386件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2020-12-11 令和 2年第4回定例会(第5号12月11日)

言わば、市の施設であろうとも、利用料金制を取っているということは、独立採算なのですよ。普通の宿泊業者と同じなのですよ。同じ競争原理が働いているのだ。その辺のことを認識してください。  終わります。 ○議長清野一榮議員) 以上をもって、一般質問は終わりました。  ――――――――――――――――― ○議長清野一榮議員) 日程第2、諸般の報告をいたさせます。

青森市議会 2020-12-10 令和2年第4回定例会(第7号) 本文 2020-12-10

3つには、独立採算制を基本とする地方公営企業法に基づく水道事業として、投資に見合う料金収入が将来も継続して見込まれるかなどを総合的に判断し、施設整備を実施することとしております。したがいまして、鶴ケ坂地区におきましても、これらの判断基準に照らして、水道整備妥当性技術的要件等の諸課題及びその整備に要する財源確保めどなどをしんしゃくし、事業化適否を決定することとしております。  

十和田市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-04号

当市における林業木材産業を取り巻く情勢は、全国の市町村と同様に、木材価格の低迷による採算性の悪化、担い手の減少及び林業従事者高齢化などを原因として、整備不足森林、放置される森林が増加しており、水源涵養機能など、森林が本来持っている多面的機能維持、発揮が懸念される状況にあります。  

青森市議会 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第5号) 本文 2020-12-08

先ほども私が申し上げました、市の青森操車場跡地利用計画にある「多様な交通でアクセスできる拠点」という観点とは全く別の、鉄道事業者として、シビアに採算性を見極めるという意図も感じられます。まあ、当然だと思います。大枚をはたいて、新駅を造ったが、全然利用者がいないでは、事業者としてはやっていけませんので、その点は当然だと思います。

十和田市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

水道事業独立採算制なので、赤字になるから値上げだとして、住民にその負担を押しつけています。三沢市でも値上げがされました。一般会計から水道事業会計への援助はできないかとの要望に対して、必ず持ち出すのがこの「独立採算制」の一言です。学校や道路を造ったり、福祉施策を行うなど、一般行政は多くは税金で賄われています。ところが、水道事業はほとんどが料金、つまり住民負担で賄われているところに問題があります。

青森市議会 2020-12-04 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 2020-12-04

御承知の青い森鉄道も、今は、主体は県ですけれども、線路使用料を県が負担を外してくれたり、鉄道事業主体としても大変厳しい経営が続いているので、新駅利用について、ちゃんと採算があるのかと求められるのは当然のことであります。ですから、当然、新駅設置によってそれなりの損益分岐点というのは必ずあるはずですので、今後の勉強会の中で意見交換されると思います。

十和田市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-03号

私も何とかこの地域でできないのかな、そういう思いでいろいろ勉強に行ったのですが、何よりも木材、いわゆる材料を集めるのが大変だと、そういうようなお話で、というのは遠いところから運んでも運賃がかかるから、そういうお金で材料を買っていれば、とても採算に乗らないと、そういうような大変現実的なお話でした。  

十和田市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

ただし、1回当たりの搬入量が最低500キログラム以上ございませんと採算が合わないとのことでございますので、モデル地区での実証実験に際しましては、一度に持ち込む量の確保処理費用収集運搬方法の検討、分別徹底の周知や確認をどうするかなど、課題の洗い出しを進めるとともに、何よりも地域住民皆様のご協力が必要不可欠でありますので、皆様のご意見を伺いながら、実施可能かどうか調査研究してまいりたいと考えております

青森市議会 2020-09-07 令和2年第3回定例会(第5号) 本文 2020-09-07

市バスは、市営バスにおいて事業採算性が低いことから、維持が困難であった路線について、地域の足として確保していくため、平成23年度から順次、市営バス路線再編と併せて、民間バス事業者への委託による運行を行うこととしたものであり、入内線及び大柳辺線市バスとして民間委託により運行しているところでございます。  

青森市議会 2020-09-02 令和2年第3回定例会(第2号) 本文 2020-09-02

3つには、独立採算制を基本とする地方公営企業法に基づく水道事業として、投資に見合う料金収入が将来も継続して見込めるかなどを総合的に判断し、施設整備を実施することとしております。したがって、これらの判断基準に照らして、水道整備妥当性技術的要件等の諸課題及びその整備に要する財源確保めどなどをしんしゃくし、事業化適否を決定することとしております。  

十和田市議会 2020-08-31 08月31日-議案説明-01号

このような状況の下で、市民の安全で快適な暮らしを支え、安定的に下水道サービスを提供するため、中長期的な経営基本計画である十和田市下水道事業経営戦略に基づき、維持管理費平準化水洗化普及促進に努め、より効率的で採算性を踏まえた企業経営を望むものであります。  最後に、病院事業についてご報告申し上げます。病院の8ページをお開きください。  

弘前市議会 2020-06-30 令和 2年第2回定例会(第5号 6月30日)

審査の過程で、委員より「本案のように督促手数料を徴収する条例と、市税などのように徴収しない条例が混在することとなるが、下水道使用料督促手数料を今後も徴収するのはなぜか。」との質疑に対し「人口減少により使用料収入が年々減少している状況の中、仮に督促手数料を廃止した場合、年間約300万円のさらなる減収が見込まれることから、独立採算を原則とする企業会計健全経営を図るため、督促手数料を徴収するものである

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

ブロードバンドサービスにつきましては、民設民営方式基本となっているものの、条件不利地域においては不採算などを理由に民間事業者の参入が進んでいない現状にあります。  また、公設民営方式公設公営方式による整備サービスを提供している自治体では、基盤整備維持更新等において、国の制度が活用できず、多額な財政負担による事業継続性が危ぶまれている事態も生じております。  

青森市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 2020-03-04

採算が合わず撤退する業者が出てくると、たちまち市民生活に支障が出てきます。  そこで質問します。ことしの冬のような記録的少雪において、除排雪体制維持のため、市としてどのような対応を考えているのかお示しください。今議会において同様の質問が複数の議員からあり、同じ答弁であれば割愛いただいて結構であります。  4点目の質問は、森林経営管理事業についてであります。  

青森市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 2020-03-03

また、将来的に森林の荒廃を防止し、効率的かつ安定的な経営管理が行われることは望ましいことですが、調査結果を踏まえ、経営管理実施権設定をする場合には、その経営管理採算面を重視する余り、森林が持つさまざまな機能水源涵養等が損なわれることがないように進めていただくことをあわせて要望いたします。