499件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青森市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会[ 資料 ] 2019-12-24

その結果、圏域内の空洞化進行に対する批判が出てくることも想像でき、その先には解決策として自治体間の合併を誘うことにもつながるのではないか、これはステルス合併だと批判する声も出されている 1 圏域行政の推進の大もとには行政のフルセット主義からの脱却という考え方がある。これは自治体が必要な機能を保有することからの脱却という意味で、地方自治の本旨からも外れる道である。

青森市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 2019-12-10

過去に北中学校が──後潟中学校と奥内中学校合併したとき、地域でいろんな問題がありまして、特に長老という立場の人が口を挟むと前に進みませんでした。ここは真ん中じゃないとか、30メートル奥内寄りだとか、後潟寄りだとか、結局、当時はもめたものです。だから、今回も、私は連合町会長と社会福祉議会の立場だったんですけれども、一切はまりませんでした。今の保護者のおたくさんたちが決めてくださいと。

六ヶ所村議会 2018-12-06 平成30年 第5回定例会(第2号) 本文 2018年12月06日

六ヶ所村合併処理浄化槽設置整備事業費補助金の交付が開始された平成15年4月の対象世帯数は、当時の下水道整備計画等の区域内で1,095世帯でありました。その後、下水道事業計画の見直しにより計画区域が拡大されたことに伴い、浄化槽対象世帯数は平成30年4月現在において250世帯となっております。  

青森市議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会[ 資料 ] 2018-03-23

改正内容についてであるが、1つ目は環境部所管となるが、土壌汚染対策法の一部改正により、汚染土壌処理業の譲渡及び譲受、合併及び分割、相続に関する規定が追加されたことから、これらの承認申請に伴う手数料を追加するものであり、追加する手数料の額は、汚染土壌処理業者地位承継承認申請手数料11万9000円となる。  

六ヶ所村議会 2017-09-04 平成29年 第4回定例会(第2号) 本文 2017年09月04日

議員ご指摘の全国の都市計画区域において、線引きを廃止した事例は18件あり、主に平成の大合併の際、同一市町村内において、複数の都市計画区域存在することにより、合併後の自治体内で都市計画の運用の差や、土地利用等において不都合が生じ、その不都合を解消するため、従前の都市計画区域の離脱や単独都市計画区域を定めることとしたことにより、線引きを廃止したとされております。  

十和田市議会 2017-06-16 06月16日-委員長報告・質疑・討論・採決-04号

建設常任委員長 14番 赤石継美君 △建設常任委員長報告        (14番 赤石継美君 登壇) ◆14番(赤石継美君) 平成29年6月6日の建設常任委員会において調査をした合併処理浄化槽の整備状況について、調査の経過と結果をご報告申し上げます。  今回の調査は、合併処理浄化槽の整備が当初の計画ほど進んでいない状況にあることから実施したものです。  

六ヶ所村議会 2017-06-02 平成29年 第2回定例会(第2号) 本文 2017年06月02日

質問戸籍及び住民基本台帳から大字、小字を廃止することはできないかについてでありますが、これは地方自治法第260条第1項の規定に基づき、議会議決を経て、告示することにより可能となりますが、一般的に大字、小字の廃止については、住居表示の導入や、区画整理の実施、市町村合併などが契機となる例が見受けられるところであります。  

青森市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第2号) 本文 2017-03-02

市では、これまで青森県汚水処理施設整備構想に基づき、おおむね、市街化区域につきましては公共下水道事業、農業振興地域内の農業集落につきましては農業集落排水事業、それ以外の地域につきましては合併処理浄化槽設置促進事業(補助金)の活用等により、汚水処理施設に係る整備を進めてきたところであります。  

青森市議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第4号) 本文 2016-06-13

そして、浪岡地区についてですけれども、いろいろと調べたら合併という問題があって、設置が1年おくれたということです。当時急いで、これではいけないということで、老人クラブや町内会民生委員の協議会が集まって、在宅介護支援センターが基礎としてできたと聞いています。ですから、ここが違うんですけれども、青森地区のような安定した経営母体ではないということがそこにあらわれていると思います。  

青森市議会 2016-06-10 平成28年第2回定例会(第3号) 本文 2016-06-10

青森市は4月1日が市制施行の日であって、また、新青森市合併の日でありますけれども、これはほかに任意の日でも構わないと思いますが、子どもたちは青森市の記憶をそこで学習して、私たちはいろんな今までの歴史を再確認する、青森の誇りや自信を見直す機会になればと思います。ぜひ平和の日は平和を考え、青森市民の日は青森市を考える、そういう日にしていただければと御検討を要望いたします。  

六ヶ所村議会 2016-03-09 平成28年 第1回定例会(第3号) 本文 2016年03月09日

213ページの農業振興費の中で、全協で説明がありましたが、農業振興対策助成事業費の中で、JAに3万円のスチールコンテナを500基助成、1,500万の2分の1だから750万をJAに助成するということでありますが、南地区の農業者の何名かからお聞きしたら、結局広域合併しているんですよね、皆さんご承知のとおり。

青森市議会 2016-03-02 平成28年第1回定例会(第3号) 本文 2016-03-02

岡町合併したにもかかわらず、第1次産業の構成比はわずか0.89%です。1970年代17%ありました。それが今は1%にも満たない。また、第2次産業は10%しかない。もう11%、半分以下になっている。一方で第3次産業は、30年前は62%だったのが、今や89.3%──9割、青森市は完全な消費都市になってしまっています。  

青森市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第2号) 本文 2016-03-01

また、市役所庁舎の整備財源についても、本市の財政運営上、非常に有利である合併特例債の活用を予定しており、平成27年第3回定例会において、市町村建設計画、青森浪岡21世紀まちづくりビジョンの計画期間平成31年度まで延長することなどの計画変更について御議決をいただいたところでありますが、その適用期間が限られているところであります。