自治体であるということからきております。檀家のお金で運営されている一部のお寺に埋葬、弔いをお願いすることは、自治体としても好ましいことではないことは明白であります。将来、子や孫に墓の管理の負担をかけたくないと思う人たちや、経済的な理由から自治体に死んだ後の面倒を見てもらいたいと思う人たちから、合葬墓の設置が求められていると理解しております。   もっと読む
2017-09-05 十和田市議会 平成29年  9月定例会(第3回)-09月05日−一般質問−02号 患者が病気など自宅で亡くなった場合、火葬に必要な死亡診断書の交付を受けるには、医師法で医師の診断を義務づけています。医師がすぐに訪問できない山間部や離島、かかりつけ医が夜勤などで直ちに持ち場を離れられない場合は、長時間自宅にとどめ置かれたりします。 もっと読む
2017-07-21 八戸市議会 平成29年 7月 民生協議会-07月21日-01号 皆さん、いろいろ調べているようだけれども、いわゆる左折、右折の保健センターのほうに、火葬場に行くほうと、左に曲がると吹上のほうに行くのと、指差しの時間差の信号機、これがないものだから、交通事故寸前の状況になると思うんです。これがオープンするとひどいことになると思いますから、当然そこをわきまえて、そういう周辺の道路環境整備の人になりますが、それもひとつ頭に入れておいていただきたいと。 もっと読む
2017-06-13 十和田市議会 平成29年  6月定例会(第2回)-06月13日−一般質問−03号 十和田市では、それを広域事務組合と呼び、消防事務と学校給食事務は六戸町と、火葬業務はそれにおいらせ町を加え、清掃事務はさらに五戸町、新郷村を加えたかなり複雑な形で運営をしています。ちなみに、三沢市は、三沢市単独で運営をしています。    もっと読む
2017-03-07 八戸市議会 平成29年 3月 予算特別委員会−03月07日-02号 10目斎場費は、11節の火葬炉等の修繕料、13節の定期点検業務のほか、整備改修基本計画策定等の委託、同施設の指定管理料が主なものでございます。   もっと読む
2016-09-14 八戸市議会 平成28年 9月 決算特別委員会-09月14日-01号 4目斎場費は、11節の修繕料、13節の同施設の指定管理料、15節の火葬炉機械設備改修等工事費が主なものでございます。  5目保健指導費は、市民の保健指導に要した経費で、1節の訪問保健指導員報酬などの各報酬、健康増進課の職員の人件費、物件費のほか、152ページに参りまして、13節の妊婦健康診査委託料、20節の乳幼児等医療費扶助費が主なものでございます。   もっと読む
2016-06-13 八戸市議会 平成28年 6月 定例会−06月13日-02号 すなわち、建物の改善、火葬炉の増設ではなく、現在の火葬炉本体の機能改善なのです。  そこで、火葬機能の向上について、また、受け入れ時間帯の増設についてお伺いいたします。  次に、新型火葬炉を導入し、受け入れ可能区分時間件数が増設されるならば、現代の家族葬中心のプライバシーの問題等も考慮した告別室や収骨室、そして待合室の改善も余儀なくされることになります。   もっと読む
2016-03-08 八戸市議会 平成28年 3月 予算特別委員会−03月08日-02号 4目斎場費は、11節の火葬炉等の修繕料、13節の同施設の指定管理料が主なものでございます。   もっと読む
2015-12-18 弘前市議会 平成27年第4回定例会(第6号12月18日) 委員より「1体当たりの人体火葬の経費が約3万4000円とのことだが、実費にする考えはないか。」との質疑に対し「実費でという考え方もあるが、今回は近隣市町村との均衡を図ったものである。」との理事者の答弁でありました。  委員より「本案により、どの程度の収入増を見込んでいるか。」との質疑に対し「約200万円の増と試算している。」との理事者の答弁でありました。   もっと読む
2015-09-07 八戸市議会 平成27年 9月 定例会−09月07日-02号 9月になり、コレラも鎮静化していきますが、死者の数はおびただしく、一家が絶えたところもあり、棺おけをつくるのも間に合わず、各家では死者を布団にくるみ、馬車で十王院の焼き場に運び、または海辺の岩場で火葬にされております。はやり病なのでほとんどが火葬に付されております。  130年ほど前の出来事ですが、現在でもお盆や彼岸には供養のために訪れる人が絶えないとのことです。 もっと読む