運営者 Bitlet 姉妹サービス
47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-05 八戸市議会 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号 第198回通常国会が本年1月28日に開催され、安倍首相は施政方針演説で、この6年間、経済は10%以上成長した、アベノミクスは今なお進化を続けていると政策効果を誇示しました。反面、内閣府発表の景気動向指数では、2012年12月から2018年11月までの72カ月のうち4割以上の月で景気状況は足踏み、または悪化と判断しています。 もっと読む
2018-06-22 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日) 市長は、議会冒頭の施政方針演説において、ごみ減量は市民との協働によって解決すべきもの、市民とともに創意工夫を図りながら解決策を検討してまいりますとし、家庭系ごみ指定袋制度の導入中止の方向で検討を進めていると表明しておられました。市長のそのお考えに賛同する市民の声が私のところにも多数寄せられており、私自身も賛同するものです。   もっと読む
2018-06-19 弘前市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月19日) 中核病院の整備に関しては、櫻田市長の方針も施政方針演説で触れられており、今後、県が示した地域医療構想に基づき、国立病院機構弘前病院を中心として整備していくとのことであります。今後、議会にも説明があると思われますので、推移を見守っていきたいと思います。   もっと読む
2018-02-28 弘前市議会 平成30年第1回定例会(第3号 2月28日) また、市長は、本議会冒頭の施政方針演説において、当市においては高齢者の割合が全国より3から4ポイント高いとし、社会保障費の増加にとどまらず、地域コミュニティーやさまざまな分野での担い手不足につながり、早期に対策を講じることが必要と述べておられました。まさにそのとおりであり、高齢者等のごみ出し困難者へのふれあい収集もまた早期に対策を講じることの一つではないでしょうか。  そこで質問です。 もっと読む
2017-02-21 八戸市議会 平成29年 3月 定例会−02月21日-01号 さらに安倍首相は、現在開会中であります第193回通常国会における施政方針演説において、長らく言葉すら忘れていたベースアップが3年連続で実現し、史上初めて全ての都道府県の有効求人倍率が1倍を超えるなど、全国津々浦々で確実に経済の好循環は生まれており、この景気回復の風をさらに中小規模事業者の皆さんにお届けするとの決意を表明したところであります。   もっと読む
2016-02-29 八戸市議会 平成28年 3月 定例会−02月29日-02号 まず、アベノミクスについての御質問ですが、安倍内閣は、長引くデフレからの早期脱却と日本経済の再生のため、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略を三本の矢として一体的に取り組んでおり、現在開会中の第190回通常国会において行われた施政方針演説の中で、3年間のアベノミクスにより生み出した大きな果実として、名目GDPや企業収益、国民総所得の増加、有効求人倍率の上昇などを挙げ、経済の好循環 もっと読む
2016-02-23 八戸市議会 平成28年 3月 定例会−02月23日-01号 さて、安倍首相は、現在開会中の第190回通常国会において行われた施政方針演説の中で、3年間のアベノミクスにより生み出した大きな果実として、名目GDPや企業収益、国民総所得の増加、有効求人倍率の上昇などを挙げ、経済の好循環によるさらなる内需拡大への決意を示しました。   もっと読む
2015-02-24 八戸市議会 平成27年 3月 定例会−02月24日-01号 その後、第3次安倍内閣が発足し、去る12日には第189回通常国会において首相による施政方針演説が行われ、経済再生や復興、社会保障改革、地域創生など、いずれも困難な道のりながら、日本の将来をしっかりと見定めながら、ひるむことなく戦後以来の大改革に踏み出す覚悟を表明するとともに、雇用や賃上げなど、アベノミクスによる経済政策が確実に成果を上げつつあり、景気回復の温かい風を全国津々浦々にまで届けることにより もっと読む
2014-06-18 弘前市議会 平成26年第2回定例会(第3号 6月18日) 安倍首相は施政方針演説で道徳を特別な教科と位置づけると表明しています。市民道徳の教育は大切ですが、教科書や評価によって国がこうあるべきという価値観を子供に注入することは、主体性に基づく教育の根本原理に背くものです。  戦前の道徳教育は修身と呼ばれ、教育勅語で天皇のために命を捧げる軍国主義教育の中心となっていました。戦後、その痛切な反省から、道徳教育は教育活動全体を通じて行うこととされました。   もっと読む
2014-03-05 弘前市議会 平成26年第1回定例会(第3号 3月 5日) こういう名称で、その策定に着手している旨を施政方針演説でこの場所で明らかにしたわけであります。  この計画によりますと、2013アクションプランで掲げたエボリューション3はどのように今後位置づけられて、かつ、この三つの施策がこれからどう展開されるおつもりなのか。この点を第1項目の部分としてお伺いしたいというふうに思うわけであります。   もっと読む
2014-03-05 八戸市議会 平成26年 3月 定例会−03月05日-04号 さて、安倍首相は施政方針演説の中で、故ネルソン・マンデラ元大統領の不屈の精神を引き合いに出し、不可能だと諦める心を打ち捨て、わずかでも可能性を信じて行動を起こす一人一人が自信を持ってそれぞれの持ち場で頑張ることが世の中を変える大きな力になることを信じますと発言をされておりました。 もっと読む
2014-02-25 八戸市議会 平成26年 3月 定例会−02月25日-01号 このような中、安倍首相は施政方針演説の中で、消費税増税の影響緩和のため万全の転嫁対策を講ずることに加え、経済対策により持続的な経済成長を確保していく旨発言しており、先日、消費税増影響緩和のための経済対策として、約5.6兆円にも及ぶ補正予算を成立させるなど、経済再生に強い意欲を見せております。   もっと読む
2013-06-13 十和田市議会 平成25年  6月定例会(第2回)-06月13日−一般質問−03号 本年の2月28日でございますが、安倍首相が行った施政方針演説の中におきましても、省エネルギーと再生可能エネルギーの最大限の導入を進め、できる限り原発依存度を低減していくと、そういうようなことも述べております。 もっと読む
2013-03-22 八戸市議会 平成25年 3月 定例会−03月22日-06号 安倍首相は施政方針演説の冒頭で、共助や公助の精神は、単にかわいそうな人を救うことではありません。懸命に生きる人間同士が苦楽をともにする仲間だからこそ、何かあれば助け合う。そのような精神であると考えますと述べられましたが、八戸市復興計画が目指す、より強い、より元気な、より美しい八戸は、首相が言うそのような精神が根底にあって実現できるものかもしれません。   もっと読む
2013-03-06 八戸市議会 平成25年 3月 定例会−03月06日-04号 党派は違いますが、現日本国総理大臣である安倍総理大臣は、施政方針演説で、40分もの間に世界一を目指すとのことを7回も発言しておりました。  昨年、八戸では、オリンピックで小原日登美、伊調馨両選手が世界一になりました。さらには、B−1グランプリで、八戸せんべい汁研究所が日本一であるゴールドグランプリを獲得しました。この経済効果は、はかり知れないものであります。 もっと読む
2012-03-12 十和田市議会 平成24年  3月定例会(第1回)-03月12日−一般質問−03号 さて、本定例会初日における小山田市長の施政方針演説は、この経済不況と財政状況の厳しい中、選択と集中という理念のもと、市民の福祉向上と幸福を願い、多方面にわたる行政施策に対し特別枠を設けるなどして、本市で今求められている重点課題などに意を注ぎ、それらを着実に執行する姿勢をかいま見ました。    もっと読む
2011-03-08 弘前市議会 平成23年第1回定例会(第2号 3月 8日) 昨年の6月8日の、平成22年第2回定例会における施政方針演説には、次のように市長の方針がありました。次に、市が緊急に取り組まなければならない事業として三つの事業がございます。 もっと読む
2011-03-01 八戸市議会 平成23年 3月 定例会−03月01日-03号 また、菅総理も今国会での施政方針演説で、ことし6月までに社会保障の全体像とともに、必要な財源を確保するための消費税を含む税制抜本改革の基本方針を示すと表明したところであります。   もっと読む
2011-02-22 八戸市議会 平成23年 3月 定例会−02月22日-01号 1月24日に開会した通常国会の施政方針演説において、菅総理は、消費税を含む税制と社会保障の一体的な抜本改革案を6月までにまとめるとの考えを示しており、議論の行方が注目されるところであります。   もっと読む
2010-11-30 弘前市議会 平成22年第4回定例会(第1号11月30日) 葛西市長のマニフェストに「市職員のパワーを引き出し、市役所の仕事力を高めます」、同様平成22年度施政方針演説にも同様の「市職員のパワーを引き出し、市役所の仕事力を高めます」という方針がございます。  市職員に対する士気の鼓舞を市民サービス向上のために、葛西市長初め特別職職員の皆様にお願いをこの節いたします。   もっと読む