9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

十和田市議会 2018-03-09 03月09日-一般質問-03号

また、主要農畜産物品質生産性向上については、主要4品目を初めとする野菜肉用牛生産拡大品質向上を目指し、さらなるブランド化とその継続、維持を図るため、ニンニク播種機収穫導入支援事業や、肉用牛主産地づくり事業等を実施しております。  これらの施策の推進に当たっては、県民局農協等関係機関との連携が重要であり、引き続ききめ細かな支援を行ってまいりたいと考えております。  

六ヶ所村議会 2018-02-26 平成30年 第1回定例会(第1号) 本文 2018年02月26日

また、JAゆうき青森が行う機械バンク事業に新たにキャベツ収穫、運搬用トレーラー購入に助成いたします。  畜産業については、酪農・畜産農家の経営基盤安定のため、新たに優良牛生産助成事業を実施し、血統が優良な牛への更新を促進するとともに、畜産業ふん尿等適正処理を推進するため、バイオマス発電等技術導入可能性調査に着手いたします。

六ヶ所村議会 2016-07-27 平成28年 第3回臨時会(第1号) 本文 2016年07月27日

農林水産課長木村英裕君) 野菜の種類によって導入される機械が違うわけでございますけれども、主にはトラクター、それからゴボウ収穫ですとか長芋収穫それから大根収穫それからニンニク収穫それからブームスプレーヤーという、これは農薬の散布機械だと思いますが、こういったものが対象になっております。

青森市議会 2009-09-14 平成21年第3回定例会(第5号) 本文 2009-09-14

また、これまでの研究成果といたしましては、1つに、あおもりカシスがニュージーランド産カシスと同等のカシスアントシアニンを含むこと、2つに、葉の成分にヒト大腸癌培養細胞抑制効果がある可能性が示唆されたこと、3つに、冷凍保管してもカシスアントシアニン量が減少しないこと、4つに、カシスの簡易収穫の試作に着手したことなどが報告されております。  

青森市議会 2009-03-09 平成21年第1回定例会(第4号) 本文 2009-03-09

具体的な支援内容といたしましては、対象となる機種生産性向上に資する水稲直まき機普通型コンバイン野菜収穫などの機械品質向上に資する肥料散布機、遠赤外線穀物乾燥機光学式選別機などの機械対象となっており、助成額はリースする農業機械購入額の2分の1以内となっております。  

六ヶ所村議会 2008-12-09 平成20年 第8回定例会(第2号) 本文 2008年12月09日

村では大根収穫等の農機具購入し、とうほく天間農業協同組合六ヶ所支所に管理委託して、多くの農業者に利用していただいておりますが、農機具の台数が限られているため、利用される農家には不便な状況が発生した事例もあると伺っております。  今後は農業者利便性を考慮した効果的な管理方法関係団体と協議し、その解消に努めてまいります。  

青森市議会 2001-11-28 旧青森市 平成13年第4回定例会(第2号) 本文 2001-11-28

しかしながら、高速交通体系整備及び輸入自由化の進展に伴い、国内の産地間競争輸入農産物との競合が激化し、今後より一層のコスト低減生産性向上が求められておりますことから、国におきましては、品質生産性向上に向けた施設整備の方向として、ネギ、ハクサイ、キャベツなどの収穫ネギ出荷調製機械、さらには風や雪に対応できる強度を増したパイプハウスなどの普及拡大を図ることとしております。  

  • 1