1368件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八戸市議会 2019-03-22 平成31年 3月 定例会−03月22日-06号

八戸市美術館整備事業、八戸市長根屋内スケート場、フラットアリーナの進捗状況、スピードスケート国際大会の誘致などについて理事者から説明を受け、協議してまいりました。  さらに、一昨年10月には委員会の調査視察を実施し、鹿嶋市では、鹿島アントラーズのサッカースタジアム運営について、富山市では、富山市ガラス美術館について美術館のあり方、まちづくりへの役割などを調査してまいりました。  

六ヶ所村議会 2019-03-07 平成31年 第1回定例会(第3号) 本文 2019年03月07日

その関係ですが、今はもういいのではないかという考え方、これもありますけれども、その点は国際間の交流でありますから双方がお互いにそこに合意に達しないとなかなか国際交流の関係はやめたとかさまざま、そういう簡単なことではないんです、これは。そこのところはご理解願いながら、実はおととし、去年、一昨年になりますか、ヴァーレン市からもこちらのほうへ約7名、8名の方々が訪問に参っております。

八戸市議会 2019-03-06 平成31年 3月 定例会−03月06日-04号

このような中、当市における外国人の相談対応につきましては、これまで庁内各課と国際交流担当部署が緊密に連携し、当市在住外国人の生活や各種行政手続等の相談に対応するとともに、外国人住民の転入時には、市民課住民登録窓口において、八戸での生活に必要な情報を多言語で提供するリビングガイドを配付しております。さらに、八戸国際交流協会におきましても外国人の相談窓口を開設しております。  

八戸市議会 2019-03-04 平成31年 3月 定例会−03月04日-02号

近年の水産業は、国際的な漁業規制の強化を初め、資源の減少、燃油の高騰、魚価の低迷等により、大変厳しい状況が続いております。  振り返りますと、八戸漁港は、昭和41年から昭和53年まで4回、平成11年から2年連続で水揚げ量日本一を記録して以降、徐々に水揚げ数量が減少しているところであります。  

八戸市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会-02月26日-01号

国際競技大会の基準を備えるとともに、大規模なイベントやコンベンション等が開催可能な屋内スケート場の利活用は、当市としても経験のない新たな挑戦となりますが、各種大会や強化合宿、イベント等の誘致に努め、さらに、それらの事業が円滑に実施されるよう、市民の皆様の御理解と関係者の方々の御協力をいただきながら、知恵を絞り、全力で取り組んでまいる所存であります。  

六ヶ所村議会 2019-02-25 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文 2019年02月25日

平成31年度の予算編成に当たり、その中での主な重点施策については、基本的にこれまでの政策を踏襲し、国策のむつ小川原開発を初め原子燃料サイクル事業や国際核融合エネルギー研究センター事業を推進し、事業誘致を進めるとともに誘致企業と地元企業がともに力を携えて発展していくような体制づくりや、私の公約であります本村の基幹産業であります第1次産業を初めとする5項目の振興対策に取り組んでまいります。  

青森市議会 2018-12-26 平成30年第4回定例会[ 資料 ] 2018-12-26

平成30年12月26日    ────────────────────────────────────────  議員提出議案第37号               商業捕鯨再開を求める意見書(可決)  本年9月、フロリアノポリスで開催された第67回国際捕鯨委員会(IWC)総会において、鯨類資源の保存と持続的利用の共存を図るべく我が国が提案したIWC改革案が否決された。  

弘前市議会 2018-12-21 平成30年第4回定例会(第6号12月21日)

審査の過程で、委員より「核兵器禁止条約の署名調印・批准を求める運動は高齢の被爆者の方々が中心となって日本から世界に広まったものであること、また、この運動に国際的に取り組んでいるICANがノーベル平和賞を受賞したこと、さらに、核の惨禍を体験した日本こそが先頭に立つことが国際社会から求められていることから、本請願は趣旨妥当と認め、採択すべきである。」との意見が出されたところであります。  

八戸市議会 2018-12-12 平成30年12月 民生常任委員会−12月12日-01号

この決議案は、2020年に開催されるNPT運用検討会議を見据え、核軍縮不拡散体制の礎石であるNPTの維持強化の重要性を強調し、また、ことし3月の核軍縮の実質的な進展のための賢人会議の提言を踏まえ、国際的な安全保障環境を改善しつつ、核軍縮の進展を図り、核兵器のない世界を追求することや、国際社会における橋渡しや対話の重要性を強調しているものとなっております。  説明は以上でございます。

八戸市議会 2018-12-11 平成30年12月 定例会-12月11日-03号

さらに、平成6年には東北初となる国際コンテナ定期航路が開設され、平成13年には八太郎2号埠頭で多目的国際物流ターミナルの供用も始まり、国内外との海上コンテナ貨物の取り扱いが本格化しました。  平成23年3月11日の東日本大震災では、北海道から関東地方北部の太平洋側を中心に、全国の沿岸では津波が観測され、特に東日本の太平洋では非常に高い津波が観測されました。

六ヶ所村議会 2018-12-05 平成30年 第5回定例会(第1号) 本文 2018年12月05日

次に、国際熱核融合実験炉(イーター)計画につきましては、ブローダーアプローチ活動の一環として、六ヶ所核融合研究所において、原型加速器の研究開発が着実に進められており、第3段階目の超伝導加速器等の機器が搬入され、組み立てに向けた作業が進められております。順調に作業が進めば、来年秋ごろには原型加速器が完成すると伺っております。  

青森市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会[ 資料 ] 2018-09-27

2つには、仮設興行場、博覧会建築物、仮設店舗などの仮設興行場等は、設置期間を1年以内とし、建築の許可をしてきたが、建築基準法の改正により、国際的な規模の競技会等に使用する仮設興行場等については、設置期間が1年を超えるものであっても、建築審査会の同意を得た後に許可をすることができることとなったため、これに伴い、本条例において、当該許可の事務手数料16万円を定めるものであり、その額については、同様の他の

八戸市議会 2018-09-18 平成30年 9月 総務常任委員会−09月18日-01号

市債管理基金積立金の増額は、基金の利率の確定によるもので、国際交流基金積立金、スポーツ振興基金積立金、協働のまちづくり推進基金積立金、奨学ゆめ基金積立金、震災復興基金積立金、屋内スケート場事業基金積立金、新美術館整備基金積立金の増額は、それぞれの寄附金を充当し、積み立てるものでございます。

八戸市議会 2018-09-18 平成30年 9月 建設常任委員会-09月18日-01号

また、表の下段は、従来仮設興行場等仮設建築物に対する許可は存続期間が1年以内とされておりましたが、オリンピック等の国際的な規模の競技大会等に対応するため、1年を超えて存続することが可能となる規定が示されたことから、その事務手数料を定めるものでございます。  

弘前市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第5号 9月14日)

次の時代を担う子供たちには、急激に変化する社会において、国際化への対応や、考え方や価値観の違い、障がいの有無などといった多様性の理解が強く求められております。  当市におきましても、国際化が進む中、世界に通用する人材を育てていくためにも、日本のよさ、そして弘前のよさを自覚することは大前提のことと考えており、今後もこの取り組みをさらに充実してまいりたいと考えております。  以上です。

八戸市議会 2018-09-13 平成30年 9月 決算特別委員会−09月13日-02号

続きまして、前原寅吉小惑星命名プラネタリウムについて、八戸出身の天文家前原寅吉氏をたたえ、国際天文連合が昨年10月5日に、1994年に見つかった小惑星に前原寅吉と命名し、認定されました。寅吉氏は、世界初のハレー彗星の太陽面通過観測や黒点観測などで世界の天文学に多大な貢献を果たした人物であります。