10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

十和田市議会 2018-11-19 11月19日-一般質問-02号

しかし、県内の多くの学校では、男女混合名簿について、トランスジェンダー(同一障害などの児童が在籍しておらず、事務処理効率化混合名簿導入によるリスクなどを踏まえ、導入を検討していない、男女別が効果的なので、必要性を感じていない、名簿以外で男女混合を行っていることも数多くあるから、男女別活動調査で使用することが多く、使用上煩雑になると思われるからなどなどあり、男女混合名簿取り組みは進んでいません

青森市議会 2017-03-07 平成29年第1回定例会(第5号) 本文 2017-03-07

心と体の性が食い違って苦しんでいる同一障害の当事者の方々は、さまざまな困難を抱えています。例えば、住民票性別が違うということで家を借りることができないとか、あるいは公営住宅へ入居できないとか、あるいは社会保険制度性別が障壁となって正社員になれないとか、病院で保険証を出して本人かどうか疑われる、あるいは典型的なのは、選挙の投票所入場券性別欄を記入して、何度も何度も性別を確認された。

弘前市議会 2016-09-07 平成28年第3回定例会(第3号 9月 7日)

また、性的マイノリティについては社会に正しい知識が普及していないことから、いじめや暴力を受ける、不登校、自殺願望を持つなどの例が少なくなく、2015年4月30日に文部科学省が、同一障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応実施等についてという通知を出し、全国の学校における対応状況調査をしています。  

青森市議会 2016-03-23 平成28年第1回定例会(第8号) 本文 2016-03-23

今は、同性愛、同一障害などに対しても差別解消に向けた取り組みが進み、同性同士結婚に対して証明書を発行している自治体もあります。結婚歴の有無でひとり親世帯やその子どもに格差が生じるのは全く不合理と考えます。貧困対策の観点からも、所得税法における寡婦(夫)控除を未婚の母子世帯まで拡大する法律改正を早期に実現すべきです。  以上申し上げて賛成討論といたします。

  • 1