3263件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会−09月20日-付録

      │                       │    ├─────┼─────┤    │     │ │      │                       │    │建   設│原案可決 │    │     │ ├──────┼───────────────────────┼────┼─────┼─────┼────┼─────┤ │議案第99号 │令和元年度八戸市立市民病院事業会計補正予算

八戸市議会 2019-09-20 令和 1年 9月 定例会-09月20日-04号

最後に、小林市長におかれましては、新しいこの令和の時代、ますます少子高齢化が進む中で、市民の皆さんがこの町に住み続け、一人一人が幸せを実感できる市民サービスの向上に努めていかねばなりません。連携中枢都市圏域の7町村とも強く連携しながら、新たな時代の牽引役として大いにその力を発揮されることを御期待申し上げ、自由民主・市民クラブを代表しての意見とさせていただきます。

八戸市議会 2019-09-09 令和 1年 9月 定例会-09月09日-02号

市政壇上へ押し上げていただきました市民の皆様へ心より感謝と御礼を申し上げ、30年間、百貨店の現場において肌で感じてきた消費者、生活者の感覚と市民の目線を大切にして、市勢の発展と市民福祉の増進のため、一意専心、精進してまいる所存でございます。市長を初め理事者の皆様方、そして、先輩議員の皆様方には、何とぞ御指導、御鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。  

八戸市議会 2019-08-05 令和 1年 8月 臨時会-08月05日-01号

        大平 透 君    教育長        伊藤博章 君    総合政策部長     中村行宏 君    まちづくり文化スポーツ部長               原田悦雄 君    総務部長       大坪秀一 君    財政部長       岩田真奈 君    商工労働観光部長   磯嶋美徳 君    農林水産部長     出河守康 君    福祉部長       豊川寛一 君    市民防災部長

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 民生協議会-07月19日-01号

   藤 川 優 里 君   〃   小屋敷   孝 君   〃   冷 水   保 君   〃   山 名 文 世 君 欠席委員(1名)  副委員長 久 保 百 恵 君 委員外議員(なし)  ────────────────────────────────────── 出席理事者  福祉部長福祉事務所長      豊 川 寛 一 君  健康部長             佐々木 勝 弘 君  市民防災部長

八戸市議会 2019-07-19 令和 1年 7月 総務協議会-07月19日-01号

次に、(2)以降は今後実施予定の項目で、直接市民から意見を聞く機会として、市民アンケートや市民ワークショップ、各種団体との意見交換会等を実施いたしますとともに、計画の原案ができ上がった時点で、(8)のパブリックコメントを実施することとしております。  主な審議内容につきましては以上でございます。  それでは、タブレットでは2ページとなりますが、最初の資料にお戻り願います。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 2019-07-04

ことしの1月から開催されている議員定数削減に係る検討会の会議概要を読みますと、なぜ3人削減するのか、32人にするのはなぜなのか、市民の多様なニーズや意思を反映するために、全住民を代表するにふさわしい数についての議論が全くされていませんでした。数の帳尻合わせを行っていたというふうにしか読み取れません。  

青森市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第7号) 議事日程・名簿 2019-07-04

 君   企 業 局 長  中 川   覚 君 農林水産部長       梅 田 喜 次 君   代表監査委員   杉 田   浩 君 都市整備部長       大 櫛 寛 之 君   総 務 部 長  能代谷 潤 治 君 都市整備部理事      長 井 道 隆 君   総務部理事    山 谷 直 大 君 浪岡事務所副所長     三 浦 大 延 君   総務部理事    吉 本 雅 治 君 市民病院事務局

弘前市議会 2019-06-28 令和元年第1回定例会(第6号 6月28日)

委員より「本案は、市民サービスを考慮したものではなく、事務等の煩わしさから行政内の処理のみを考慮して提案したものと考えるが、どうか。また、督促手数料の歳入額は幾らか。」との質疑に対し「本案は、その性質上、市民サービス目的としたものではないが、国、県、他自治体の状況を踏まえ、税の公平性を確保しながら、事務の効率化等を考慮したものである。また、平成29年度の督促手数料決算額は約580万円である。」

八戸市議会 2019-06-26 令和 1年 6月 定例会-06月26日-04号

本案に対し意見を徴したところ、久保しょう委員より、現在のバス運賃は50円単位でわかりやすく、市民にも定着していること、公共交通機関の利用者の多くが高齢者で、20円の増は少額といえども負担増となり、現在でも切り詰めて生活している市民痛みが伴うことをするべきではないことから反対であるとの意見があり、採決に付した結果、賛成多数をもって原案のとおり可決されました。  以上で報告を終わります。  

八戸市議会 2019-06-26 令和 1年 6月 民生常任委員会−06月26日-01号

副委員長 久 保 百 恵 君  委 員  高 橋 正 人 君   〃   苫米地 あつ子 君   〃   藤 川 優 里 君   〃   小屋敷   孝 君   〃   冷 水   保 君   〃   山 名 文 世 君 欠席委員(なし) 委員外議員(なし)  ────────────────────────────────────── 出席理事者  健康部長         佐々木 勝 弘 君  市民防災部長

八戸市議会 2019-06-24 令和 1年 6月 観光振興特別委員会-06月24日-01号

観光振興の取り組みは、市のさまざまな資源保護育成、創出を促進させることにもつながる上、このまちに暮らす市民の皆様が誇りと愛着を持ちながらまちづくりを構築する活力になると考えております。  委員並びに理事者の皆様の御協力、御指導をいただきながら取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。  次に、豊田副委員長から御挨拶をお願いいたします。

八戸市議会 2019-06-24 令和 1年 6月 港湾・都市基盤整備推進特別委員会-06月24日-01号

8名)  委員長  冷 水   保 君  副委員長 高 山 元 延 君  委 員  髙 橋 貴 之 君   〃   苫米地 あつ子 君   〃   夏 坂   修 君   〃   工 藤 悠 平 君   〃   松 橋   知 君   〃   山 名 文 世 君 欠席委員(なし) 委員外議員(なし)  ────────────────────────────────────── 出席理事者  市民防災部長

八戸市議会 2019-06-24 令和 1年 6月 広域連携推進特別委員会-06月24日-01号

医療サービスの提供からcの高等教育機関等と連携した地域人材育成までの3施策、事業は28番ドクターカー運行事業の充実・強化から、39番学官連携地域シンクタンクまでの12事業、次のページに参りますが、役割の3では、圏域全体の生活関連機能サービスの向上につきまして、連携施策、医療体制の充実からこのページ一番下のほうとなりますが、NPO等の活動促進までの16施策、事業番号では40番医師派遣事業から76番市民活動

八戸市議会 2019-06-24 令和 1年 6月 屋内スケート場・スポーツ文化施設建設特別委員会-06月24日-01号

しかしながら、施設の老朽化や魅力的で自由度の高い芸術文化の確保など、さまざまな課題が表面化しておりまして、市民団体から新美術館建設を求める陳情が提出されるなど、長年多くの市民の皆様から新美術館の整備が期待されてきたところでございます。  このような背景から、平成28年度から本格的に新美術館整備に取り組んできたところでございます。  

青森市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第6号) 議事日程・名簿 2019-06-21

 君   企 業 局 長  中 川   覚 君 農林水産部長       梅 田 喜 次 君   代表監査委員   杉 田   浩 君 都市整備部長       大 櫛 寛 之 君   総 務 部 長  能代谷 潤 治 君 都市整備部理事      長 井 道 隆 君   総務部理事    山 谷 直 大 君 浪岡事務所副所長     三 浦 大 延 君   総務部理事    吉 本 雅 治 君 市民病院事務局

弘前市議会 2019-06-21 令和元年第1回定例会(第5号 6月21日)

本年3月に策定した弘前市総合計画は、弘前市協働によるまちづくり基本条例の理念に基づき、市政懇談会や将来都市像策定のための市民会議、総合計画審議会パブリックコメント、そして市議会などを通じて多くの市民の声を丁寧に聞きながら、総合計画全般にわたって市民との協働でつくり上げることを第一に策定したものであります。