1160件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-06-20 令和 1年 6月 定例会−06月20日-03号

移住促進に向けた主な取り組みといたしましては、八戸圏域の地域情報や魅力を紹介したパンフレットを作成し、圏域の移住相談窓口である八戸市東京事務所や、県の相談窓口である青森暮らしサポートセンター等で配布するとともに、お盆の時期には、八戸駅新幹線改札口において配布し、帰省された方々等へ八戸都市圏へのUターンや移住を呼びかける取り組みを行っております。  

八戸市議会 2019-06-19 令和 1年 6月 定例会-06月19日-02号

しかしながら、平成22年度の東北新幹線八戸・新青森間開業に伴い、在来線鉄道管理が東日本旅客鉄道株式会社から青い森鉄道株式会社及び青森県に移管となることが確定したことから、事業途中での協議先変更を避けることや、さらなるコスト縮減の検討を行うこととして、平成21年度にかけかえ事業は延期としたものであります。  

青森市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-14

都市計画道路3・2・4号石江西田沢線のうち、国道7号線から野木和公園入り口の交差点まで、4車線の道路幅を確保していると聞いておりますが、いまだに2車線のままで、北海道新幹線開通後も半分の土地が未整備のままです。2車線工事をした後、桜、クロマツなど、植樹をしておりまして、今では大きく成長しております。  

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 民生協議会−05月22日-01号

交通機関につきましては、東北新幹線は平常運転、JR八戸線は一部遅延、青い森鉄道は一部遅延、シルバーフェリーは平常運転となっております。  説明は以上でございます。 ○松橋 委員長 ただいまの報告について、御質問ありませんか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○松橋 委員長 ないようですので、ただいまの報告については終わります。  

八戸市議会 2019-03-18 平成31年 3月 建設協議会-03月18日-01号

まず、表紙でございますが、表題を「東北新幹線八戸駅西地区 スマート・スポーツシティ」といたしました。  開いていただきまして、1、2ページは、アリーナを核としたまちづくりとして、計画の趣旨や方向性を記載しております。  続きまして、開いていただきまして、3、4ページは、八戸駅西地区のエリアビジョンとしての考え方やスマート・スポーツシティの提案について記載しております。  

八戸市議会 2019-03-12 平成31年 3月 予算特別委員会−03月12日-02号

新幹線を利用する人たちから駐車場がないではないかと、満杯だとなってしまいますので、そこをまずきっちり確保していただきたい。  妙案もないようだし、これ以上しゃべっても堂々めぐりかと思いますので、要望という形で終わりたいと思います。  以上です。 ○藤川 委員長 ほかに御質疑ありませんか。 ◆中村 委員 私は、次の1項目の道路街路樹について伺います。  

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

八戸駅西土地区画整理事業は、東北新幹線駅である八戸駅周辺地区を北奥羽圏域の玄関口にふさしいまちにするべく、都市基盤施設の整備と宅地の利用増進を図り、広域交通結節点という恵まれた立地条件を生かした当市の顔となるまちづくりを行うことを目的に、平成9年11月に都市計画決定を受け、平成11年10月に本工事が着手されました。

八戸市議会 2018-12-13 平成30年12月 港湾・都市基盤整備推進特別委員会−12月13日-01号

まず、八戸駅西土地区画整理事業目的でございますが、東北新幹線八戸駅周辺地区を北奥羽圏域の玄関口にふさわしい都市基盤の施設の整備を図り、広域交通結節点という恵まれた立地条件を生かした八戸市の顔となるまちづくりを行うこととしております。  次に、事業概要でございますが、区域面積96.75ヘクタール、施工期間平成9年度から清算期間5年を含めまして平成40年度まで。  

八戸市議会 2018-10-19 平成30年10月 民生協議会−10月19日-01号

交通機関については、東北新幹線は10月1日、通常運行、JR八戸線は10月1日、始発から正午過ぎまで運休、青い森鉄道は10月1日、青森・八戸間で一部運休、シルバーフェリーは9月30日、一部欠航となっております。  続きまして、平成30年台風第25号による被害状況について御説明申し上げます。  

青森市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 2018-09-04

ねぶたであれ、例えば新幹線のお土産売り場、A-FACTORY、アスパムリンゴ関連の商品がたくさんあります。物流、物販の中心は青森市であり、したがって、青森市が得たこの全県で8%のリンゴの園地、これは大切にする必要があります。私も何としてもこの産地を守っていきたいという思いであります。  そこで質問であります。

八戸市議会 2018-08-21 平成30年 8月 民生協議会-08月21日-01号

交通機関については、東北新幹線は平常運転、JR八戸線は16日に運転見合わせ、青い森鉄道は八戸盛岡間で16日に運休、区間運休がございましたが、JR八戸線、青い森鉄道ともに16日中に平常運転となっております。シルバーフェリーについては通常運行となっております。  説明は以上でございます。 ○大館 委員長 ただいまの報告について御質問ありませんか。

八戸市議会 2018-06-14 平成30年 6月 観光振興特別委員会−06月14日-01号

このイベントは、北海道新幹線の開業効果を最大限引き出すため、広域からの観光客誘致を目指し、函館市で開催される食のイベントで、当市は北海道新幹線開業により移動の利便性が増した道南エリアからの誘客促進を図るため、当市の食や郷土芸能等のPRを行っているものでございます。  開催日ですが、ことしは9月8日、9日の土日に開催されます。  

青森市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第3号) 本文 2018-06-13

また、新幹線フェリーとの乗り継ぎ時間を考慮した運行ダイヤの見直しを行うことにより、新青森駅東口において、ねぶたん号と乗り継ぎが便利な新幹線の本数はこれまでの20本から33本に、また、フェリーターミナルにおいても乗り継ぎが便利なフェリーの便数はこれまでの6便から13便に大幅に増加し、ともに接続に係る利便性が著しく向上したところであります。

八戸市議会 2018-06-11 平成30年 6月 定例会−06月11日-02号

その主なものを申し上げますと、八戸圏域に移住された方々へのインタビューを初め、圏域の地域情報や魅力を紹介した移住促進のためのパンフレット――半都半邑の楽しさ――を作成し、首都圏における市の移住相談窓口である東京事務所や県の相談窓口である青森暮らしサポートセンター等で配布し、移住をお考えの方々に八戸圏域のすばらしさを広く知っていただくとともに、お盆の時期には、八戸駅構内において、新幹線を利用された方々