444件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

弘前市議会 2021-03-04 令和 3年第1回定例会(第3号 3月 4日)

初めに、除排雪作業作業品質向上させるためにも、見える化の推進が必要であると思います。具体的には、ICT等活用防災アプリ等活用です。  次に、今後、より一層、関係者地域との連携を密にしていく必要があります。現状の課題克服のために、市民事業者行政一体となった施策・体制が必要であると思います。現在、試験的に市民が直接、除雪事業者要望等を行っている工区もあります。

弘前市議会 2021-03-03 令和 3年第1回定例会(第2号 3月 3日)

建設部長天内隆範) 業者間の作業品質のばらつきの解消についてお答えいたします。  市では、委託業者道路除排雪業務のシーズン当初に、除雪出動基準作業基準などについて文書等により指導しているところでありますが、市民から出動の効果がない、他の地区と比べて作業が粗末であるという作業品質についての要望・苦情が数多く寄せられております。  

青森市議会 2020-12-10 令和2年第4回定例会(第7号) 本文 2020-12-10

また、新型コロナウイルス感染症対策として、農林水産物品質向上小規模農家などの作業軽減に向けた取組を支援する農林水産物活用緊急支援事業、また、感染症拡大により休職等を余儀なくされた求職者及び大学生などを雇用することで、農業者の労働力不足の解消及び経営の安定を図る青森農業人材マッチング緊急支援事業を実施したところであります。  

弘前市議会 2020-09-11 令和 2年第3回定例会(第5号 9月11日)

また、当市の全耕地面積の約3割を占める水田では、つがるロマンやまっしぐら、青天の霹靂などの高品質食味のよい米が生産されているほか、大豆や麦、枝豆トマトピーマン啓翁桜など多様な農作物が生産されており、水田当市農業において大変重要な位置づけとなっております。  しかしながら、昨今、人口減少高齢化等により、全国的に米の消費量減少傾向にあります。

弘前市議会 2020-09-10 令和 2年第3回定例会(第4号 9月10日)

このことから、市では発注する建設工事建設関連業務におきましては、公共工事品質確保促進に関する法律に従い、適正な単価の使用や適正な工期設定に伴う必要経費を計上してまいりました。また、一定規模以上の建設工事業務委託等につきましては、最低制限価格を設定することで過度な価格競争によるダンピング防止に努めるなど、適切な価格による契約を推進してまいりました。  

青森市議会 2020-09-08 令和2年第3回定例会(第6号) 本文 2020-09-08

補助対象となる事業につきましては、新たな販路拡大代替販路への出荷等に係る取組である販売促進事業農林水産物を使った新商品試作開発に係る取組である新商品開発事業農林水産物品質向上作業軽減に向けた取組である新たな技術導入事業3つ事業のうち、いずれか1つを選択していただくこととしており、補助率は5分の4以内、上限額は50万円で、7月1日から8月31日までを申請受付期間としていたものであります

十和田市議会 2020-09-08 09月08日-一般質問-02号

3人とも農業経営への意欲が高く、もっと拡大したい、もっと品質のいいニンニクを作りたい、6次産業化で新しい産品を作りたいなど、頼もしい話をされていました。そして、「もっとたくさんの方が新規就農できるような環境をつくってほしい。例えば販売ルート開拓へのアドバイス、新規農地借入れへの手伝いなどをお願いしたい」と話していました。  新規就農をされた1人に、「就農に当たって何が大変でしたか」と聞きました。

弘前市議会 2020-09-08 令和 2年第3回定例会(第2号 9月 8日)

また、国が定める公共工事品質確保促進に関する法律、いわゆる品確法におきましても、公共工事品質確保に当たっては、入札参加希望者技術的能力審査しなければならず、また、技術提案を求めるよう努め、入札契約適正化が図られるようにしなければならないとされているところであります。  

六ヶ所村議会 2020-09-04 令和2年 第4回定例会(第1号) 本文 2020年09月04日

本職としては、世界で最も厳しいとされる新規制基準に再処理工場が適合した旨の審査結果が取りまとめられたものと受け止めたところであり、村民の安全・安心の確保には安全対策工事の完了や使用前検査に合格するなど、一日も早く新規制基準に適合する必要があるものと認識することから、今後事業者が申請する再処理工場に係る設計及び工事の計画の認可申請について厳正かつ迅速な審査を求めるとともに、保安活動品質保証活動に対する

青森市議会 2020-09-03 令和2年第3回定例会(第3号) 本文 2020-09-03

他産地に負けないように、より品質の高い米を生産するためにも、地域一体となって防除することができる航空防除市内全域で推進すべきと考えますが、市として水稲の航空防除についてどのようにお考えなのか示していただきたいと思います。  農林業の2点目の質問は、木材の伐採についてであります。  

青森市議会 2020-06-26 令和2年第2回定例会(第5号) 本文 2020-06-26

補助対象となる事業については、1つに、新たな販路拡大代替販路への出荷などに係る取組である販売促進事業、2つに、農林水産物を使った新商品試作開発に係る取組である新商品開発事業3つに、農林水産物品質向上作業軽減に向けた取組である新たな技術導入事業3つ事業のうち、いずれか1つを選択していただくこととしております。

青森市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会[ 資料 ] 2020-03-23

1 「非認定市場品質管理責任者の設置はどのようにして義務づけるのか」との質疑に対し、「認定は国が行うこととなるため、認定されていない市場というのは基本的にあり得ない」との答弁があった。 1 「認定市場は市長が開設者であり、それ以外の、卸売業者が開設する非認定市場は、国が許可するということか」との質疑に対し、「開設主体行政機関であれ民間であれ、その認定は国が行うことになる」との答弁があった。

六ヶ所村議会 2020-03-10 令和2年 第1回定例会(第2号) 本文 2020年03月10日

現在、本村では村の主力品種である長芋を初め、ゴボウや大根、ジャガイモといった非常に高品質農作物が第1次産業の要となっており、さらには長芋を利用した本村名産品である長芋焼酎「六趣」の製造・販売を行う等、第6次産業としての展開も高い知名度を誇り、高評価を得ております。  しかし、第1次産業であるがゆえに、規格外品残渣の廃棄・処理は避けられない現実がございます。  

十和田市議会 2020-03-09 03月09日-一般質問-02号

また、今回導入する防災行政無線特徴として、屋外スピーカーである屋外拡声子局からの音声が雑音に強く、高品質な音で情報を届けることができるため、建物の防音性能にもよりますが、これまでのものに比べて屋内にも音声が届くことを期待しております。そして、この防災行政無線については、関係機関関係団体におきましても効果的に使っていただければ大変ありがたいと考えております。  

弘前市議会 2019-12-11 令和元年第3回定例会(第3号12月11日)

国では、公共工事品質確保とその担い手の中長期的な育成確保を図るため、平成26年6月に公共工事品質確保促進に関する法律が改正され、発注者の責務として計画的な発注と適切な工期設定に努めることが新たに定められるとともに、発注関係事務運用指針において、発注者債務負担行為の積極的な活用などにより、発注・施工時期の平準化に努めることとしております。