13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

青森市議会 2012-03-23 平成24年第1回定例会[ 資料 ] 2012-03-23

以上が説明の概要であるが、審査の過程において一部委員から「道路の占用物件で新しく追加される食事施設や購買施設は、例えばラーメン屋の屋台も該当するのか」との質疑に対し、「国においては、オープンカフェ等も今後、位置づけていくと聞いており、屋台も対象になると考えている」との答弁があり、両案については、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決したものである。  

青森市議会 2012-03-02 平成24年第1回定例会(第3号) 本文 2012-03-02

また、函館大門バルでことし2月に開催されたバル祭にもうちのほうの青森屋台のブースを設けまして、味噌カレー牛乳ラーメンとか、それから、商業高校の生徒が開発したカマボコ販売など4店も出店してございますので、そういうコラボレーションは今後も続けていきたいと考えております。  以上です。

青森市議会 2011-12-22 平成23年第4回定例会[ 資料 ] 2011-12-22

次に、第12条は行事から暴力団を排除する取り組みについて規定しており、市が共催し、または後援しているか否かを問わず、ねぶた祭を初めとする祭礼や縁日など公共の場所における行事を主催する者は、当該行事の開催及び運営に関し、暴力団員を利用しないこと、または関与させないこと、暴力団員であることを知りながら、その者を当該行事に参加させないこと、暴力団員であることを知りながら、その者の露店、屋台その他これらに類

青森市議会 2010-12-09 平成22年第4回定例会(第4号) 本文 2010-12-09

冬のメーンイベントにつきましては、食と灯りの祭典と題し、青森の食や地酒などが楽しめるあおもり雪見屋台や、2台の大型ねぶたが中心市街地を練り歩く冬ねぶたの運行、さらには、青森駅前公園や新町通りに市民が制作した金魚ねぶた、雪灯籠そしてミニかまくらなどを設置する雪灯りの3つを柱といたしまして、来年2月10日から12日まで開催することとしております。

青森市議会 2010-03-24 平成22年第1回定例会[ 資料 ] 2010-03-24

そのほか、1月23日、24日の両日開催した青森の御当地グルメ屋台では、販売した味噌カレー牛乳ラーメン、生姜味噌おでん、ホットアップルサイダーが瞬く間に完売し、また、24日に明治神宮のねぶた前で配布した2000部の青森市観光パンフレットは4時間で配布を完了するなど、東京における新幹線開業のPRはかなりの効果があったものと考えている。  

青森市議会 2010-03-09 平成22年第1回定例会(第5号) 本文 2010-03-09

具体的には、冬には冬ねぶたや雪見屋台などを柱に食と雪国の明かりをアピールする祭典、春はB級グルメを核とした食の祭典、夏はねぶたの特別運行、秋は収穫祭とハロウィンねぶたの運行といった、青森の特性を生かしつつ市民参加型の趣向を凝らしたイベントを展開することといたしております。  

青森市議会 2008-09-26 平成20年第3回定例会[ 資料 ] 2008-09-26

また、新町通りは夜間には歩行者が余り見られなくなることから、空き店舗の  1階部分を屋台村のような形で夜ににぎわいが出るようにし、2階、3階がある物件については、  若い人たちに開放することも含め、若い人たちをいかに集めるかということを考えるべきと思う。  

青森市議会 2007-03-22 平成19年第1回定例会[ 資料 ] 2007-03-22

その内容とこれまでの状況については、本年2月8日から14日までミニライブや氷のアート展などのイベントを開催するとともに、駅前公園においては青森の「食」を発信する冬の屋台村、パサージュ広場においてはキャンドル創作教室を開催し、多くの市民に中心市街地の町歩きを楽しまれたものと考えている。

  • 1