90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

スマートシティにおいては、活用する分野を広げることにより、多様なデータの集積が可能となり、それらのデータ連携がより質の高いサービスの提供につながることから、先進自治体の取組についても調査研究を進め、当市の地域特性に応じた活用について検討してまいりたいと考えております。  以上です。 ○議長(畑山親弘) 氣田議員 ◆8番(氣田量子) 丁寧なご答弁ありがとうございました。

弘前市議会 2020-02-21 令和 2年第1回定例会(第1号 2月21日)

これまでの庁内における検討を踏まえ、市民関係団体からの意見要望のほか、様々な政策課題等を整理し、最適な保存・活用を模索してまいります。  二つ目は、農業振興の新展開であります。  暮らしを支える足腰の強い産業の育成の一環として、農作業の省力化効率化に向けた農業機械の導入や、荷さばき場等整備に対する支援を2か年にわたって実施するなど農業生産性向上を図ってまいりました。  

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

中核病院開設後の弘前市立病院跡活用につきましては、旧第一大成小学校跡地とあわせ、庁内協議関係機関へのヒアリングなどにより各種課題等を整理し、慎重に検討を進めているところであります。  市立病院建物は、1928年に、フランス人近代建築の巨匠・ル・コルビュジエのもとで日本人として初めて建築を学んだ建築家前川國男の作品であります。

弘前市議会 2019-09-12 令和元年第2回定例会(第5号 9月12日)

中核病院開設後の市立病院活用につきましては、旧第一大成小学校跡地と合わせて、昨年12月に財務部が所管する庁内組織である公共施設マネジメント推進委員会検討の進め方を協議し、本年1月に各部の利用希望などを取りまとめたところであり、健康・医療・福祉分野産業観光振興分野教育分野などさまざまな意見がございました。  

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

平成30年3月に決定した弘前公共施設等総合管理計画第1期実施計画においては、市民参画センター優先検討施設として位置づけておりませんでしたが、老朽化以外にも駐車スペース不足など以前より利用者改善要望が多かったことから、同年8月にヒロロスクエア活用候補施設に加え、庁内関係課での検討を始めるとともに、11月には管理計画優先検討施設追加し、具体的な検討を進めたものであります。  

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

市民参画センターにつきましては、老朽化以外にも以前から駐車スペース不足など利用者からの改善要望が多かったことから、昨年8月に庁内関係課ヒロロスクエア活用として、新しい機能追加や従来機能の拡大のほか、サービス向上につながる公共施設の移転など幅広く検討を開始することとなった際に、候補の一つとして検討に着手したものでございます。

十和田市議会 2019-06-18 06月18日-一般質問-03号

このことから、市といたしましては、外向け情報発信を行うとともに、地元の観光事業者観光客に対して、肖像に選ばれた人物の情報をしっかりと伝えられるようになることや、十和田奥瀬観光機構と連携し、さまざまな観光メニューの中で取り入れていくなど、有効な活用を探ってまいりたいと考えております。  続きまして、森林伐採による環境への影響と再生に対する考え方についてお答えいたします。  

弘前市議会 2018-06-29 平成30年第2回定例会(第6号 6月29日)

との質疑に対し「委員会からは、文化財建造物分野では文化財建造物としての守るべき価値やその範囲、歴史分野では建物などの歴史的価値明確化まちづくり観光分野ではまちづくり観光としての位置づけと活用、公募市民からは利用者の立場での意見や提言を受けたいと考えている。」との理事者答弁でありました。  委員より「将来、当該建物の改修の必要はあるのか。」

弘前市議会 2017-06-23 平成29年第2回定例会(第6号 6月23日)

ここで、委員より「百沢小学校は今まで地域の核となってきた施設であることから、財産管理課に対し早急に活用検討に入るよう、教育委員会から強く申し入れをしていただきたい。」との要望意見が出されたところであります。  委員より「百沢学区から岩木小学校まで、距離はどの程度か。また、適正な通学距離の規定はどうなっているか。さらに、百沢小学校の児童が岩木小学校へ通学する際、どのような交通手段をとるのか。」

青森市議会 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第5号) 本文 2016-09-08

そして、アウガに配置すべきにぎわい交流機能視点として、1つに、新生アウガには、中心市街地にぎわい創出に貢献できる機能基本に配置することとし、アウガの床の具体的な利活用は、市議会市民皆様とともに検討を進め、アウガ公共化も含めて、できる限り早期に整理したいと考えていること。

青森市議会 2016-09-05 平成28年第3回定例会(第2号) 本文 2016-09-05

しかし、2億円の具体的な使い道が不明、責任根拠がない、公金の目的外使用に当たる、アウガの具体的な活用がない、三セクが抱える多額の債務(青森市約23億8183万円、金融機関約5億8507万円、区分所有者2億3000万円)、さらに、市長は、三セクのあり方について関係者協議中を繰り返し、決断を先送りにしてきたことなどの理由により、議事日程追加全会一致で否決、廃案となりました。

青森市議会 2016-06-15 平成28年第2回定例会(第6号) 本文 2016-06-15

そして、アウガに配置すべきにぎわい交流機能視点としては、1つに、新生アウガフロアイメージ基本的な考え方として、中心市街地活性化を牽引する核的施設としての役割を発揮させるため、にぎわい創出に貢献できる機能基本に配置することとし、アウガの床の具体的な利活用は、市議会市民皆様とともに検討を進め、アウガ公共化も含めて平成28年度中に整理したいと考えていること。

青森市議会 2016-06-10 平成28年第2回定例会(第3号) 本文 2016-06-10

限り削減すること、2つに、長期的な視点に立ち、新庁舎の供用開始から15年目に着手する予定の第2期工事の事業規模も含め財政負担を極力抑制すること、そして、アウガに配置すべきにぎわい交流機能視点として、1つに、新生アウガフロアイメージ基本的な考え方として、中心市街地活性化を牽引する核的施設としての役割を発揮させるため、にぎわい創出に貢献できる機能基本に配置することとし、アウガの床の具体的な利活用

青森市議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第2号) 本文 2016-06-09

そして、アウガに配置すべきにぎわい交流機能視点として、1つに、新生アウガフロアイメージ基本的な考え方として、中心市街地活性化を牽引する核的施設としての役割を発揮させるため、にぎわい創出に貢献できる機能基本に配置することとし、アウガの床の具体的な利活用は、市議会市民皆様とともに検討を進め、アウガ公共化、すなわち土地、床を市が取得することも含めて、平成28年度中に整理したいと考えていること