638件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

十和田市議会 2020-09-10 09月10日-一般質問-04号

建物活用方法としましては、コミュニティセンターとしての活用避難所としての活用多目的スポーツ宿泊施設としての活用地域の特色ある施設、特に稲作に係る展示、記念館としての活用について、周辺の農地の活用まで含めたご提案を頂く一方で、いずれの利用方法地域において維持管理することが難しいため、跡地建物を取得して利用する場合には、市において維持管理を行ってほしいというご意見や同程度の規模の集会施設が各地域

弘前市議会 2020-09-10 令和 2年第3回定例会(第4号 9月10日)

もう一つは、これ、ある人から言われたのですが、ある美術愛好家美術団体が、自分たちのやる展示会のチラシを持っていったのだそうです。そうしたら、断られたと。何だもんだばと。  何ですかね。非常に、市民のための美術館と言いつつ、市民との距離を感じている人が多いのではないかと、そんな心配があるのです。こういった声は聞こえていましたでしょうか。 ○議長(清野一榮議員) 野呂都市整備部長

青森市議会 2020-09-08 令和2年第3回定例会(第6号) 本文 2020-09-08

また、具体的な管理方法としては、例えば、樹木を対象とする天然記念物の場合には枝の剪定や敷地の刈り払いを行ったり、遺跡出土品等対象とする有形文化財の場合には、それらを保護するためのガラスケースに収納し、展示公開を行ったりしております。  教育委員会といたしましては、市指定文化財の適切な管理が今後とも継続して実施されるよう、引き続き市指定文化財管理者に協力してまいります。  

弘前市議会 2020-09-08 令和 2年第3回定例会(第2号 9月 8日)

それで、年配のお客さんは、やはり古いいろいろな展示物とかを見ながら懐かしいなということで喜ばれますし、反対に若い世代お客さんが――若い世代お客さんは関東近郊であると、大都市であると、Suicaみたいなああいうので電車に乗っていくわけですけれども、いわゆる切符を購入して改札口ではさみを入れてもらうという体験をしたことがないという人がすごく多いのですね。

青森市議会 2020-09-03 令和2年第3回定例会(第3号) 本文 2020-09-03

しかしながら、市民皆様青森ねぶた祭の雰囲気を少しでも味わっていただくとともに、運行側にとっても、ねぶたへの情熱を持ち続け、ねぶたのない異例の夏祭りを乗り越え、来年の祭り開催に向けた思いをつないでいくことを目的に、新型コロナウイルス感染防止策を講じた上で、大型ねぶたを3台展示し、ねぶた囃子の演奏を行う「青森市民ナヌカ日ねぶた」を8月7日に開催し、市民4000人が楽しんだところであります。  

弘前市議会 2020-07-31 令和 2年第2回臨時会(第1号 7月31日)

令和 2年第2回臨時会(第1号 7月31日)   議事日程(第1号) 令和2年7月31日                 午前10時 開議 第1 会議録署名議員の指名 第2 会期の決定 第3 諸般の報告 第4 議案第59号 令和2年度弘前一般会計補正予算(第8号)    議案第60号 令和2年度弘前介護保険特別会計補正予算(第1号)    議案第61号 弘前市立百石展示館条例等の一部を改正する

弘前市議会 2020-06-19 令和 2年第2回定例会(第4号 6月19日)

まちなかでの灯籠展示については、そういったことから、これまでも商店街とか各個店市民団体といった皆様たちが御苦労されながら、少しでもムードを盛り上げようということでやっていたのですけれども、どうしても単体だと、なかなか限界があって、大きい線となってつながらなかったというのが現状でなかったのかなと思います。

弘前市議会 2020-06-16 令和 2年第2回定例会(第2号 6月16日)

次に、5施設におけるイベント・事業等の中止や延期等による予約のキャンセルの状況でありますが、弘前市民会館においては、4月6日までで、件数が41件、利用予定人数が3万3315人、弘前文化センターにおいては、件数が185件、利用予定人数が1万4083人、岩木文化センター百石展示館及び弘前市民文化交流館の合計ですが、件数が382件、利用予定人数が2万1110人となってございます。  

青森市議会 2020-06-03 令和2年第2回定例会(第1号) 本文 2020-06-03

事業内容につきましては、青森ねぶた運行団体協議会制作委員会と協議しながら検討したところであり、1つに、ねぶた技法を用いた新たなアート作品制作展示。2つに、青森市がオリンピック・パラリンピックのホストタウンになっているタジキスタンの子どもたちなどとのオンラインワークショップ実施。3つに、ねぶたアートに関するオンラインシンポジウム実施を予定しているところであります。  

十和田市議会 2020-03-10 03月10日-一般質問-03号

具体的には、インフォメーションカウンターの設置、大型映像機器による自然の魅力を紹介する展示充実、冷暖房やトイレの改修に取り組むこととしており、再整備によりまして、周辺エリアの情報が得られるワンストップ窓口機能、ツアーの発着拠点としての機能や常駐するガイドによるレクチャー機能快適性の高い休憩機能などが強化され、観光客に対するサービスの充実が図られるものと考えております。  

弘前市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 4日)

当市としては初めての本格的な美術館の開館であり、国内外で活躍するアーティストによる作品展示のほか、市民皆様が気軽に足を運び会話を楽しむ場として、また様々な芸術活動実施する場として活用できる市民活動交流スペースも用意しておりますので、ぜひ多くの市民皆様に御利用いただきたいと考えております。