1453件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 2019-09-27

青森市土地開発公社については、高度経済成長期において民間による土地開発が積極的に行われる中、市にかわって公共用地等を速やかに先行取得することを目的とし、昭和43年に土地開発公社の前身となる財団法人青森市開発公社が設立され、さらに、公有地の拡大の推進に関する法律が制定されたことを受け、昭和48年4月17日、組織変更により、現在の青森市土地開発公社が設置されたところである。  

八戸市議会 2019-09-10 令和 1年 9月 定例会−09月10日-03号

八戸市の美術教育において版画学習の機会拡充が進められている中で、昭和31年から昭和50年代にかけて、鮫中学校や湊中学校、江陽中学校美術を教えた坂本小九郎先生の指導のもと、海や船にかかわる仕事や身近な生活風土を表現豊かに描いたどれもすばらしい作品がありますが、虹の上をとぶ船という作品は、湊中学校の養護学級の生徒たちの共同作品で、生徒同士が話し合い、それぞれの願いと想いと想像力を膨らまして練り上げた、

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

昭和63年の81万9000トンをピークに八戸漁港の水揚げ量は大きく落ち込み、近年は10万トン前後の状況にあります。気候変動の影響もあるためか、海水温の上昇もあり、一部の魚種では来遊量の減も予想され、その回復はすぐには望みにくい状況にあると言われております。7月には31年ぶりに商業捕鯨が再開され、八戸港も拠点の1つとなりましたが、先行きは不透明と言えます。  

青森市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-09

雪中行軍遭難記念像を訪れる観光客用の駐車場にあります銅像茶屋前の公衆トイレは、利用者の利便性向上を図るため、市が昭和48年に設置したものでございます。この公衆トイレにつきましては、維持するために必要な電気と水について、これまで銅像茶屋からの協力により供給を受けて運用してきたところでございますが、本年5月、銅像茶屋が営業を休止したことに伴い閉鎖したものでございます。

青森市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 2019-09-06

本市はこれまで、昭和40年代から昭和60年代前半にかけて、公共施設等を集中的に整備してきたことから、今後多くの公共建築物が老朽化に伴う本格的な大規模改修や更新の時期を迎え、多額の財政需要が見込まれる状況にあります。市の所有する公共建築物の床面積の合計は約120万平方メートルとなっており、このうち教育施設が37.9%、市営住宅が21.1%と半数を超えています。

青森市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-04

本市におきましては、過去、昭和44年8月、台風9号の接近に伴いまして、1時間30ミリメートル、総雨量119ミリメートルの降雨により堤川、駒込川などが数カ所で決壊し、溢水し、水が住宅地に侵入したケース、また、平成28年8月には、台風10号の接近に伴い、1時間19.5ミリメートル、総雨量60ミリメートルの降雨により、駒込川の一部が溢水し、避難勧告を発令した事例などがございます。

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 民生協議会-07月19日-01号

次に、貸付物件でございますが、ごらんの表のとおり、旧八戸市南郷保健センターについては、所在地、八戸市大字島守字梨子ノ久保25番地3と南郷診療所と同一敷地内にありまして、床面積595.83平方メートル鉄筋コンクリート造平家建てで、昭和57年度に建築され、築年数は36年となっております。  また、旧八戸市南郷母子健康センターについては、所在地は保健センターと同様でございます。

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 経済協議会-07月19日-01号

この第二魚市場では、主に沿岸や八戸沖での日帰り操業で水揚げされる沖合底びき網、定置網漁業により陸揚げされる生鮮魚介類や活魚を取り扱っておりますが、施設昭和34年に完成、約60年が経過し、老朽化が著しいことや、開放型であるため鳥獣類の侵入、また搬出車両がそのまま陸揚げ岸壁や荷さばき所内に侵入し、排気ガスやタイヤの汚れ等による危害混入のおそれがあったことから、消費者安全、安心な水産物供給することを

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

また、国の保育所職員の配置基準は一部を除き、昭和23年に決められたものがそのままとなっており、現実離れしたものとなっている。そのために、国の配置基準保育することは困難なことから、基準の1.6倍から1.8倍、多いところは2倍の職員を配置していて、その分職員の給料を低く抑えざるを得ない状況となっている。  

弘前市議会 2019-06-28 令和元年第1回定例会(第6号 6月28日)

との質疑に対し「昭和55年の供用開始以来、平成7年に全天候型トラックへの全面改修、直近では平成26年に損傷の激しいインコース走路のみを改修している。」との理事者の答弁でありました。  委員より「3月の予算措置はどうであったか。また、施工理由において、日本陸上競技連盟から全面改修が必要との指摘を受けたとのことだが、説明願いたい。」

八戸市議会 2019-06-26 令和 1年 6月 民生常任委員会−06月26日-01号

あと炉のほうについては、ちょっと何年というお話はできないんですけれども、少なくとも、今昭和57年からで30年以上たちましたので、これも更新しなければならないと。あとは、今更新していない残り2基の分は平成に入ってから増設したものですから、平成9年と平成24年、これがあるのでまだ何年とはちょっとお答えできないんですけれども、まだしばらくはもつんじゃないかと考えております。  

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 民生協議会−06月21日-01号

まず、火葬設備――1から5号――更新工事についてですが、これは、全部で7基ある火葬炉のうち、昭和57年の斎場の供用開始時から稼働している5基の火葬炉を更新するものです。  火葬炉をより高性能なセラミック炉に入れかえ、あわせて排気設備等も改修することで、今後増加する火葬件数への対応とともに、より安定的な火葬業務の実施を図るものでございます。  

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 民生常任委員会-06月21日-01号

2目予防費4200万円の増額は、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの成人男性を対象に、新たに実施する風しんの定期予防接種に係る経費として、11節需用費は予診票等を作成するための消耗品費用、12節役務費は対象となる方に送付するクーポン券の郵送代ほか青森県国民健康保険団体連合会へ支払う事務手数料、13節委託料は風しんの抗体検査及び予防接種の実施に係る委託料をそれぞれ計上するものでございます。

弘前市議会 2019-06-20 令和元年第1回定例会(第4号 6月20日)

市民参画センターは、昭和57年に建築されたひろさき広域農業共済組合事務所を取得し、増改築を行なった後、平成12年10月に開設したものであります。  その後、改修等を行いながら建物の維持管理等に努めてまいりましたが、経年劣化による突然の断水や暖房の停止などの設備のふぐあい、駐車場が狭く駐車可能台数が少ないことなどにより、利用者の方々に御不便をおかけしていたところであります。  

八戸市議会 2019-06-20 令和 1年 6月 定例会−06月20日-03号

ちょうど私、新産業都市指定を受けた昭和39年に生まれたものですから、もう自分の中でこれは絶対に外してはいけないものだと、何か自分の中で刷り込みがありまして、繰り返しこの点は必ず取り上げさせていただいているのですが、何か聞くところでは、青森工業団地であるとか、金矢工業団地であるとか、こういったところは県の優遇策が合体しているということで、八戸への立地を考えた企業が、どうもその県の優遇策と合体している

弘前市議会 2019-06-19 令和元年第1回定例会(第3号 6月19日)

小規模農道の整備については、昭和39年から行っているとちょっと記憶しておりますけれども、乳井地区、弘前の乳井地区が第1号として小規模農道整備を実施したというふうな記憶があるわけですけれども、これまでの実績と問題点があったのか、この辺をちょっと。小規模農道整備について、実績と問題があったのかお聞きします。 ○議長(清野一榮議員) 本宮農林部長