62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2020-03-05 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 5日)

その内訳といたしましては、母子健康手帳の交付が854件、転入妊産婦・乳幼児対応が226件、電話での体調等確認が妊産婦合わせて1,805件、相談対応が来所と電話を合わせて457件、赤ちゃん訪問等が1,520件、講座などへの参加者が2,007件、予約による授乳相談が27件、母子保健子育て支援サービスの案内等が2,037件となっており、商業施設の中という場所柄、またなじみのある駅前こどもの広場に隣接していることで

八戸市議会 2020-03-04 令和 2年 3月 定例会-03月04日-02号

液体ミルクは、粉ミルクのようにお湯に溶かして冷ます必要がないことから、外出時の授乳用として便利であると言われており、お湯の確保が困難な状況が想定されます大規模災害時の活用が期待されているところであります。液体ミルクの災害時の活用については、平成28年の熊本地震の際に海外から支援物資として提供があり、避難所において使用されましたことで注目を集めました。

青森市議会 2020-02-28 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

新たに助産師、管理栄養士を配置し、全ての妊婦に妊娠中期に支援レターを送付するとともに、妊産婦の産前・産後の心や体の変化、食生活や授乳等に関する相談に、来所や電話、訪問等により支援していくこととしております。3つに、親子のきずなづくり事業があります。妊娠期から子育て期にわたり親子のきずなを育みながら安心して子育てができるよう、3つのメニューで支援してまいります。

弘前市議会 2019-12-13 令和元年第3回定例会(第5号12月13日)

まず、質問項目2の、弘前公園授乳・おむつ交換スペースについてでございます。  弘前公園内の授乳室は、弘前城情報館、緑の相談所、武徳殿休憩所の計3カ所に設置されており、平常時の利用状況はさほど多くはないものの、さくらまつり期間中においては1日当たり30件程度の利用があると聞いてございます。  

青森市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-09

具体的には、妊娠届け出時には保健師等が面接を行い、「多胎妊娠をされたかたへ」のパンフレットを用いて早産の予防のために気をつけたいことを伝えるとともに、授乳やおむつ交換、沐浴など、双子赤ちゃんのお世話のイメージや、家族協力を得ていくことが大切であること等をお伝えしております。

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会-09月20日-04号

まず、一般会計歳出中、第2款総務費では、文書広報費の地域おこし協力隊の活動内容等、地域おこし協力隊募集広告委託料、企画費報償費の内容、平成30年度中の精神的な病状で休んでいる職員数、「元気な八戸づくり」市民提案制度、相談支援事業(たらい回し解消策)、庁舎内授乳室の状況等、女性の活躍推進支援事業等、マスコットキャラクターいかずきんズについて、第3款民生費では、生活扶助費の現状と傾向、縁結び事業、集会所

弘前市議会 2019-09-12 令和元年第2回定例会(第5号 9月12日)

また、孤立感や不安感の解消を目的としたイベントの開催や、8月からは授乳相談事業も開始するなど、新たな支援にも取り組んでおります。しかし、妊産婦の継続的な見守りを行う中で産後の負担感を軽減するための支援が十分でないと感じられることから、安心して子育てができる環境づくりに向け、教育・啓発等の講座や仲間づくりの機会をふやすことなどさらに取り組みを進め、子育て支援の体制を強化してまいります。  

八戸市議会 2019-09-11 令和 1年 9月 決算特別委員会-09月11日-01号

次は、庁舎内授乳室の状況等について伺います。  市役所には、授乳室はどこに、そして、どのぐらいの大きさでどういった設備になっているか、伺います。 ◎田中 行政管理課長 それでは、庁舎内の授乳室についての御質問についてお答え申し上げます。  現在、庁舎内には本館1階の市民課の奥のほう、入り口から入ってずっと奥のほうに1カ所ございます。

弘前市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第5号 3月 8日)

○企画部長(清藤憲衛) 男女共同参画の視点における避難所運営についてということでございますけれども、実際に東日本大震災や過去の災害で、女性用の下着が不足したとか授乳や着がえをするための場所がなかったなど、物資の提供や避難所の運営において女性に対する十分な配慮がなされておらず、被災地ではさまざまな問題が発生してございます。  

弘前市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3号 3月 6日)

健康福祉部長(外川吉彦) 基本的には窓口での御相談を想定してございますけれども、深刻な内容、御相談内容によりましてはエスカレーターのおり口から見えないパーテーション内の相談コーナーとか、それからヒロロ内にもフリースペース、それから授乳室などもございますので、それらの部屋も活用しながら御相談の、利用者の御希望に沿う場所で相談に乗っていきたいというふうに思っております。  以上でございます。

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

その他、窓口での相談においては、センターを開設したことにより、これまでにはなかった産後すぐの授乳相談や育児相談がふえております。  次に、今後の取り組みについてですが、核家族化等を要因に、出産直後から孤立感を抱く母親がふえる傾向にあるため、育児情報交換したり、仲間づくりができるような交流支援の場の提供を検討してまいります。  

青森市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-04

これら専門職が新たに取り組む業務といたしましては、保健師による全妊婦を対象とした支援プランの作成や助産師の訪問等による産褥期の体調管理や授乳等に関する相談、産後鬱への早期対応などがあり、加えて、特に配慮を要する御家庭等に対しましては、保健師、助産師、臨床心理士等、多職種がチームで支援していくこととしております。

八戸市議会 2018-09-12 平成30年 9月 決算特別委員会-09月12日-01号

日本小児科医会では、乳幼児期の子どもは身近な人とのかかわり合い、遊びなどの実体験を重ねることによって人間関係を築き、心と身体を成長させるとお話しされ、インターネット等のメディア漬けの生活では人とのかかわり、体験不足を招いたり、運動不足、睡眠不足、コミュニケーション能力の低下などを提言しており、2歳までのテレビ、ビデオなどの視聴を控えましょう、授乳中、食事中のテレビ、ビデオ等の視聴はやめましょうなどの

弘前市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第4号 6月21日)

また、広報啓発活動では、相談窓口などを周知するためチラシ等を配布しているほか、市の出前講座や各地域で行われる会合の場を利用しながらDVへの理解や普及啓発活動を行っており、特にDV防止や啓発のためのカードは、折り畳むとポケットに入るサイズであり、庁舎の女子トイレや授乳室にも置くなど、相談者が人目を気にせず手にとることができるよう配慮しております。  

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

1 「市庁舎の建てかえと合わせて移転を予定している市急病センターについて、どのような改修内容となるのか示せ」との質疑に対し、「市急病センターは、耐震診断により建てかえが必要と判断されたため、平成32年1月の第3庁舎1階への移転・供用開始を目指しているが、移転に当たっては、待合室面積の拡大、診療室やトイレの増室、授乳室・感染症患者専用待合室・救急車等搬入口等の新設など、これまでの設備・機能面での多くの