92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-06-10 令和2年第2回定例会(第2号) 本文 2020-06-10

文部科学省国立教育政策研究所が作成した生徒指導リーフによると、いじめの背景にはストレスやその原因となるストレッサーがあるとされておりますことから、このようなストレスは、学校再開後の学校生活の場で、冷やかし、からかい、差別行為など、いじめ問題につながる可能性もあるものと考えております。  

青森市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 2019-12-06

301 ◯教育長成田一二三君) 採点に当たっては、国立教育政策研究所採点の基準を明確にしております。その後、採点後の点検、それから、その分析、そして本調査の検証まで責任を持って本調査にかかわっているということでございますので、正確な採点がなされたと思っているところでございます。  

青森市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-14

この3つの教育無償化は、教育政策の大きな転換点であり、まさに人への投資、長年教育負担軽減教育環境整備に取り組んできた我が公明党の1つの答えです。まさに政治は結果であります。持続可能な開発目標、SDGsの4番目の目標である「質の高い教育をみんなに」をさらに推進してまいります。  そこで質問いたします。  

弘前市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第4号 9月13日)

やはり、福祉政策市長部局の福祉部でやるものであり、教育政策教育部局でやるものだというふうな、私は認識しております。そして、水道部局は、水道部水道なわけですよね。どれだけ余裕があったとしても法律的に他の分野に介入できるとしたとしても、私はしっかり、今大きなプロジェクトの前でありますから、水道事業者水道事業にやはり特化するわけではありませんが、そういった考えであります。

弘前市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第3号 6月20日)

また、平成26年度から平成29年度までを計画期間とする弘前教育振興基本計画につきましても、弘前経営計画政策と連動し、今後取り組むべき教育政策について整合性を図る形で策定してきたところでございます。  教育振興基本計画では、毎年度、事業自己点検を行い、その結果に基づく成果や課題を評価・検証するとともに学識経験者として弘前大学教育学部から意見をいただき活用してまいりました。  

八戸市議会 2017-12-11 平成29年12月 定例会-12月11日-02号

現在、国立教育政策研究所が所管します不登校児童生徒への支援あり方をモデル的に研究する魅力ある学校づくり調査研究事業委託につきまして、前向きに検討しているところであります。本事業を活用しながら、フリースクール等との連携あり方等も前向きに取り組んで研究してまいりたいと考えているところであります。  以上であります。

八戸市議会 2017-09-11 平成29年 9月 定例会−09月11日-02号

ども公明党教育政策に力を入れるのは、教育こそ未来への投資だからであります。義務教育での教科書無償配布から始まり、現在では給付型奨学金に至るまで、党として推進してきました。その教育現場を支える教員の皆さんの環境を守るためにも、私も課題解決のために尽くしていきたい、そのような決意と意見を述べまして、1の項目は終わります。  2つ目学校プール授業と施設の状況について意見を申し上げます。  

青森市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第3号) 本文 2017-09-07

青森市の取り組みの結果がよい、その理由についての御質問だったかと思いますが、先般、元国立教育政策研究所総括研究官で、今、東洋大学の教授となっております後藤顕一氏が、昨日、本市研修センター研修講座青森においでになったわけなんですけれども、その際に、本市のある学校を視察して授業参観をされました。そのときにこういうことを述べておられました。

弘前市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第4号 6月15日)

平成28年度、文部科学省国立教育政策研究所から青森教育委員会を通じまして、第Ⅳ期魅力ある学校づくり調査研究事業という事業が2年計画本市教育委員会委託されております。  事業内容といたしましては、子供たちを対象として「学校が楽しい」「みんなで何かをするのは楽しい」「授業に主体的に取り組んでいる」「授業がよくわかる」という4項目で年3回意識調査を行います。

青森市議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第4号) 本文 2016-06-13

これは首長が招集し、首長教育委員会協議調整を行い、その上で、首長教育政策の大きな方針、いわゆる大綱を策定することとされています。  本市においても、この総合教育会議は昨年度5回開催されており、教育に関する大綱──以下、大綱と呼びます──について、第1回及び第5回の2度にわたり協議されています。

六ヶ所村議会 2016-03-09 平成28年 第1回定例会(第3号) 本文 2016年03月09日

款消防費を65万5,000円減額した主なものは、非常備消防費備品購入費であり、10款教育費を1億1,610万3,000円減額した主なものは、教育総務費事務局費奨学資金貸付金教育政策費のタブレット端末購入費及び保健体育費屋内温水プール整備事業費実施計画委託料工事請負費であります。  

青森市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(第4号) 本文 2016-03-03

この中1ギャップですけれども、実は国立教育政策研究所調査というのがありまして、小学校のときから問題が始まっていると。その予兆なりわずかに見えている課題小学校高学年で積み残しされ、先送りされて、中学校1年生になって環境がどんと変わったところであらわれるというのが中1ギャップということだそうです。  

六ヶ所村議会 2015-11-30 平成27年 第6回定例会(第2号) 本文 2015年11月30日

優秀な人材を教職に引きつけることが重要だということも先般の新聞で報道されていることからも、六ヶ所村独自の学級編成や教職員の負担軽減を図るなどのこの教育政策室と連携をして、大胆な施策を打ち出して、六ヶ所に勤務してみたいと思われる魅力ある教育施策を展開することによって、優秀な教員も集まってくるのではないかと考えておりますので、ぜひ、この学校の規模に応じた村費負担教員を配置すべきと考えておりますけれども、

弘前市議会 2015-06-24 平成27年第2回定例会(第3号 6月24日)

そこで、会議におきましては、市の最上位計画であります弘前経営計画教育委員会の定めた教育振興基本計画整合性が図られていること、また、市長が管理、執行する教育事務でありますスポーツ及び文化に関することを含む市の教育政策が総合的に定められていることから、弘前経営計画教育関連分野をもって大綱にかえる旨、調整がなされたものでございます。  

六ヶ所村議会 2015-03-12 平成27年 第1回定例会(第4号) 本文 2015年03月12日

これは現在、福祉課及び教育委員会教育政策室の所管となっております子供に関する事務を一元化し、子ども子育て施策の充実や子育て支援体制の強化を図るためのもので、第3条の事務分掌子ども支援課を13号とし、ア、子どもの育成に関すること。イ、子育て支援に関すること。を加えるものであります。