205件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2020-12-11 令和 2年第4回定例会(第5号12月11日)

その他の、例えば建設とか、その他の企業に対して、市の職員もこういうふうに一生懸命、飲食店に対して応援をしたい旨、こういうふうにしますのでということで、ほかの企業団体に、ほかの、医療関係介護関係ほど影響のない企業団体にも忘年会をどうかということの要請とか、そういうふうなものを考えているのですか。 ○議長清野一榮議員) 外川企画部長

青森市議会 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 2020-12-09

令和2年度除排雪事業実施計画は、「目的」、「除排雪実施体制」、「除排雪作業実施方法等」、「パートナーシップによる除排雪雪処理支援制度等」及び「その他の雪対策」の5本の柱で構成されており、昨年度の計画と比較した主な変更点については、1つに、新型コロナウイルス等感染症により、除排雪作業実施影響を及ぼさないため、除排雪事業者へ「建設における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」の遵守を徹底

青森市議会 2020-12-07 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 2020-12-07

本市消防団では、消防団員の増員に向けた取組といたしまして、消防団事業所連携強化目的とした消防団協力事業所表示制度実施大学生等対象とした地域社会への貢献を市が認証する学生消防団活動認証制度実施青森消防団合同観閲式青森青森消防団新町パレード及び青森浪岡消防団出初め式実施建設などをはじめとした各事業所加入促進をPRするため、消防団事務担当者が訪問を実施青森成人式加入促進

十和田市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-03号

担い手不足が顕在化する職業、産業につきましては、平成27年国勢調査による本市の主な産業別分類によりますと、農業、林業において55歳以上の割合が74%、建設におきましては40.2%と年齢の高い層に偏っていることから、今後担い手不足が心配される産業であると考えております。  以上です。 ○議長畑山親弘) 今泉議員 ◆2番(今泉信明) 次に、バイオマス発電に関して再質問させていただきます。  

弘前市議会 2020-06-17 令和 2年第2回定例会(第3号 6月17日)

あとは、土木建設なのですが、設計や測量は対象になるけれども、現場で作業する土木・建築は対象にならないと。あと家具修理業対象になるけれども、家具製造業対象にならないということで、職種で線を引いているために、どうしてもこの制度から漏れてしまうという業者もやっぱり存在しているということなのです。  

六ヶ所村議会 2020-06-11 令和2年 第2回定例会(第3号) 本文 2020年06月11日

例えば、建設許可の中に電気も入ってくるということで電気の工事やっている方々は、いずれにしても許可は、国・県は特定、県は一般、そういう分け方しているんです。だから、これで終わりますけれども、後で担当課によく勉強しにいきます。終わります。 議長高橋文雄君) 2番。

青森市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-04

市長もかわって、新しい青森市をこれからつくっていくという中にあっては、建設もそこは期待していたはずであります。談合しろと言ってるんじゃない。談合は絶対してはならないけれども、その中にあって、行政が覚悟を決めて、利益が残るような実勢価格の中でやっていくというふうにしないと、基本的には二次産業は死んでいきますよ。

弘前市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第5号12月14日)

私はずっと、議員当選以来、建設もそうでした、給食センターを建てるときもここで訴えました。あるいは、印刷業界のことでも訴えました。  市内業者でできることであれば、やっぱり市内に本店を有する業者にやらせてほしい。特に弘前の子供たちの通学の安全安心に係ることですので。別に今の業者がだめだというわけではないけれども、できるだけ市内業者にやらせてほしい。  

弘前市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3号12月12日)

建設人材不足という中では、人材確保という観点も重要でありますが、企業体を取り入れた理由としましては、雪置き場管理業務に使用する、いわゆる重機が特殊であります。単独企業台数確保することが難しいことから取り入れております。現在は将来にわたり重機台数確保が必要であることから、単独企業体にかかわらず雪置き場管理に必要な重機台数確保していることを入札参加資格の条件としております。  

青森市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 2018-09-06

40 ◯21番(木下靖君) 除排雪事業者とはいえ、除排雪だけでやっているわけじゃないので、当然、本業といいますか、建設業者ですので、そちらの建設としてしっかりやっていけるような国としての施策を求めるということなのだと思います。具体的にどういう方法なのかというのはわかりませんけれども、それはもちろん大変重要なことだと思います。

青森市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 2018-06-12

しかも、研究開発業務は初めから適用除外建設自動車運転、医師は5年間先送りするなど、抜け穴だらけで長時間労働を温存します。  また、安倍首相は同一労働同一賃金と繰り返しましたが、法案にその言葉は一切ありません。正規と非正規雇用の格差について、配置転換など人材活用の仕組みや労働者の能力、成果など、企業恣意的判断で差別を容認、拡大します。

弘前市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第5号 3月 2日)

子育てや介護の分野では、当市には保育士等養成校があり、保育士介護士を養成できる環境にありながら保育士介護士不足しており、このままでは保育所介護事業所の運営に影響が出るものと推測しているほか、建設では技術労働者不足しており、建設現場人材不足だけではなく、重機オペレーター不足により建設作業除雪作業の維持が困難になってまいります。  

青森市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 2018-02-28

これらの高い有効求人倍率背景には、景気回復人口減少による人手不足青森県に限って言うと、首都圏等への人材流出に伴い、介護建設などの一部業種での人材不足求人の全体数を押し上げたことなど、さまざまな背景があるようですが、現状としては、働く場所を求める人にとっては職を得やすい環境となっているようです。