235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会-03月08日-05号

第3条繰越明許費の補正では、第6款農林水産業費では、農業費において、ワイナリー創出支援事業が、林業費において、市民の森不習岳施設等改修事業が、水産業費において、水産物流通機能高度化対策事業が、第7款商工費では、旧柏崎小学校跡地広場整備事業が、いずれも年度内の完了が見込めないことから、それぞれ設定するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  

八戸市議会 2019-03-07 平成31年 3月 経済常任委員会−03月07日-01号

2項林業費は28万4000円を減額し、総額を7462万7000円とするもので、1目林業振興費の20万2000円の減額は、13節八戸圏域ウルシ原木調査等委託料において執行残を減額するもの、19節全国森林環境税創設促進連盟負担金は、連盟解散により減額するものございます。  2目市民の森費は、総額に変更はございませんが、ふるさと寄附金7万円の充当による財源の組み替えでございます。  

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

このような状況を踏まえ、国は適切な経営管理が行われていない森林意欲能力のある林業経営者や市町村に委ね、森林経営管理を確保することにより、木材の需要拡大などを通じて、森林所有者や林業者の方々の所得向上や森林の適切な管理を図ることなどを目的として、森林経営管理法を平成30年6月に公布し、本年4月1日から施行されることになっております。  

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26

及び「戸籍及び住民基本台 │    │    │ │文教経済  │ 帳」に関する事項                      │議案等の│審査終了│ │常任委員会 │1 「商業」、「工業」、「労働」、「観光及び交流」、「首都圏に│審査に資│まで  │ │      │ おける市政」及び「スポーツ」に関する事項          │するため│    │ │      │1 「農業」、「畜産業」、「林業

八戸市議会 2018-12-12 平成30年12月 経済常任委員会-12月12日-01号

2項林業費は総額に変更はございませんが、2目市民の森費において、ふるさと寄附金10万円の充当により財源を組み替えるものでございます。  3項水産業費は268万5000円を増額し、総額を15億9094万6000円とするものでございます。  1目水産業総務費の1358万4000円の減額は、次の105ページにわたりますが、人件費等の調整によるものでございます。  

八戸市議会 2018-09-12 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号

2項1目林業振興費は、次の179ページにわたりますが、19節の除間伐等実施事業補助金が主なものでございます。  2目市民の森費は、13節の市民の森指定管理料、15節の不習岳東屋新設等の施設改修工事費が主なものでございます。  3項1目水産業総務費は、次の180ページにわたりますが、水産事務職員の人件費などでございます。  

青森市議会 2018-06-29 平成30年第2回定例会(第7号) 本文 2018-06-29

しかし、本案林業事業者からも多くの問題点が指摘されている法案です。さらに、林野庁法案説明のために作成した資料「林業の現状」では、法案提出の背景として、8割の森林所有者は経営意欲が低いと記載されていましたが、データの引用元となったアンケートでは、経営への意欲を聞いた質問がなかったことが、共産党田村貴昭衆議院議員の質疑で明らかになりました。

青森市議会 2018-06-29 平成30年第2回定例会[ 資料 ] 2018-06-29

平成30年6月29日    ────────────────────────────────────────  議員提出議案第14号             地域材の利用拡大推進を求める意見書(可決)  戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎える中、山林に広がる豊富な森林資源を循環利用し、林業の成長産業化を実現するためには、地域材の安定供給体制の構築に加え、新たな木材需要の創出を図ることが重要である

八戸市議会 2018-06-18 平成30年 6月 定例会−06月18日-04号

議案第97号平成30年度八戸市一般会計補正予算のうち、当委員会に係る歳出予算の主なる内容は、第6款農林水産業費では、林業費において、林地台帳整備業務等委託料を新たに計上するものであります。  第7款商工費では、大型客船誘致事業補助金を新たに計上するものであります。  本案は、全員異議なく原案のとおり可決されました。  

青森市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 2018-06-12

先月、国内初の森林鉄道として津軽森林鉄道の遺構、関係資料というのが林業遺産に認定されました。すばらしいことだと思います。青森市の東部地区、その失われた産業遺産として、実は東岳の鉱業、あるいは山中の高森鉱山、上北鉱山もあります。東岳を見ると、右側のダイヤモンドヘッドみたいになっているところ、山肌が白くなっておりますが、あれは安山岩を採掘した跡だそうであります。

八戸市議会 2018-03-13 平成30年 3月 予算特別委員会-03月13日-02号

2項1目林業振興費は、13節の八戸圏域ウルシ原木調査等委託料、19節の除間伐等実施事業補助金が主なものでございます。  2目市民の森費は、13節の市民の森不習岳の指定管理料、次の99ページに参りまして、15節の歩道等の施設改修等工事費が主なものでございます。  3項1目水産業総務費は、水産事務所の職員の人件費などでございます。  

八戸市議会 2018-03-08 平成30年 3月 経済常任委員会-03月08日-01号

2項林業費は260万3000円を減額し、総額を5702万9000円とするもので、2目市民の森費において、15節工事請負費の施設改修内容の見直しによる減額が主なものでございます。  3項水産業費は、2億1365万9000円を増額し、総額を14億4117万5000円とするものでございます。1目水産業総務費の40万円の増額は、業務量の増大に伴い時間外勤務手当を増額するものでございます。

八戸市議会 2017-12-13 平成29年12月 経済常任委員会−12月13日-01号

102ページに参りまして、2項林業費は、総額5963万2000円に変更はございませんが、2目市民の森費において、ふるさと寄附金6万円を充当し、一般財源から同額を減額するものでございます。  3項水産業費は、1億6467万7000円を増額し、総額を12億2624万8000円とするものでございます。1目水産業総務費の122万3000円の減額は、人件費等の調整によるものでございます。