21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

青森市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第6号) 本文 2018-03-06

青森県のリンゴ生産は140年の歴史があり、リンゴ輸出は116年前、青森県商人がロシア・ウラジオストクに向けて行われたのが最初の取り組みであるとされています。1906年、明治39年に青森港がロシア向けの輸出港の指定を受け、海路があったとされており、世界大戦後、上海が貿易の拠点となり、1940年、昭和15年、2万2000トンの輸出量を記録しています。

八戸市議会 2016-09-12 平成28年 9月 定例会−09月12日-02号

飢饉で困窮状態の折、5年間の隔年実施としましたが、祭礼のにぎわいは必要であるとの商人の反対で、従来どおりとなったいきさつもあります。豊作祈願、報恩の念と城下の繁栄振興に意を注ぐ真の商い人の魂が伝ってくるようであります。つけ祭りとして幾多の変遷をたどり、今日27台の山車が日本一の山車祭りを冠して豪華けんらんな行列となり、時代絵巻をほうふつさせます。

青森市議会 2016-03-07 平成28年第1回定例会(第6号) 本文 2016-03-07

このまちゼミは、お客様、お店、そして地域、三方よし、まさに近江商人のあの理念の具現化です。人の流れが血流だとしたら、今血が通わなくなっている商店街に再び血をめぐらせるリハビリこそ、再生に求められる方策ではないでしょうか。店主やスタッフが扱う商品や経営に誇りと自信を持ち、それをお客に直接伝える機会があれば、商店街の活性化の根幹はそこだと思います。  そこで再質問させていただきます。

弘前市議会 2012-12-05 平成24年第4回定例会(第3号12月 5日)

商人だけの所得だけになっていないか。そこのところもう1回答弁願えればと思います。 ○議長(田中 元議員) 市長。 ○市長(葛西憲之) 私は、トップセールスだけですべての物事が決まっていくというふうなことはないのだろうと思っています。  

青森市議会 2011-06-08 平成23年第2回定例会(第3号) 本文 2011-06-08

そこで、私は維新の折、武士の商いと言われたように、百姓が商人のまねをして、さらに苦労を重ねるべきではないと思っておりますけれども、何しろ、今、当たり前のことが当たり前でない青森市と合併した中で、やはり農林水産業においても、商工との連携の中で所得の向上を模索してみるのも一つではないかと思っております。

十和田市議会 2011-03-08 平成23年  3月定例会(第1回)-03月08日−一般質問−03号

みずからの創意工夫と努力であすを切り開いていくのが本道である商人が、目を閉じ、耳をふさいでしまっています。これではせっかく新幹線が来たチャンスも行政の提示する魅力的な施策も心に響きません。「笛吹けど踊らず」という言葉がありますが、まさにその状態でございます。   そこでお伺いします。

十和田市議会 2010-06-15 平成22年  6月定例会(第2回)-06月15日−一般質問−03号

ある商人が、このようなこと、まだ口蹄疫ということわからないで、買って屠場に運ぶとき、車の中に牛を積んで別な農場に回っていったら、そこからもすぐもう出たと。それからこれはただごとではないということで、もう口蹄疫というのが、これがどんどん、どんどん広がっていきまして、今では宮崎県全体に口蹄疫が広がっていると、私はこう思っているのです。そのために、宮崎県では非常事態宣言を出しておりますね。   

青森市議会 2009-06-26 平成21年第2回定例会(第4号) 本文 2009-06-26

どうしても商人の感覚が出てしまうんですが、開設ですので、よろしくお願いします。  1つ私の意見、要望を述べて終わりたいと思います。  現青森駅に関しては、私の知る限りでは、20数年前から改築もしくは新築の話がありましたが、どうしても国鉄やJRの壁があり今日に至っていると記憶をしております。今回、JRがやっと重い腰を上げたのにはとてもびっくりしました。

弘前市議会 2008-06-17 平成20年第2回定例会(第2号 6月17日)

基本理念については、これまでの公共によるハード事業中心のまちづくりから、既存ストックを有効に活用し、さまざまな主体が創意工夫しながら活動を広げ、市民・商業者・観光客など多くの人々が生き生きと触れ合う中心市街地を目指して「住人(ひと)と商人(ひと)と旅人(ひと)がふれあう「まちなか」」と定めております。  

八戸市議会 2007-09-11 平成19年 9月 定例会−09月11日-03号

今日の中心街がこれら三館一城のうち、根城と新井田の両地区から集められた商人たちによって形づくられてきたことは御存じのとおりであります。  さて、三館一城のうち、根城と中館についてはその地に縁のある城主の銅像が建てられております。根城には南部師行公、中館には八戸南部の始祖南部直房公の銅像であります。しかしながら、残りの一館である新田城については、残念ながらそのような銅像はございません。  

弘前市議会 2006-09-12 平成18年第2回定例会(第2号 9月12日)

市の職員は、物の販売はしていないが各証明書等は手数料を取っているれっきとした商人、サービス業とも考えられます。  先ほども申し上げたように、住民あっての職場であり、気持ちのよいあいさつは、来庁者も晴れ晴れとした気分になる。総合窓口がいかに頑張っても、職員全員がその気にならなければならない。清掃業者の従業員は、よくあいさつをします。  

青森市議会 2006-03-09 平成18年第1回定例会(第4号) 本文 2006-03-09

それは一概には言えないわけではございますけれども、農地を処分しなければ生活が立たぬというふうな状況があるわけでございまして、言ってみれば、これは商人が店を売るとか、あるいは製造業をやっている者が工場を売るとかということにも同等の話になるわけでございます。

十和田市議会 2005-12-08 平成17年 12月定例会(第4回)-12月08日−一般質問−03号

それから、出店の方なんですが、商売をしようとする商人の方の意欲をかき出すようにと。高齢化はこちらの方でも進んでいるみたいで、広報などをよく見られないでいる方も多いような気がいたします。周知の方法など、さっき部長は配慮してくれるということでしたので、今後、よろしくお願いいたします。  

青森市議会 2004-09-10 旧浪岡町 平成16年第3回定例会(第2号) 本文 2004-09-10

次に、米の流通と販売については、以前にも同様の質問にお答えしておりますけれども、浪岡町で生産される、いわゆる「浪岡米」は、平年作の年でおよそ10万俵で、そのうち農協に集荷され全農ルートで販売されるのが約37%の3万 7,000俵、商人の集荷業者が集荷し、全集連ルートで販売されるのが約20%の2万俵、系統外の販売実態のつかめていないものが約43%の4万 3,000俵と推計されております。  

青森市議会 2004-03-05 旧浪岡町 平成16年第1回定例会(第2号) 本文 2004-03-05

浪岡町で生産された、いわゆる「浪岡米」については、平年作でおよそ10万俵が販売され、そのうち農協に集荷され全農ルートで販売されているのが約37%の3万 7,000俵、商人である集荷業者が集荷し、全集荷連ルートで販売されるのが約20%の2万俵、計画外米として販売形態のつかめていないものが約43%の4万 3,000俵と推計されています。  

青森市議会 2003-12-15 旧浪岡町 平成15年第4回定例会(第3号) 本文 2003-12-15

ですけれども、先ほどの答弁だと農協一本ではだめなんだと、いわゆる生産者もある、商人もいる、いろいろな分野のそういうリンゴを入庫をするのでなければガス冷の建設は不可能であるという、私はそう解釈したのですけれども、それはそれで、その答弁でいいですか、私しゃべったとおり。

八戸市議会 1999-03-01 平成11年 3月 定例会−03月01日-02号

新井田、大館地区は、八戸の文化はここからと言われたほど商人や有力者が出たところと言われ、八戸地域における工業の近代化の先駆けもまた大館村時代のセメント工場誘致であったと言われ、さらには根城城址とともに新田城が築かれた古い歴史を持つ地区であります。そして、今日、新井田土地区画整理事業がほぼ完成を見、新井田川を挟んで田向地区には新市民病院が建設されスタートしました。

八戸市議会 1995-12-12 平成 7年12月 定例会-12月12日-03号

しかしながら、前段で述べた初売り問題に見るとおり、そろばんという商人の当然の理であり、その損か得かの勘定でその基本方針を大きく変えるということは、あり得る事実としてとらえていかなければならないし、またそれが経営というものでありますから、私はここでその善悪を論ずるのではなく、今ここで論じなければならないのは、沼館再開発という、行政サイドの社会への貢献という熱いまなざしと、経営者のそろばんという冷静なる

  • 1
  • 2