21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

弘前市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日)

しかし、生活保護法改正案には、生活保護利用者だけに後発医薬品使用義務づけるということや生活保護基準引き下げなどが含まれており、市民の中に不安と批判が広がっています。特に生活保護基準引き下げについては、最大5%の生活扶助費の引き下げとも言われており、また、この引き下げが住民税、保育料、介護保険料、就学援助、最低賃金などに連動し、広範な国民生活に重大な影響を及ぼすとされています。  

八戸市議会 2015-03-09 平成27年 3月 予算特別委員会−03月09日-01号

◎新山 生活福祉課長 うちのほうでは、薬局とかお医者さんが後発医薬品使用が可能であると判断した処方箋を持参した生活保護受給者に対して、後発医薬品についての説明をした上で、原則として後発医薬品の調剤をするようにという取り組みを行っているわけです。当市としても、生活保護受給者に対してはリーフレットを配布するなど、使用促進については理解を求めているところでございます。  

八戸市議会 2014-12-09 平成26年12月 定例会-12月09日-03号

ジェネリック医薬品使用促進については、患者の負担軽減及び医療保険財源の改善に資することから、国においては平成19年10月に後発医薬品の安心使用促進アクションプログラムを策定し、後発医薬品の安定供給、品質確保等について国及び後発品メーカーなどが行う役割分担を明確にし、取り組みが行われてきました。

八戸市議会 2013-12-10 平成25年12月 定例会−12月10日-03号

厚生労働省は2007年に後発医薬品の安心使用促進アクションプログラムを策定し、2012年末までに後発医薬品の普及率を30%以上にすることを目標にし、普及促進の環境整備を図ってきており、各自治体においても地元の薬剤師会や医師会とも連携し、住民への周知を図るなど普及促進に取り組んできております。  

青森市議会 2013-12-09 平成25年第4回定例会(第5号) 本文 2013-12-09

日本では、新薬が出されてから平均で12年ぐらいたつと、後発医薬品メーカーによるジェネリック医薬品が出回ります。しかし、特許保護のために先発医薬品臨床実験データを使えなくなれば、新たにデータをとる費用がかかり、先発医薬品と余り変わらない価格になってしまいます。国境なき医師団は、途上国で使われるエイズ治療薬の約8割がジェネリック医薬品であり、人命が左右される事態になると批判しています。

八戸市議会 2009-03-12 平成21年 3月 予算特別委員会−03月12日-04号

八戸市国保で把握できる医療費、薬に関する経費というのは、厚生労働省後発医薬品、ジェネリック薬品と言っている薬そのものの費用で算出することはちょっと不可能なものですから、大変申しわけございませんけれども、私どもで把握できる範囲で参考値ということでお聞きいただきたいんです。  私どもで医療費を整理して統計をとっているんですけれども、その中で薬剤にかかる部分というのは調剤費という項目になっております。

青森市議会 2007-03-07 平成19年第1回定例会(第3号) 本文 2007-03-07

──に基づく特許の切れた後発医薬品、おおむね低価格となっているジェネリック医薬品はどのくらい市民に周知徹底されているのかお伺いいたします。  3つ目の質問は、収納率についてお尋ねいたします。  本市では、これまで以上にきめ細やかな納付相談を積極的に展開するとあり、夜間の納付相談もされているようではありますが、現在の納付率はどのくらいになるのでしょうか。

八戸市議会 2005-03-17 平成17年 3月 定例会−03月17日-06号

第4款衛生費では、自動体外式除細動器公共施設への設置の必要性、予防接種に係る後発医薬品の導入状況、基本健康診査の受診状況と受診後の指導合併処理浄化槽に係る浄化槽市町村整備推進事業への取り組み、エコタウン事業を活用した焼却灰処理の現状、ごみ収集業務の契約方法の改善状況、天狗沢最終処分場施設整備等工事の内容、災害時におけるごみ収集体制の見直し、ごみ減量推進員への報酬廃止による現状についてであります。

八戸市議会 2003-12-10 平成15年12月 定例会−12月10日-04号

このように特許の切れた薬を他のメーカーが製造するものを後発医薬品と言います。  後発医薬品は先発品と違い、多額の開発費がかからないので、コストが安く済み、販売価格も当然安くなります。先発品の2分の1から8分の1とも言われています。  今から10年前の平成5年、旧厚生省医療費抑制のために後発品の利用促進を打ち出しました。

青森市議会 2003-09-08 旧青森市 平成15年第3回定例会(第2号) 本文 2003-09-08

そこでお聞きしますが、患者及び市の国民健康保険財政負担の軽減を図るため、青森市病院において低価格である後発医薬品を多く使用すべきと考えるが、どのようなお考えか、お聞かせ願いたい。  また、そのために医師に対して後発医薬品使用を積極的に啓発していくべきではないのか、御所見をお伺いいたします。  次に、雪対策、流雪溝についてお伺いいたします。  

八戸市議会 2002-03-04 平成14年 3月 定例会−03月04日-02号

また、医療行政についての御質問のうち、後発医薬品使用については、後ほど病院長からお答え申し上げます。  次に、地域福祉計画についての御質問ですが、平成12年6月、社会福祉業法の一部改正により改められた社会福祉法地域福祉の推進に関する章が設けられました。その中に、市町村における地域福祉の計画的な推進に関する規定が設けられ、地域福祉計画の策定が義務づけられたものであります。  

  • 1
  • 2