2134件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号

平成31年度は特に乗り合いバス13台の更新、液晶運賃表示器27台の購入を計上するなど、サービス向上にも向けた予算編成でありますので、今後とも市民の安全安心の確保、サービスの向上に努め、経営健全化計画並びに資金不足等解消計画を引き継ぎ、経営の健全化と公共交通の使命を柱に公共交通経営をしていただくことを期待いたします。  次に、議案第3号平成31年度八戸市立市民病院事業会計予算についてであります。  

八戸市議会 2019-03-15 平成31年 3月 予算特別委員会-03月15日-04号

しかしながら、今後、人口減少、少子化の進展などを背景に利用者数並びに運送収益の減少が見込まれ、さらには、安全の確保やサービスの向上に不可欠な老朽化したバス車両などの設備更新、また、事業を継続していくために必要な人材の確保などが課題となっており、依然として厳しい経営状況に置かれております。  

八戸市議会 2019-03-13 平成31年 3月 予算特別委員会−03月13日-03号

このことで、安全対策について十分配慮していただきたいという要望があります。  そこで、区画整理道路と都市計画道路3・4・28号線の区画整理道路の交差点の安全対策についてお伺いしたいと思います。 ◎三浦 駅西区画整理事業所副所長 岡田委員にお答え申し上げます。  

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-01号

7目交通安全教育施設費は、八戸公園内の交通安全ふれあい広場の管理運営経費でございます。  8目電算管理費は、次の53ページにわたりますが、市の事務の電算処理に要する経費で、13節の電算処理等委託料、14節のOA機器等借上料が主なものでございます。  9目市民相談室費は、職員の人件費のほか、運営に要する経費でございます。  

八戸市議会 2019-03-11 平成31年 3月 予算特別委員会−03月11日-目次

│10│地方特例交付金        │                       │ │   ├─┼───────────────┤                       │ │   │11│地方交付税          │                       │ │   ├─┼───────────────┤一括審査                   │ │   │12│交通安全対策特別交付金

六ヶ所村議会 2019-03-07 平成31年 第1回定例会(第3号) 本文 2019年03月07日

次のページの11款地方交付税に1,316万9,000円を計上、12款交通安全対策特別交付金に100万円を計上、13款分担金及び負担金に2,518万9,000円を計上した主なものは、教育費負担金の六ヶ所高等学校通学バス保護者負担金及び教育費負担金の学校給食費であります。  

八戸市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会−03月05日-03号

こうしたことから、はっちとマチニワの正面付近の横断につきましては、法律上、規制することはできず、また、国道340号は一方通行であり、安全確認をしやすい状況にあることから、横断者が絶えない要因となっていると考えられますが、横断者がふえている状況にもあることから、交通安全上の課題もあると捉えております。  

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

この件につきましては、平成28年3月市議会定例会でも質問しておりますが、車両が安全に通行できるよう、狭隘箇所の拡幅について調査、検討を行っていく旨の答弁をいただいております。  そこで、調査、検討を行った結果、どのような結論に至っているのか、さらには拡幅整備の今後の見通しについて伺います。  次に、3点目として、南部山健康運動公園へのアクセス道路について伺います。  

八戸市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会-02月26日-01号

私は、住民の安全安心な生活を保障する分野である医療、福祉等の制度については、各自治体の財政力にかかわらず、全国どこに住んでいても同様のサービスを受けられるようにすべきと考えており、子どもの医療費助成については、国の責任のもと全国一律の制度とするよう、引き続き全国市長会等を通じて働きかけてまいりたいと考えております。  

六ヶ所村議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文 2019年02月25日

水産業においては、泊焼山地区に漁業者用舗道整備第2期工事を実施し、磯漁の資源や漁業者の安全性を確保してまいります。また、人工魚礁設置事業については、泊海域にヤリイカ産卵礁の工事に着手いたします。近年、堅調な漁獲高を見せている泊漁業協同組合の昆布漁については、増養殖場及び乾燥場の整備に着手し、資源管理型漁業への転換を図ってまいります。

八戸市議会 2019-02-21 平成31年 2月 建設協議会-02月21日-01号

次に、工事概要ですが、本工事は、津波発生時に類家南雨水ポンプ場放流ゲートからの堤防内への逆流に備えるものであり、東部終末処理場からゲートを監視し、遠方から安全に操作を行うための工事を実施いたします。  主な工事内容として、まず、類家南雨水ポンプ場では、遠方監視操作に必要な設備と河川の状況を監視する監視カメラの設備の新設、及び現在手動である放流ゲート開閉装置の電動化工事を行います。  

八戸市議会 2019-02-21 平成31年 2月 民生協議会-02月21日-01号

4、制定に当たっての取り扱いと市独自の規定のうち、(1)制定に当たっての取り扱いでございますが、現行の認定要件は県条例によって規定されており、県条例は国基準と同様の内容となっておりますが、現状において各施設の運営状況に支障がないと認められることから、基本的に県の認定要件を維持した内容といたしますが、子どもの生命、安全を確保する観点から、幼保連携型認定こども園の当市の基準と同様に、非常災害対策に係る市独自

八戸市議会 2019-02-21 平成31年 2月 総務協議会-02月21日-01号

市では、これまで屋外広告物法に基づき、良好な景観の形成と風致の維持、公衆に対する危害防止を目的として八戸市屋外広告物条例を定め、屋外広告物の表示等の規制を行ってまいりましたが、近年、適切に維持管理されていない屋外広告物が落下する事故が全国で発生していることを受け、平成28年4月に国土交通省が改正しました屋外広告物条例ガイドラインに準じ、屋外広告物の安全性向上を目的に、定期的な有資格者による点検の実施

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26

図り、若者を初めとした多くの市民がこのまちで暮らしていける環境づくりに挑戦する「しごと創り」、「(2)少子化の進展」という課題に対応し、未来を支える人材の育成を図り、将来を担う世代を育むとともに、市民が生涯を通じて学び、地域や社会で活かせる環境づくりに挑戦する「ひと創り」、「(3)多様化する地域課題・地域活力の維持」という課題に対応し、連携の推進・安心な地域社会づくりを図り、誰もが住みなれた社会で安全

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会(第7号) 本文 2018-12-26

本筋である認可保育所整備ではなく、企業主導型保育の拡大によって待機児童解消が図られれば、保育の質や安全性の問題が生じざるを得ないことは明らかです。  よって、国として必要な財源措置を行い、安心できる保育の実現を求めるものです。議員各位の賛同をお願いし、賛成討論といたします。御清聴ありがとうございました。