16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

次に、契約相手方であるが、平成30年度及び令和年度ともに、議会議決を経て日本公認会計協会東北会青森会推薦鈴木崇大氏と契約締結しているが、同氏包括外部監査での実務を通じて、本市財務管理組織運営に精通し、経験を生かした効率的な監査が期待できること、地方自治法規定では、同一人と連続3回契約することが可能となっていることなどから、令和2年度も引き続き鈴木崇大氏と契約締結したいと考えている

青森市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 2019-03-22

契約相手方は、今年度、議会議決を経て、日本公認会計協会東北会青森会推薦鈴木崇大氏と契約締結しているが、鈴木崇大氏が平成30年度の包括外部監査での実務を通じて本市財務管理、行政の組織及び運営に精通し、経験を生かした効率的な監査が期待できること、地方自治法規定により、同一人と連続3回契約することが可能となっていることなどから、平成31年度も引き続き鈴木崇大氏と契約締結したいと考えている

青森市議会 2017-03-23 平成29年第1回定例会[ 資料 ] 2017-03-23

契約相手方である包括外部監査人は、青森市に主たる事務所を置く公認会計士加藤聡氏を予定しており、同氏は、青森市出身で大学進学を機に東京都に転出し、その後の職歴を経て、現在の住所は東京都であるが、主たる事務所本市に置いて活動しており、日本公認会計協会所属東北会青森県会となっている。  

青森市議会 2015-03-24 平成27年第1回定例会[ 資料 ] 2015-03-24

契約相手方である包括外部監査人は、日本公認会計協会東北会青森県会から推薦を受けた同会所属公認会計士である加藤聡氏が適任であると判断し、同氏契約締結したいと考えている。  なお、地方自治法第252条の36第1項の規定により、「あらかじめ監査委員意見を聴くこと」となっているが、監査委員からは同氏契約締結することについて異議がない旨の回答をいただいている。  

青森市議会 2014-03-04 平成26年第1回定例会(第2号) 本文 2014-03-04

これは日本税理士会連合会、日本公認会計協会、企業会計基準委員会、これらが主役になって、中小企業庁などもオブザーバー参加してつくられている、毎年策定されている会計処理の指針になるものです。ここに固定資産のところに関係して、予測できなかった著しい資産価値の下落があった際には、取得原価を減額しなければならない。なお、当該減損額減損損失として損益計算書特別損失に計上する。

青森市議会 2013-03-25 平成25年第1回定例会[ 資料 ] 2013-03-25

次に、契約相手方であるが、包括外部監査人については、今年度に引き続き日本公認会計協会東北会青森会所属公認会計士である木村暢氏が適任であると判断し契約することとし、地方自治法第252条の36第1項の規定により、あらかじめ監査委員意見を聞くこととなっているが、異議がない旨の回答をいただいている。  

青森市議会 2012-03-23 平成24年第1回定例会[ 資料 ] 2012-03-23

次に、契約相手方であるが、包括外部監査人については、日本公認会計協会東北会青森県会から推薦された同会所属青森市在住の公認会計士である木村暢氏が適任であると判断し契約することとし、地方自治法第252条の36第1項の規定による監査委員意見は、同氏契約することについて異議がない旨の回答をいただいている。  

青森市議会 2009-03-25 平成21年第1回定例会[ 資料 ] 2009-03-25

契約相手方の選任の経緯であるが、平成18年度の本制度の導入時と同様に、日本公認会計協会東北会候補者推薦依頼を行った結果、同会に所属する公認会計士小池伸城氏の推薦を得て、同氏包括外部監査に関する経験等を踏まえ慎重に検討した結果、適任と認められることから、同氏契約相手方としたいと考えている。  

青森市議会 2008-03-25 平成20年第1回定例会[ 資料 ] 2008-03-25

柴田氏を契約相手方とする理由については、平成18年度の包括外部監査契約締結に当たり、日本公認会計協会東北会より推薦を受けた柴田氏と、平成18年第3回青森市議会定例会において議決を経て平成18年10月1日に、また、平成19年度においても、平成19年第1回青森市議会定例会において議決を経て平成19年4月1日に契約締結し、「下水道事業特別会計について」をテーマ監査を実施しており、3月中に結果報告

青森市議会 2007-03-22 平成19年第1回定例会[ 資料 ] 2007-03-22

外部監査人を柴田氏とする理由については、平成18年度の包括外部監査契約締結に当たり、日本公認会計協会東北会から推薦を得た柴田氏と、平成18年第3回市議会定例会において議決を経て同年10月1日に契約締結し、平成18年度は「補助金及び負担金財務事務執行について」をテーマ監査を実施しており、今月中に監査結果の報告がなされることとなっているが、平成18年度の包括外部監査の実施を通じて本市財務

青森市議会 2006-09-20 平成18年第3回定例会[ 資料 ] 2006-09-20

外部監査人の人選に当たっては、すべての公認会計士が会員となっている日本公認会計協会候補者推薦を依頼し、日本公認会計協会東北会において候補者人選作業が行われたところ、日本公認会計協会東北会所属公認会計士柴田純一氏が推薦され、慎重に検討した結果、適任と認められることから、同氏契約締結しようとするものである。  

  • 1