38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

弘前市議会 2018-06-22 平成30年第2回定例会(第5号 6月22日)

記 1.平成30年度会派無所属クラブ行政視察団  (1)派遣目的 大垣市における電車の上下分離方式の調査並びに柏市における地域包括ケアシステム(豊四季台プロジェクト)の調査並びに品川区における大崎図書館品川リハビリテーションパーク複合施設の調査並びに小平市における協働事業フォローアップ支援事業の調査  (2)派遣場所 岐阜県大垣市千葉県柏市東京都品川区、東京都小平市  (3)派遣期間 平成30

弘前市議会 2017-09-06 平成29年第3回定例会(第3号 9月 6日)

具体的には、交通量が多く見込まれる住吉山道町線が主要道路となるため、丁字路として交差点内に中央分離帯が設置されることから、歩行者が道路横断できず中土手町交差点を迂回しなければならないほか、中央弘前駅から品川町方面へ車両が通行する場合、一時停止後に中央分離帯を避けるためS字走行となるといった状況でございます。  

八戸市議会 2016-03-07 平成28年 3月 予算特別委員会−03月07日-01号

センター設置に当たって参考にした先進事例といいますと、品川区にあります品川成年後見センター、杉並区の成年後見センター、仙台市成年後見総合センター、それから弘前市成年後見支援センターなどでございます。  以上でございます。 ◆夏坂 委員 わかりました。ありがとうございます。  

弘前市議会 2015-12-08 平成27年第4回定例会(第2号12月 8日)

カラスは現在、弘前公園をねぐらとし、元寺町や一番町坂、並木通りや品川町など、ふん害などの被害が出ています。  市ではカラス対策としてテグスのほかに、箱わななどでの捕獲や駆除、また、ごみステーションにおいては、ごみ集積ボックス設置に際して助成金を出すなど、市民や事業者にごみの適正な出し方を呼びかけるなど実施され、今日まで街なかカラス対策について議会で取り上げてきました。  

弘前市議会 2014-12-12 平成26年第4回定例会(第5号12月12日)

9月8日の部会では、東京都品川区の担当者が、区内18の小中学校を六つの小中一貫校に統合したことを報告しましたが、委員からは「教員の目が生徒たちに行き届かなくなる」「地域に対して圧迫感があり、親しみが持てなくなる」などマンモス化に対する懸念も噴出しました。弘前市でも小中一貫教育を進めると新聞報道がなされています。  

八戸市議会 2014-12-08 平成26年12月 定例会−12月08日-02号

ことしの秋、戦後日本の発展を象徴する東海道新幹線が開業50周年の節目を迎え、くしくも次の半世紀の主役となる夢の超特急リニア中央新幹線建設着工が決定し、2027年には品川駅と名古屋駅間が開業予定であります。また、来年春には北陸新幹線長野・金沢間、そして再来年の春には北海道新幹線青森・新函館北斗間の開業が控えており、まだまだ新幹線にまつわる話題で盛り上がりは続きそうであります。

青森市議会 2014-09-02 平成26年第3回定例会(第2号) 本文 2014-09-02

そういうことから、先ほどいろんなところでやっているという話もありましたけれども、東京都内では、品川区、中野区、いろんな区がやっています、町田市日野市、全部で16自治体。あと、全国では高崎市藤沢市横須賀市、藤枝市、明石市茨木市など14市でやっています。青森県ではつがる市が既に始めていました。この10月から弘前市でも胃がんのリスク検診を開始すると聞いています。  

弘前市議会 2014-06-20 平成26年第2回定例会(第5号 6月20日)

その中では、自転車の走行で危険だという意見が実は出てございまして、土手町の県道弘前岳鰺ヶ沢線、またあと本町から弘南鉄道の大鰐線中央駅へ向かう市道森町品川町線というところは、道路の段差とかあとは幅員の狭さなど道路構造に関するもの、それから交通量が多いと、そのような道路環境に関するようなそういう意見が出てございます。  

八戸市議会 2014-03-03 平成26年 3月 定例会−03月03日-02号

そうした中、東京都品川区では、平成23年4月に策定された区の地域福祉計画に読み書き代行サービスが盛り込まれ、区内で既に実施しています。一方、国では改正障害者基本法に読み書き支援サービスを行う人の養成、派遣を国や自治体に求める規定が盛り込まれ、昨年4月に施行された障害者総合支援法の実施要綱に、自治体が行う支援の1つとして代読や代筆が明記されました。

弘前市議会 2013-09-13 平成25年第3回定例会(第5号 9月13日)

その中でも、取上や南大町地区のほか中野地区、品川町地区などでは、低い土地や一部側溝の断面が小さい場所において、水位が上昇し住宅地への被害が発生しやすくなっており、その事前対策としてパトロールの強化や土のう積みを実施しているほか、これまで、水路のかさ上げや側溝改修等の局部改良、暗渠部の点検管理の強化を行ってきたところです。  

弘前市議会 2012-09-12 平成24年第3回定例会(第3号 9月12日)

二つ目、特に、清富町、品川町、南大町等のはんらん状況、テレビ報道でも、地元紙でも報道された地域でございますけれども、これらの地域のはんらん状況に至ったその原因、今後の対応などについてもあわせてお答えをいただきたいと思います。  質問の第4項目は、駅前北地区土地区画整理事業についてであります。  

弘前市議会 2012-03-09 平成24年第1回定例会(第5号 3月 9日)

現在のカラスの生息状況は、1月下旬まで弘前公園周辺を中心にねぐらを形成していましたが、その後、大町、品川町の駅前地区へ移動し、2月上旬からは城東地区へ移動しております。  カラスの個体数につきましては、1月28日に大町、品川町を含む駅前地区、2月18日に城東北四丁目周辺において、日本野鳥の会弘前支部の協力のもと、個体数調査を実施しました。

八戸市議会 2012-01-20 平成24年 1月 経済協議会−01月20日-01号

株式会社宝幸の概要でございますが、本社所在地が東京都品川区大崎。代表者は三輪孝之氏です。  設立は昭和21年2月。資本金30億円。総従業員739名。  事業内容でございますが、乳製品事業、常温食品事業、冷凍食品事業、原料事業となっております。  当市におきます展開でございますが、工場名が株式会社宝幸八戸工場。所在地は、八戸市大字市川町字尻引前山。  

弘前市議会 2010-12-17 平成22年第4回定例会(第7号12月17日)

との質疑に対し「開発に当たっては、業者との事前協議舗装前の中間検査、舗装後の完了検査という手順であるが、認定路線図の1番の撫牛子一丁目2号線は事前協議平成21年8月、中間検査が22年3月、完了検査が22年4月であり、2番の亀甲町線は事前協議平成21年8月、中間検査が21年11月、完了検査が21年12月であり、3番の品川町5号線は事前協議平成22年3月、中間検査及び完了検査が22年6月である。

  • 1
  • 2