1719件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2019-12-13 令和元年第3回定例会(第5号12月13日)

次に、弘前地区消防事務組合管内におけるトリアージの導入についてお伺いいたします。  トリアージとは、重症度や緊急度に応じて優先搬送する、いわゆる重症度の選別です。主に災害現場で行われるトリアージというイメージがありますが、今回問題にしているのは、119入電を受けた時点で患者の重症度などを選別するコールトリアージのことです。  

六ヶ所村議会 2019-12-13 令和元年 第6回定例会(第4号) 本文 2019年12月13日

次に、消防団に配備している発電機の報告では、調査の結果、村消防団で管理する7台の発電機が所在不明であることが判明し、八戸警察署に対し被害届を提出したことや、今後の対応では、消防屯所の出入り口を電子キー化にするなど計画的な改修を行い、防犯対策の向上を図る旨の説明がありました。  委員からは、事件が発覚し警察へ届け出するまでの調査等は、より迅速に対応をするべきではないかなどの意見が出されました。  

弘前市議会 2019-12-12 令和元年第3回定例会(第4号12月12日)

それで、先ほども壇上からお話をしましたけれども、腰巻川が城東五丁目で溢水したことを消防が午後5時11分に受信し出動した、昨年の8月15日午後5時のこの水位計による測定値が1メーター62センチでした。水防団待機水位は、この箇所の推移によると1メーター70センチです。ですから、上流があふれているのに、水防団待機水位にまだ達していなかったのです。  

八戸市議会 2019-12-12 令和 1年12月 民生常任委員会-12月12日-01号

次に、第9款消防費について理事者から説明を求めます。 ◎大坪 市民防災次長市民課長 それでは、第9款消防費の補正予算について御説明申し上げます。  補正予算及び説明書の106ページをお開き願います。  第9款消防費を1006万1000円増額し、補正後の額を30億2928万3000円とするものでございます。  

六ヶ所村議会 2019-12-12 令和元年 第6回定例会(第3号) 本文 2019年12月12日

9款消防費に438万6,000円を追加した主なものは、常備消防費の六ヶ所消防署負担金であり、10款教育費に671万9,000円を追加した主なものは、第二・千歳中学校統合事業費の引っ越し業務委託料であります。  13款諸支出金に1億7,847万8,000円を追加した主なものは、駐留軍等再編対策事業基金積立金であります。  4ページをお願いします。  

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

そこで私は、以前から消防団の中にスノーモビル隊を組織することができないか、消防団員の中にはスノーモビル所有者もおります。団員は、特別公務員として活動できると思います。そして、スノーモビルは保有しているが消防団に加入していない人には消防団に入ってもらうことにより、団員増にもつながることも考えられます。

八戸市議会 2019-12-11 令和 1年12月 定例会-12月11日-04号

また、通行どめの周知につきましては、八戸警察署、八戸消防本部及び関係機関情報提供するとともに、ほっとスルメール等で交通規制情報を配信してございます。道路冠水時の通行どめの判断基準や運用につきましては、今後、先進事例などを参考に研究してまいります。  私からは以上でございます。 ○議長(壬生八十博 君)岡田議員 ◆10番(岡田英 君)御答弁ありがとうございます。

八戸市議会 2019-12-10 令和 1年12月 定例会-12月10日-03号

また、当市においても、一級河川馬淵川を初め、新井田川、五戸川の水防の危機管理に万全を期していただくとともに、同じ東北のために緊急援助隊として出動された消防職員、DMAT、市内外で活動された職員に感謝を申し上げます。  10月22日には天皇陛下が御即位され、古式ゆかしき伝統文化が儀式として継承されつつ新しい令和の時代に移り変わっていく様子を見て、国民誰もが喜びに包まれました。  

八戸市議会 2019-12-09 令和 1年12月 定例会−12月09日-02号

今後の予定といたしましては、はっち等で毎月1回開催する予定でございますが、次回は今月の19日に、はっちひろばで、消防署の協力によりまして、防火・救急教室、また、インストラクターによります頭の体操教室、それから、バスの乗り方教室等を予定してございます。  以上でございます。 ○副議長(夏坂修 君)豊田議員 ◆22番(豊田美好 君)的確なる御答弁をいただきまして、ありがとうございました。  

六ヶ所村議会 2019-12-09 令和元年 第6回定例会(第2号) 本文 2019年12月09日

そして、例えば国の施設であれば、オフサイトセンターをつくる際に、前橋本寿村長のときにその情報があったものですから、そのオフサイトセンターをつくるんであれば交番消防署を併設したものにすべきだということで、当時、橋本村長は直ちに文科省に連絡をとりましてそのお話を提案させていただきましたけれども、既に、そのオフサイトセンターについては、建設場所、設計等が終わっているということでございました。

八戸市議会 2019-12-03 令和 1年12月 定例会−12月03日-01号

また、甚大な被害を受けた岩手県宮城県自治体に対しましては、市職員災害派遣をはじめ、水道企業団からの給水車、消防職員災害派遣医療チーム、DMATの派遣などの支援を行っており、今後も被災地において支援が必要な場合には可能な限り支援に努めるとともに、一日も早い復旧復興を願うものであります。  

八戸市議会 2019-10-21 令和 1年10月 民生協議会-10月21日-01号

公共施設等被害につきましては、新井公園テニスコート内の倒木、旭ケ丘市営住宅屋根一部剥離、史跡根城の広場の板塀、工房屋根等毀損、市川町字尻引前山の消防団屯所の外壁一部剥離がございました。  農業被害につきましては、農業ビニールハウス一部破損が、大久保字大山でございました。  道路被害につきましては、高速道路の通行どめが2カ所で、八戸自動車道八戸久慈自動車道でございました。  

弘前市議会 2019-09-26 令和元年第2回定例会(第6号 9月26日)

との質疑に対し「消防団員、下水道の指定排水設備工事業者及び家庭保育事業の保育者が該当するものである。」との理事者の答弁でありました。  委員より「これまで市職員成年被後見人となった事例はあるか。また、本案の改正内容について、今後、市職員に対する周知は考えているか。」との質疑に対し「これまでのところ、市職員成年被後見人となった事例はない。また、市職員に対し、改正内容の周知は行ってまいりたい。」

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会-09月20日-04号

水産業振興費(栽培、養殖漁業)について、第7款商工費では、三社大祭引っぱり隊、用地購入の場所、水産科学館指定管理料に対して入館料の収支、生活再建相談事業貸付金の相談件数、八戸ポータルミュージアム費の収支、マチニワの収支、三社大祭ポスター、ジャズフェスティバル実行委員会補助金、三社大祭山車小屋設計業務委託料について、第8款土木費では、空き家対策住宅要支援策等、市営住宅、D棟に関連する施設について、第9款消防

八戸市議会 2019-09-17 令和 1年 9月 総務常任委員会-09月17日-01号

八戸市議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例外国地方公共団体機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例及び八戸市消防条例の3条例において、八戸市職員等の旅費支給条例の題名の改正に伴い、条例中に引用している「八戸地域職員等の旅費支給条例」を「八戸市職員等の旅費及び費用弁償の支給に関する条例」と改めるものであります。  

八戸市議会 2019-09-13 令和 1年 9月 決算特別委員会-09月13日-03号

当初保育所は、今の消防側の角地につくる予定だったのです。そこに土地を取得しておりました。アンケートをとりましたら、入り口に近いほうがいい。それこそ子どもたちが遊ぶところなので、人が見えるところのほうがいいですということで、アンケートの中に要望がありまして、道路に近いところ、あそこに建設した次第でございます。  以上でございます。