76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2017-05-19 平成29年 5月 建設協議会−05月19日-01号

次に、(2)公共水域の底質、いわゆる海底などの泥の測定結果についてでございますが、これまでと同様の6地点及び測定項目について測定を行った結果、おおむね例年どおりの結果となっております。  2ページ目をごらん願います。  公共水域測定地点図でございますが、中央が新井田川、上が海域となっております。河川の調査地点は四角、海域の調査地点は丸であらわし、丸数字は調査地点番号をあらわしております。  

青森市議会 2015-12-22 平成27年第4回定例会[ 資料 ] 2015-12-22

しかし、日本政府沖縄意思を無視し、十分な説明責任を果たさないまま、抗議する市民を強制的に排除して工事海底調査を強行している。  地方自治は、憲法第8章によって保障されており、「憲法保障した地方自治の権能を法律を以て奪うことは、許されない」ことは、1963年3月27日の最高裁判決で明らかである。自治体は国の下部機関ではなく、国家とは別の人格を持ち、中央政府と対等の関係にある。

青森市議会 2015-12-22 平成27年第4回定例会(第8号) 本文 2015-12-22

にもかかわらず、抗議する市民を強制的に排除し、工事海底調査を強行しております。また、国は現知事が米軍普天間飛行場の移転先の埋め立て承認を取り消したことに対し、その撤回を求め、代執行訴訟を起こすなど、地方自治の権能を法律によって奪うことは許されないとする憲法第8章及び地方自治法第1条の地方公共団体の自主性及び第2条の自治行政基本原則を犯す行為に出ております。

八戸市議会 2015-07-21 平成27年 7月 経済協議会−07月21日-01号

多摩川精機株式会社様を核とする多摩川グループの製品は、海洋におきましては、海底探査機や水中航走体、地中、地上におきましては、地下鉄自動車新幹線向け輸送機器関連のほかにロボットや工作機械、空の世界では民間機、軍用機に加え、国際宇宙ステーション、月や火星の探査機に至るまで、陸、海、空、宇宙にわたる非常に幅広い分野に活用されております。  

八戸市議会 2015-03-02 平成27年 3月 定例会−03月02日-02号

次に、独立行政法人海洋研究開発機構、JAMSTECが進める炭素エネルギーの循環システム研究については、八戸沖の深海海底下に非常に多くの二酸化炭素を天然ガス、メタンに変換する微生物、古細菌アーキアが存在することが明らかになっておりますので、このシステムの実現に向けて、今後ともJAMSTECと意見交換を重ねてまいります。  

六ヶ所村議会 2014-09-08 平成26年 第4回定例会(第2号) 本文 2014年09月08日

現実に、長崎県ではこの原理を利用した人工海底山脈を造成し、漁獲量増加につなげていると聞いております。  このことから、村長にお願いします。この人工海底山脈をぜひ六ヶ所村沖、あるいは東通村沖のいずれかに造成していただきたいと考えております。つきましては、当村漁業のみならず青森県漁業振興・発展のためにも、この人工海底山脈造成の実現に向けた取り組みを期待するものであります。

八戸市議会 2014-06-12 平成26年 6月 港湾振興・震災復興対策特別委員会-06月12日-01号

まず、①番、八太郎地区・河原木地区の航路泊地につきましては、所要水深を確保するために、海底土砂のしゅんせつを行うものでございます。  また、②番のこちらも八太郎地区・河原木地区の航路泊地土砂処分場につきましてでございますが、こちらはしゅんせつした土砂を受け入れるために市川と八太郎の2号埠頭に土砂処分場の整備を行うものでございます。  

青森市議会 2014-06-05 平成26年第2回定例会(第3号) 本文 2014-06-05

大間原発についても、津軽海峡海底に長大な活断層存在が変動地形学研究グループから指摘され、また、国の原子力安全委員会からもバックチェックの対象であると指摘されています。しかし、電源開発株式会社はこれらの指摘に真摯な対応をすることもなく、建設工事を再開させ、対岸の函館市からは裁判所に差しとめを求める訴えが出されました。

六ヶ所村議会 2014-03-12 平成26年 第1回定例会(第3号) 本文 2014年03月12日

副村長(戸田 衛君) 船だまりとの関連で、堆積しているところがあるという考え方、これはもう海底の問題とか私もこれは確認したことはありませんが、そういう関係のこれからの航路の問題とか、さまざまなことについては県のほうにこれから海底についての土砂の堆積はあるよということだけは申し出て、これからしゅんせつに向けたお願いをしてみたいと思っております。

青森市議会 2013-12-06 平成25年第4回定例会(第4号) 本文 2013-12-06

海底に沈んでいた毒性のあるプランクトン津波で巻き上げられたことによるものです。ホタテ養殖を大方の漁師はやめる事態になっているのです。震災の被害、影響はこの件でも感じることですが、時間の経過とともにまたさらに障害が生まれていることを痛感いたします。  心温まることに、本市では被災地8市町村に10名の職員を派遣しております。送り出していただいた担当課、御家族の方に感謝申し上げます。

六ヶ所村議会 2013-06-10 平成25年 第2回定例会(第2号) 本文 2013年06月10日

そうしたら東海、それから東南海、それから南海の3つの断層があると、海底の中に。それが連動して動いたときのことを想定していわば南海トラフと言っているんだと。これも新聞報道で皆さんご承知かと思うんでありますけれども、何十万人とか、あるいは100万とかの家屋、そういったものが被害を受けますよと。少し大げさに言えば、我が日本が沈没するような事態になりかねないと。こう言っているわけであります。

八戸市議会 2013-03-19 平成25年 3月 港湾振興・震災対策特別委員会−03月19日-01号

水産環境整備事業は県の事業でございますが、昆布及びアワビを対象として海底にブロックを設置し、人工漁場を造成するもので、平成24年度、25年度の計画となっております。  餌料海藻草造林試験は、これも県の事業でございますが、県と漁業者が連携いたしまして、ウニ、アワビの餌となる昆布をふやす試験を行いまして、その生息状況を確認するものでございます。同じく平成24年度、25年度の計画となっております。  

八戸市議会 2013-03-06 平成25年 3月 定例会−03月06日-04号

当市は、2015年にLNGターミナルが完成予定であり、10年ほど前に起きた苫小牧市石油コンビナートタンク火災、昨年のJX水島製油所海底トンネル落盤事故などによる工場災害は、決して遠い災害ではありません。工場地帯におけるより一層の安全を維持する上で、防災管理、人命救助は非常に大きな課題であります。  

青森市議会 2013-03-05 平成25年第1回定例会(第5号) 本文 2013-03-05

時折、遠くの海底火山がかすかな合図を送ってきてはいたが、いまだ悠久の眠りを覚ますまでには至らなかった。もちろん、地球上では既に魚類両生類からより優勢を誇る爬虫類へとその進化の主役が移り始めていたことなど、知る由もなかったのである。と、突然地下深くからぐぐっと、しかも圧倒的な力を感じ、青森大地はついに目を覚ましました。

八戸市議会 2012-08-21 平成24年 8月 建設協議会−08月21日-01号

なお、県の漁港関係でコンテナなどの漁場海底の障害物引き揚げ作業を今年度末までに行うことなどから、一部の仮置き場につきましては、来年度も使用する予定でございます。  以上で報告を終わります。 ○石橋 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○石橋 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。