317件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

第12条は、建物に係る設備基準を規定しており、第1項から第3項までに、建築基準及び消防法の遵守、消火設備等の設置に努めることを、第4項から第6項までに、設置すべき居室等の設備及びその基準を定めている。  第13条は、職員配置の基準を規定しており、施設長1名を含み、入居者の数や提供するサービス内容に応じた職員を配置することを定めている。  

八戸市議会 2020-03-05 令和 2年 3月 定例会-03月05日-03号

質問のYSアリーナの火気使用についての制限理由、あるいは一時的に利用できる方法の有無ということでございますが、議員御案内のとおり、火気の使用はできないということにはなっておりますが、その理由としまして、建築物につきまして定めております建築基準、それから消防法の規定によりまして、ガスコンロ等の火気を使用する厨房設備を設置したスペースには、内装材を不燃材料とすること、それから発生する熱、煙を考慮した

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

本案は、建築基準の一部改正により、既存建築物を他用途に円滑に転用するための建築規制の合理化を行うため、一般的な避難時間に着目し、耐火建築物に適合しなければならない建築物から、3階建てで延べ床面積が200平米未満のものが除かれることとされたが、認定こども園及び保育所の用に供する建築物については、火災時の避難に通常よりも時間を要すると考えられる子どもの安全を確保するため、これまでと同様の耐火基準を維持

八戸市議会 2019-12-12 令和 1年12月 民生常任委員会-12月12日-01号

次に、2、改正の内容ですが、保育所の耐火性能基準については、建築基準による規制に加え、保育所基準により規制されておりますが、令和元年6月25日に建築基準が一部改正され、3階建ての建物について、延べ面積200平方メートル未満の場合には耐火建築物であることが求められなくなったところでございます。  

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

この指定避難所の見直しの際には、昭和56年6月1日に改正された建築基準に基づく新耐震基準に適合する建物を選定するという方針を定めてございまして、改正法施行日以降に建築されたものである、またはそれ以前建築されたもので耐震診断耐震工事が施されたものを選定しており、現状では全ての施設――指定避難所や指定避難場所において耐震基準を満たしているところでございます。  以上です。

青森市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-09

2006年に東京都で起きた高校生の死亡事故を機に建築基準施行令が2009年に改正され、同年9月以降の着工分にこの二重ブレーキの取りつけが義務づけられました。このエレベーター安全装置、二重ブレーキは、エレベーターで通常のブレーキがきかず、扉があいたまま昇降した際に作動する別系統のブレーキであります。その後も残念ながら、2012年にも金沢市死亡事故が発生してしまいました。

八戸市議会 2019-11-21 令和 1年11月 民生協議会−11月21日-01号

次に、2、改正の概要でございますが、保育所の耐火性能基準については、建築基準による規制に加え、保育所基準により規制されておりますが、令和元年6月25日に建築基準が一部改正され、記載のとおり3階建ての建物について、延べ面積200平米未満の場合には耐火建築物であることが求められなくなったところでございます。  

青森市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会[ 資料 ] 2019-09-27

本案は、平成30年6月27日に公布された建築基準の一部を改正する法律施行に伴い、所要の改正をするものである。  改正内容であるが、1つには、用途規制の適用除外に係る手続の合理化について、既に特例許可を受けた建築物の増築、改築または移転について、建築審査会の同意及び意見の聴取を不要とする許可をすることができるようになったため、当該許可事務手数料を12万円と定めるものである。

弘前市議会 2019-09-09 令和元年第2回定例会(第2号 9月 9日)

近年、全国各地での建築物や昇降機において発生している事故を踏まえ、より一層の適正管理を図るため、昨年度は、市の建築技師による建築基準に基づく公共施設定期点検を実施いたしました。同センターの点検は昨年11月に実施され、壁及び天井の一部に倒壊及び落下のおそれがあるため、早急に検討が必要であるという内容でありました。  

青森市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-09-09

そこで質問いたしますが、都市計画区域内で車庫やカーポートを建てるに当たり、建築基準では本市はどのような手続を必要としているのかをお示しください。  続いての質問は、市営住宅の入居継承についてお尋ねいたします。  前定例会で市営住宅について質問させていただきました。新たな相談者から、行き場所がなく、悩み、生きることに行き詰まっていると深刻な相談を受けることがございました。

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 建設協議会−07月19日-01号

その内容は、(1)八戸市地域防災計画に記載の津波避難路沿道に存するもの、(2)専門家または耐震改修工事等の施工業者による、国が公表したブロック塀等のチェックポイントを用いて行った耐震診断の結果、不適合な項目があり、倒壊の危険性があると判断されたもの、(3)道路面からの高さ基礎を含め1メートル以上のもの、(4)建築基準第9条の規定に基づく違反命令を受けていないものとしております。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会[ 資料 ] 2019-07-04

本案は、平成30年6月27日に公布された建築基準の一部を改正する法律施行に伴い、所要の改正をするものである。  改正内容であるが、1つには、用途規制の適用除外に係る手続の合理化について、既に特例許可を受けた建築物の増築、改築または移転について、建築審査会の同意及び意見の聴取を不要とする許可をすることができるようになったため、当該許可事務手数料を12万円と定めるものである。

弘前市議会 2019-06-28 令和元年第1回定例会(第6号 6月28日)

まず、議案第13号は、建築基準の一部改正に伴い、用途地域等における建築等の許可に係る手続において公開による意見の聴取及び建築審査会の同意が不要となる場合の建築許可申請手数料を定めるなど、所要の改正をするものであります。  審査の過程で、委員より「興行場等及び特別興行場等とは何か。また、それぞれの許可の実績を伺いたい。」

八戸市議会 2019-06-24 令和 1年 6月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会-06月24日-01号

工事は、建築基準の改正を受け、地震の際、天井が落下しないよう公会堂ホール、エントランス、ホワイエ、公民館ホール天井の脱落防止工事を行うほか、両館の構造躯体の耐震化、その他エレベーターエスカレーター、自動ドアの設置や、各ホールの座席の入れかえ、トイレの洋式化等の改修、館内の段差解消などを行うもので、これまで説明してきた内容と変更はございません。  

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 建設常任委員会-06月21日-01号

まず1、改正理由でございますが、建築基準の一部を改正する法律などにより、用途地域における建築許可手続の合理化や、区画整理事業などにより既存の建築物の移転に関する制限緩和など、許可及び認定申請手数料の額を定めるとともに、その他所要の改正をするためのものでございます。  次に、2、改正内容の(1)について御説明いたします。  

八戸市議会 2019-06-21 令和 1年 6月 民生常任委員会-06月21日-01号

6目総合保健センター費78万4000円の増額は、12節役務費は建築物及び工作物に係る建築基準に基づく申請等手数料を、13節委託料は受電開始後の自家用電気工作物保安点検業務委託料及び外構工事工事監理業務等委託料をそれぞれ増額し、15節工事請負費は事業費の精査により減額するものでございます。  説明は以上でございます。 ○松橋 委員長 これより質疑を行います。御質疑ありませんか。  

八戸市議会 2019-06-13 令和 1年 6月 総務協議会-06月13日-01号

工事は、建築基準の改正を受け、地震の際、天井が落下しないよう公会堂ホール、エントランス、ホワイエ、公民館ホール天井の脱落防止工事を行うほか、両館の構造躯体の耐震化、その他エレベーターエスカレーター、自動ドアの設置や、各ホールの座席の入れかえ、トイレの洋式化等の改修、館内の段差解消などを行うもので、これまで説明してきた内容と変更はございません。  

八戸市議会 2019-05-22 令和 1年 5月 建設協議会-05月22日-01号

まず、1、改正理由でございますが、昨年の6月27日に交付された建築基準の一部を改正する法律により、用途地域における建築許可手続の合理化や用途変更による興行場等の使用許可等に関する規定が見直しされました。  この法改正や事務の拡充に伴う新たな事務手続が生じることから、これらの事務に係る手数料を徴収するため、八戸市手数料条例の一部を改正するものでございます。