444件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

平成22年の東北新幹線青森開業では、開業の6か月前から毎月、弘前駅において盛大なイベントを開催するなどし、新幹線の駅のないまちでありながら県内一の盛り上がりを見せたと評価されたところであります。続く平成23年には、当市にしかできない歴史を生かした弘前城築城400年祭を市民の皆様と一体となって盛大に開催いたしました。  

弘前市議会 2019-12-13 令和元年第3回定例会(第5号12月13日)

東北新幹線青森駅の開業に向けて、平成20年4月に弘前商工会議所弘前観光コンベンション協会など市内8団体のトップで構成される弘前感交劇場推進委員会を立ち上げ、観光客地域住民もともに共感、共鳴できる感動と交流の新しい旅のスタイル「弘前感交劇場」をキーワードに、地域一丸となって新たな観光施策に取り組んできたところであります。  

青森市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第5号) 本文 2018-03-05

現在の東口駅前広場につきましては、東北新幹線青森開業に合わせ平成22年7月に供用したところでございますが、現在、東口駅前広場を利用している自家用車やバスにつきましては、今後、西口駅前広場に、送迎用駐車施設バス乗降場等整備し、機能分担を図ることにより、東西駅前広場自由通路一体的に機能させ、地区全体で交通環境の改善を進めてまいりたいと考えております。

青森市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 2017-09-06

そこで、モビリティー確保の問題をお尋ねする前提として、2016年度新青森駅において、JR東北新幹線、奥羽本線、青い森鉄道乗車人数及び降車人数は幾らか、また、青森駅の乗車降車人数をお知らせください。  最後に、市役所新庁舎とアウガについてお尋ねします。  アウガ総合窓口におけるワンストップサービスの概要をお示しください。  

青森市議会 2017-06-30 平成29年第2回定例会[ 資料 ] 2017-06-30

1 「青森駅を改修したとしても、果たしてどの程度の利用者数が見込まれるのか疑問を持つ市民もいるが、東北新幹線青森開業後、青森駅の利用状況はどのようになっているのか」との質疑に対し、「同駅における平成27年度の乗車人員の実績は、1日当たり約7500人となっており、新幹線開業前とほとんど変わっていない」との答弁があった。

青森市議会 2017-06-09 平成29年第2回定例会(第2号) 本文 2017-06-09

先ほど議員から御紹介がございましたとおり、このエリアでは平成22年12月の東北新幹線青森開業に合わせ、青森商工会議所まちなかの各商店街との協力のもと、約50カ所の店舗においてトイレや休憩場所の提供、傘の貸し出しなどのサービスを行うまちなか案内所事業を実施したところでございます。

十和田市議会 2016-09-08 09月08日-一般質問-03号

そして、期待された平成22年11月、東北新幹線全線開業も、翌平成23年3月の東日本大震災により壊滅的な打撃を受けました。私も翌4月末、休屋のホテルに様子をうかがいに行きましたが、目の前で宿泊キャンセル電話が相次ぐ状況でありました。結果、平成23年は160万人にとどまり、その後微増したものの、平成24年198万人、平成25年181万人、平成26年は192万人と、200万人を割り込んでおります。  

弘前市議会 2016-06-17 平成28年第2回定例会(第5号 6月17日)

その時期は東北新幹線の新青森開業ということをキーワードにして、ディスティネーションキャンペーン、函館との連携等を進めるという形で進めておりましたが、その後の状況変化等により、アクションプログラムから今度は市の経営計画の中に観光振興計画が取り込まれております。現在はその経営計画に基づいて観光振興を進めております。  以上です。 ○副議長(小山内 司議員) 工藤議員

青森市議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第2号) 本文 2016-06-09

青森駅の東口駅前広場は、通過交通の流入や自動車と歩行者の交錯、バス停の分散などのさまざまな課題がありましたことを踏まえまして、東北新幹線青森駅の開業に合わせ、都市内の総合交通ターミナルとして機能更新を行ったものでございまして、平成22年7月に供用開始しているところでございます。  

青森市議会 2016-03-23 平成28年第1回定例会[ 資料 ] 2016-03-23

また、東北新幹線青森駅の新幹線発車メロディーへのねぶた囃子の活用についてであるが、北海道新幹線開業に係る取り組みの一環として、同駅の新幹線発車メロディーねぶた囃子を活用することをこれまでJR東日本に要望し、協議を重ねてきたところであり、今般、北海道新幹線開業日の3月26日から、同駅の新幹線ホームにおいてねぶた囃子が流れることとなった。

弘前市議会 2016-03-04 平成28年第1回定例会(第5号 3月 4日)

東北新幹線青森開業以来、約5年がたち、本州と北海道新幹線で結ばれることとなりました。これは青森県、ひいては弘前市にとって観光の面からすると非常に大きなビジネスチャンスであると考えられます。言わずもがな、函館市は日本でも有数の観光地であり、平成26年度は約484万人の観光客が訪れており、外国人宿泊数も約35万人とかなりの数に上っております。

青森市議会 2016-03-02 平成28年第1回定例会(第3号) 本文 2016-03-02

平成16年12月の政府・与党の申し合わせにおきまして、東北新幹線青森駅の開業平成22年度末の開業を目指すということにより、開業年が前倒しされたことを受けまして、本構想を含め、新幹線開業効果を最大限に獲得するために、市全体の事業見直しを行った結果、青森周辺整備に当たりましては、総合交通ターミナル機能の強化とねぶたを核とした文化観光交流施設整備を先行して進めることとし、今後、北海道新幹線建設促進

青森市議会 2015-12-03 平成27年第4回定例会(第3号) 本文 2015-12-03

5つとして、北海道東北新幹線沿線主要都市での観光プロモーションの実施や青森観光パンフレット及びポスターの一新などに、官民一体となってさまざまな事業を展開していく所存であります。  また、昨日、JR東日本は、2017年春に豪華寝台列車「TRAIN SUITE四季島」をデビューさせ、東日本をめぐる3コースのうち2コース青森駅と弘前駅に停車することを発表いたしました。

青森市議会 2015-09-04 平成27年第3回定例会(第5号) 本文 2015-09-04

次に、財政健全化判断指標であります平成26年度実質公債費比率につきましては、過去に実施した東北新幹線青森開業対策や新ごみ処理施設建設等に関する公共事業元利償還額が増加し、前年度から0.2ポイント増の13.8%となった一方で、平成26年度将来負担比率は、これまでのプライマリーバランス黒字化に向けた取り組みによって、地方債残高が減となっていることなどにより、前年度から1.4ポイント減の126.2%

青森市議会 2015-09-02 平成27年第3回定例会(第3号) 本文 2015-09-02

本市では、東北新幹線全線開業効果を確実に獲得し、なおかつその効果を継続、発展、定着させるとともに、青森を訪れた多くのお客様を温かくお迎えするため、食、歴史文化など、この地にしかない多彩な観光資源の掘り起こし、磨き上げに務めてきたところであり、これまでの「食のまち青森市」として、のっけ丼を初め、生姜味噌おでん、煮干し・焼き干しラーメン、ホタテ貝焼き、カシスを使用した商品などに代表される青森ならでは

青森市議会 2015-09-01 平成27年第3回定例会(第2号) 本文 2015-09-01

本市では、人口減少社会の到来や東北新幹線青森開業への対応に向け、平成21年度に青森総合都市交通戦略を策定し、その中でバス交通に関する戦略駐車場案内システムに関する戦略街路整備に関する戦略鉄道整備に関する戦略の4つの重点戦略を整理し、各種施策を推進してきたところであります。

青森市議会 2015-06-23 平成27年第2回定例会[ 資料 ] 2015-06-23

浅虫温泉駅は、東北新幹線青森開業に伴い、県や沿線市町村等の出資により設立された第三セクター青い森鉄道株式会社が運営する青い森鉄道線の駅であり、駅施設青森県が所有している。なお、エレベーターやエスカレーターは設置されておらず、車椅子乗車したまま階段を移動できる車椅子用昇降機が設置されている状況である。