60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-12-11 12月11日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

戸来議員 ◆20番(戸来伝) これを変えることによって、どういう効果といいますか、そういうふうなのは見通しできるのですか。 ○議長畑山親弘) 農林商工部長農林商工部長田村和久) ただいまの質問にお答えいたします。  奥入瀬渓流館につきましては、現在改修工事を行っております。

十和田市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-03号

明日戸来議員質問するということになっていますが、この議会で5人も同じ問題で相撲場に屋根をかけてほしいという質問をするということは、我々も市民なり、いろいろな関係団体関係者から何とかしてくれとお願いをされている。ということは、それだけ要望が強いということです、これだけ議員人たち質問するということは。

十和田市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

戸来議員が「いや、市長さんはいい人だよ」と、こう言っているのです。いや、本当にいい人だと。だから、いい人なのだから、そういう市長を支えていくのも議員の務めではなかろうかなと思って、何も戸来議員が、質問の中で言えばいいけれども、私は個人的に友達だからしゃべっているだけなのです。これは、石橋議員も同じだと思いますけれども。  

十和田市議会 2020-06-18 06月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-03号

議長畑山親弘) 戸来議員 ◆20番(戸来伝) 今議会で議決をさせておいて、10月1日施行というのは、意味はどういうことですか。 ○議長畑山親弘) 病院事務局長病院事務局長中谷慎志) ただいまのご質問にお答えします。  この議会を経て、周知期間を置いて10月1日施行という、周知期間意味でございます。

十和田市議会 2020-03-11 03月11日-一般質問-04号

一昨日戸来議員上北自動車道、要するに地域高規格道路と直接つなげると……つながるようなと言ったよね。私は前に、十和田市にインターチェンジ造って八戸市まで、秋田県までという構想をしました。でも、冷静に考えて、戸来議員の案もあるよなと実際感じました。1年以上たって現実進んでいないということを考えれば、どこに問題があるのだろうなということも考えました。  

十和田市議会 2019-09-13 09月13日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

議長竹島勝昭) 戸来議員 ◆21番(戸来伝) 45ページの6款の農林水産業費農地基盤整備費の1,283万円の補正、説明のほう見ればわかるのですが、中身を具体的にお知らせください。 ○議長竹島勝昭) 農林商工部長農林商工部長本宿貴一) お答えいたします。  今回の予算につきましては、農業用ため池浸水想定区域図及びため池マップを作成するということの事業の費用となっております。  

十和田市議会 2019-09-05 09月05日-一般質問-04号

通告をして、最後1人だなという思いがあって、秋まつりも来るし、取り下げをしようかなということも考えましたけれども、通告を出したということもあって、きのう戸来議員も言っていましたが、議員行政をチェックすると、そしてまたある意味選ばれて議員になった以上は、市民の声、そして地域の声をしっかりと行政に届けると、そういう使命があるのだということで、きょうの登壇を決意しました。  

十和田市議会 2019-06-17 06月17日-一般質問-02号

この病院経営については、かつて議会でも、例えば予算審査特別委員会決算審査特別委員会病院事業経営審議会でも、先般山端議員も、それから予算審査特別委員会では戸来議員、櫻田議員氣田議員とか、それから病院事業経営審議会では石橋議員とか、いろいろな方から意見が出ております。これは、みんな病院が心配なのです。やっぱり安定した経営をしてほしいということが本音なのです。

十和田市議会 2018-11-20 11月20日-一般質問-03号

議長工藤正廣君) 市長       (市長 小山田 久君 登壇) ◎市長小山田久君) 戸来議員のご質問にお答えいたします。  私からは、市長として政治姿勢をどのように市民に伝え、またどのように市民からくみ上げているのかについてお答えいたします。  市政のかじ取り役として就任して以来、市民との対話の重要性は私も十分認識しているところでございます。

十和田市議会 2018-09-05 09月05日-一般質問-03号

議長工藤正廣君) 副市長       (副市長 西村雅博君 登壇) ◎副市長西村雅博君) 戸来議員のご質問にお答えいたします。  私からは、シバザクラの植栽を初め、スキー場の活用に関するご質問にお答えいたします。市では、平成25年度に花、温泉、アートを3本柱とする焼山地区活性化基本計画を策定し、翌年度には概算事業費を含めました焼山地区活性化事業実施計画をまとめたところでございます。